23.08.16

8日目
5時起床。
新潟港から高速道路に。
栄PAで朝食。

はやめの防雨対策をして走るが、谷川岳から赤城高原まで快晴。
そのあとも晴れそうだったから赤城高原で雨具を脱いで走り、次は高坂PAで一休み。
ウルトラマンがいるPAだ。

それから首都高の渋滞にうんざりして小岩あたりで下道に降りて、ホンダドリーム船橋に寄る。
折れたクラッチレバーを取り替えようと思ったが、在庫がないから後日の作業となった。
これなら、ライコランドに行ってもよかったが、まあいいか。

14時ちょうどに帰宅。
8日間の走行距離は2027.7km、CB250Fの総走行距離は4100kmとなった。
まだまだ走りたかったが、今回はこれでゴール。

荷下しと洗濯をして、旅行中に録画したテレビ番組を見て身体を休める。
あしたから、また仕事だ。
今夜は酒が美味い。

旅行中の写真は、これから編集して日記にあげる予定。

# by kenji_szmr | 2016-08-23 17:04 | diary | Trackback

旅のカリスマ

初めてのフェリー、初めての北海道ツーリング、初めての台風。
様々な初めてを経験しました。
各項目ごとに、自分なりに役に立ったものや。今後必要なものをまとめてみた。これを見た誰かが、旅に出る時に参考にしてくれたらありがたい。

△フェリー編
・トートバッグ
乗船後、出航したらオートバイに荷物を取りにいけなくなる。
出発前に船内で必要な着替え、アメニティ類、充電器をまとめておこう。
降車後、スムーズに客室に移動できるゾ。

・サンダル
走行中はブーツやライディングシューズを履いていたほうがいいだろうが、船内でそれはリラックスできない。
客室でブーツからサンダルに履き替えて、ラクに過ごそう。
風呂に入ったあと、靴下履かなくていいからラクだ。

・タオル
当たり前だが、フェリーの風呂に備え付けのタオルはない。
ハンドタオル、バスタオルは自分で用意。
おれは持ってきたがサイドバッグに入れっぱなしで乗船してしまい、「きそ」の売店で買った。無駄な出費だ。

△ツーリング編
・雨具
雨合羽、防水グローブ、防水シューズ、ツーリングバッグ用のレインカバー、そしてヘルメット用撥水剤に曇り止め。
今回は台風ということもあり、どれもあまり効果がなかったが、無いよりはいい。むしろいつでもフル装備できる準備があれば、突然の土砂降りにも対応できる。
濡れた服や靴で走り続けると体力が削られ、コンセントレーションできずアクシデントの原因になる。私は防水性のないブーツではしり、シフトチェンジがあやしかった。

・ネット
オートバイに荷物を固定するのに必要だが、私はタンデムシートにサイドバッグとシートバッグを固定するSTYLEなので、いらないといえばいらない。
しかし、シートバッグ用レインカバーを紛失したあとは、大きなビニール袋をバッグにかぶせてネットで固定した。
また、道中増えた荷物を積むためにも、予備にもっていたほうがいいだろう。

・荷物用バンド
ネットとは別に、ゴムやロープなどのバンドがあると、ホクレンフラッグを固定できるようになる。
北海道ツーリングといえばホクレンフラッグ回収。道南、道北、道東、道央すべてのフラッグをゲットして、きみもホッカイダーになろう。
いまは1本150円で売ってるが、むかしは給油したら“もらえた”そうだ。

・パーカー
ワンサイズ上のジップアップ式を用意して、ライダージャケットのうえに着る。
北海道は本州と比べて涼しく、走行中は風で体温が下がる。
山越えをするなら、なお必要だ。

・紙の地図
スマホの地図でも国道を使って移動するならじゅうぶんだが、ふとしたときに圏外エリアにはいる。
三国峠に向かう道がまさにそれ。
万が一のときはアナログが必要になる。

・塩分チャージタブレット
水分補給も大切だが、汗をかいたあとは塩分も補給しよう。
麦茶だけでは足りない、ツーリングの必須アイテム。
別名ハイポーション。

・カメラ
何のために観光地に行くのか。
自分が見たものを記録する手段は、あればあるだけいい。
一人旅なら、情報発信にも活用して寂しさを紛らわしてもいい。

・コンドーム
何も期待するな。

・手ぬぐい
タオルとべつに一枚あると便利。
さむいときは首に巻き、汚れたヘルメットを拭いたり、メットを脱いだあとのペシャンコヘアーをごまかすにも使える。

・セコマのカード
これがあるから北海道を走れる、セイコーマート。100円おにぎりやホットシェフで、財布も腹も暖まる。
会員カードがあれば割引サービスを受けられる商品もある。
北海道ツーリング中、絶対に世話になる店なので、カードを作ろう。レジで申し込める。

・ピースサイン
だれがやり始めたか知らないが、ライダー同士の挨拶はピースサインだ。すれ違うとき、『超攻速ガルビオン』のOPのマヤみたいにビシッとキメろ。
人それぞれのSTYLEがあるので、君が選ぶ君のピースサインを考えよう。手を振る、会釈する、でもいい。地元ナンバーや白バイには効果がないぞ。
片手運転になるので自爆しないように。

