17.09.19 後編

丹沢湖から南に向かい、東名高速道路の下をくぐり、神奈川県道147号を西へ。
途中、山梨県の県境を越えて山梨県へ。
県道730号からの中山湖と富士山。
a0207595_2311226.jpg


県境あたりは少し寒かったので、昼飯がてら石割の湯で休憩。
a0207595_232199.jpg


せっかくなので富士山カレーをいただく。
a0207595_23221100.jpg


石割の湯で身体をあたためて、仮眠とって気分がスッキリしたので道志みちを走って神奈川へ戻ることにする。
道志みち、聞いていたとおりの快適なツーリングコースだ。
生活道路なので、住民の方々の迷惑になってはいけないが。

道志みち、道の駅にて。
ここもオートバイ用のパーキングスペースがひろびろとしているので、ありがたい。
a0207595_2322246.jpg


道志みちを抜けたところで、いい具合に日が暮れてきたので帰路に・・・
と、そのまえに相模湖を見ていこう。
相模ダムもあるし・・・

相模湖にて。
a0207595_2322430.jpg

a0207595_2322878.jpg


石割の湯で買ったふじやまビール ピルス。
苦味と甘みのパーフェクト・ハーモニー。
飲みやすくて、1リットルすぐに飲みきってしまった。また買いにいこう。
a0207595_2322919.jpg


そう、また神奈川ダム巡りはあるのだ。今日は結果的に下見になってしまった。
寒川取水堰のカード、玄倉ダムと熊木ダム、そして相模ダムまでいったのにカードもらい忘れている。
まだまだなかなか、神奈川はおれを離してくれない。


# by kenji_szmr | 2017-09-19 23:03 | diary

17.09.19 前編

8月に神奈川の東側のダムを見に行ったが、西の方は時間切れでまわれなかった分をとりにいく。

相模川 寒川取水堰。
カード配布場所の神奈川県水道記念館、本日は休館日のため、カードはもらえず。
また来るさ。
a0207595_2258562.jpg


河川敷の猫。
a0207595_2257525.jpg

a0207595_22584719.jpg

a0207595_22585099.jpg

a0207595_22585212.jpg

a0207595_22585310.jpg

a0207595_22585493.jpg


すぐ近くの獅子の遺跡。
a0207595_2258591.jpg


三保ダム。
まったり系ダムで心地よい。
丹沢湖もまったりしていていい。
a0207595_225929.jpg


玄倉ダム第一発電所。
a0207595_2259667.jpg

a0207595_225986.jpg

a0207595_22591013.jpg

a0207595_22591334.jpg


玄倉ダムと熊木ダムへの道は車両通行止め。ダムへは歩いていくしかないのだが、ハイキングコースというにはすこし、こうヤマノススメ後半戦くらいの練度が必要に思える。
いっそ、丹沢湖キャンプついでにやるしかないか。
熊木ダム第一発電所と一緒に自分が写っている写真を三保ダム管理事務所で見せればカードはもらえる。しかし到達していない場所のカードを持っているのはいかがなものか。いつか挑戦しよう。ちかいうちに。
a0207595_8295268.jpg

a0207595_2259154.jpg


丹沢湖。
玄倉ダム第一発電所手前の橋を渡って、すこし不安になるゲートから一方通行の周遊道路に入れる。
湖畔を半周して三保ダムまでもどってこれるルート、車でも自転車でも、歩いても気持ちよさそうだ。
a0207595_22591786.jpg



# by kenji_szmr | 2017-09-19 23:00 | diary

メカコレクション ウルトラホーク1号 α・β・γ 後編

パーツが少ないキットであれば、それはすぐに作ってインスタントに満足する。
長年プラモデルを趣味にしていると、時間をかけてじっくり作り込むことへ楽しみを覚えるか、あるいはそれが「向かない」と気づいてそこからさらに分岐して「作らなくなる」か「時間をかけずに数をこなす」方向に行くのではないか。
私は後者の後者になりつつあるので、今回のキットもバッと作って仕上げとした。

本体の銀色は、以前買ったタミヤカラースプレーのシルバーメタルでベタ塗り。
他の色分けはキット付属のデカール。
γ号の黒いパーツは、デカールでやるにはやや辛い場所と考えて、ストックしていたMSファントムグレーで塗った。
a0207595_1439314.jpg