・安全に走りきるきもち
開けた視界と長い直線道路、見晴らしのいいワインディングなど、オートバイで“走る”楽しみがたくさんある北海道だが、公道であり高速道路ではない。
道産子の巡航速度は本土の1.25倍で、そのスピードに流されると事故のもとだ。
なにより目的地に無事にたどり着くことが大切なので、スピード出しすぎて旅を台無しにしないように。あちこちにオービスもあるからナ。

本州から北海道に上陸して走ることは、千葉から神奈川まで走るのとは少し違う。スペシャルなツーリングだ。スペシャルだからこそ基本に忠実、しかし特別な装備をしていく。
旅のカリスマとなり、一人前のホッカイダーとして本州に戻る時、また北海道への気持ちが大きくなるはずだ。
北の果てをめざしてみんな、走れ!

# by kenji_szmr | 2016-08-22 20:49 | diary | Trackback

22.08.16

7日目
6時起床、6時半に石狩出発。
油断して雨具を装備せず走り出したが、それが仇になった。
銭函あたりで土砂降りになり、ずぶ濡れ。

小樽港直前で雨具を着るために停車したところで、立ちゴケ。
シフトレバーとシフトペダルが曲がる。
土砂降りのなか、細かい点検はできなかったが港までなんとか自走。

北海道最終日、最後まで気をぬかず走るつもりだったが、程度の低いミスをしてしまった。
事故にならずよかったが、くやしい。本当にくやしい。
今更な話だが、雨の予報はわかっていたのだから、あらかじめ雨具を装備しておけば転倒せずにすんだだろう。

100%無事でなく、完全とは言えないが稚内から小樽までのオロロンラインを走破できた。
今回の旅の目標、ぬかびら一泊、オホーツクラインから宗谷岬、オロロンラインとオトンルイ風力発電所、8割は達成。
北海道の1/4を制覇したといっていいだろう。函館、納沙布岬はまたこんど。

9時過ぎに小樽港からフェリー(ゆうかり)に乗って、即風呂と濡れた衣類を乾燥機にかける。
ひと息ついて、石狩宿泊先のおかみさんが作ってくれたザンギをつまみに、売店で買ったビールを飲む。
あまりにも北海道にたいする思いが強くなり、涙が流れた。

ライダーにとって、北海道は夢のような場所だ。
広大な大地の先の地平線、開けた景色と果てしない直前道路。
ツーリングを楽しむには4日じゃたりない。できることなら一気に一週まわりたくなる。
すこし物足りないくらいで、いまはちょうどいい。今回の旅はここまでだ。

今台風直撃だったが最後まで無事に(立ちゴケはしたが)走れたし、最大の目的地である宗谷岬では小雨で済んだ。
あと1日ズレていたら・・・とおもうシーンも多々あったが、それでも走りたい道は走れた。成功だ。
三国峠はまたいつか走るさ。

写真とバイクを同時にこなせなかったのは、おれがまだ未熟だからか。
走りたい気持ちが強すぎて、バイクを停めて撮影すべきだった場所がいくつもある。
雨で気持ちの余裕がなかったにしても今回は、カメラが疎かになった。

走りたい、撮りたい、観たい、すべてこなすことは難しいだろう。いつか、いつかすべてやりたい。
欲張りな気持ちだが、北海道にはライダーにとって大切なすべてのことが詰まっている。
走る楽しさ、走れる楽しさ、開拓史を学び、名も知らぬライダーたちと刹那のピースを交わす。旅する意味を知ることができる。

雨が降ったら濡れるし、荷物は大して積めないし、転べば壊れる。
オートバイはまったく馬鹿な乗り物だが、それをもってしても有り余る魅力がある。
陳腐な言葉しかないが「風と自由」は的確だ。

こんなに楽しい時間を過ごせるオートバイは、俺にとって人生を豊かにするアクションのひとつだ。
適度な緊張感をもって、末永く付き合っていきたい。
二輪免許をとって、バイクを買って、北海道を、走ろう。北海道はいいところだぞ。みんな、はやく走りに来い。

18時間の船旅を寝て過ごすのもアレなので、あらかじめアマゾンプライムビデオでダウンロードしておいた『HK 変態仮面』をみて過ごす。
『HK 変態仮面』は、邦画のダメなところをギュッと凝縮したところに、変態仮面とヤスケンをかぶせてうまいことやっていた。
続きはみなくていいかな。

1645km

# by kenji_szmr | 2016-08-22 14:55 | diary | Trackback


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

1 【完成】1/35 ミ..
2 【完成】HGUC 1..
3 【完成】SDガンダム..
4 【完成】ガンプラEX..
5 17.08.16
6 20.08.16
7 05.08.16
8 SDガンダム EX-..
9 16.08.16
10 21.08.16

最新の記事

23.08.16
at 2016-08-23 17:04
旅のカリスマ
at 2016-08-22 20:49
22.08.16
at 2016-08-22 14:55
21.08.16
at 2016-08-21 21:53
20.08.16
at 2016-08-20 23:42

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

ファン