α号。長い。垂直尾翼はγ号と合体したときにデカールがハゲた。
棒の中央あたりにある凹みにβ号のピンを繋いで固定する。
曳光弾発射装置は取り付け選択式。
a0207595_14393471.jpg


β号。小ぶり。
本体をイナズマのように貫く黄色い線が特徴的だが、裏側のデカールをしくじってしまった。
正面のエアインテークの黒もデカール再現になっている。
a0207595_14393514.jpg


γ号。これだけならぽっちゃり系に見えるが、合体するとこれがないとシマらないニクいヤツ。
幅広の青い面もデカール再現で、その上にウルトラ警備隊のマークを重ねる仕様。
左右のマークの位置がいまいちだけど気にしないゾ。
a0207595_1439363.jpg


α・β・γが合体して完成するウルトラホーク1号、前編でも書いたとおりヒロイックな機体である。
各機のマーキングも、合体するとそれぞれを主張しつつ全体を引き締める。
銀のボディにトリコロールのペイントが、非現実さとSFメカ感、そして玩具っぽさをそれぞれバランスよく仕上げている。
a0207595_14525734.jpg


さて、本キットを「オモチャ」と見るならどう考えるかであるが、総評としてこれは満点を出せる「オモチャ」ではないだろうか。
まず価格、箱のサイズだけで考えたら割高とも思える500円という定価は、つまりワンコイン、ちょっとオモチャ売場で見かけたら買えるものだ。
また、3機揃えても1500円でかつパッケージも完成後もコンパクト。これはお父さん(もうおじいちゃんでもいい)世代から、私のような独身でも、またゼロからセブンを知ったチルドレンにも勧められる手軽さがある。
a0207595_14564850.jpg


今回、本体をスプレー塗装したが成型色でも十分銀色をしているし、ウェルドラインを無視すればデカールを貼るだけでカラフルな模型として完成する。
a0207595_1515112.jpg


合体機構の都合、スレてデカールが剥がれてしまうこともあるので本体塗装は極力薄く、そしてデカール後はトップコート推奨となるが、それは楽しみ方の一つである。
a0207595_1515787.jpg


パネルラインなんてヤボなものがないので、スミ入れという工程がほぼ必要ない。
a0207595_152784.jpg


β号の腹、一度貼った黄色いデカールを乾燥前に触ってしまい崩れた。ここは、別パーツになっているので貼ってから組んでもいいのかもしれないね。
a0207595_1521074.jpg


βとγは、βのケツの突起とγの顔の穴をジョインするようになっている。合体後のαとγのノズルがバシっと集まるこの後姿もまた、ウルトラホーク1号の魅力のひとつだろう。
a0207595_1521485.jpg


いまどきのデカールはそうそう透けるようなこともないが、メカコレ付属のそれはコシがあって平面に貼りやすい。が、曲面に巻いたり折り返したりと、やや立体的な貼り付けを要求される。
マークソフターをうまく使って仕上げよう。
a0207595_1521228.jpg


メカコレクションは何もかもが手軽、インスタントに付き合えるなかにも上級者には考える余裕も持たせるような、そういうプラモデルである。
そんなシリーズでも幅広い世代にに人気でかつギミックも強いウルトラホーク1号のバラ売り版は、夏の終わりにバンダイがくれた秋の夜長を過ごすための遅い夏休みの宿題と言えるのではないか。あるいは締めくくりか。
パッケージは多くを語ることはないが、手にして、組み立てて、考えることでわかるこのキットの暖かさ、懐の深さは長年プラモデルをやっているひとでも、久しぶりにプラモデルをやってみようという人でも、むしろこれが初めてのプラモデルでもいいだろう。
a0207595_1522035.jpg


ところで、パッケージ内のどこにも「デカールの貼り方」書いてないよね。


# by kenji_szmr | 2017-09-13 15:36 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.09.19 後編
at 2017-09-19 23:03
17.09.19 前編
at 2017-09-19 23:00
メカコレクション ウルトラホ..
at 2017-09-13 15:36
メカコレクション ウルトラホ..
at 2017-09-12 23:13
機動戦士ガンダム THE O..
at 2017-09-05 22:16

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン