【完成】PLAMAX JG-01 1/350 チェルノ・アルファ

“ロボットのオモチャ”といえば、やはり硬いプラスチック製のものが好まれるだろう。
それでいて、“組み立てる工程”はロボットを知ることができるとびきりの時間を得られる。
つまり“ロボットのプラモデル”は自分だけのマスターピースを作り上げることができる、最高の趣味といえるだろう。

ロボットに限った話ではないのだが。

『プラマックス 1/350 チェルノ・アルファ』はそんな“とびきりの時間”を与えてくれる傑作キットだと、わたしは評価する。
プラスチックならではの硬いディテール、気の利いたLEDユニットの遊び、無理をしない差し替えパーツによるギミック再現。
そして何より、絶妙なパーツ構成による組み立てやすさと塗りやすさ。

キットがモデラーに与えるストレスを排除し、手を動かす時間が楽しくなるキットだ。

今回はパーツのつなぎ目消しや、後ハメ加工という手間すら省き、とにかく組んで塗って完成させること目標とし、メーカーが提供する「組みやすさ」をモデラーとして「組みやすい」ことを感じ、そして伝えられるように完成させた。
基本的に使用した色は2色、Mr.カラーのロシアングリーン(2)とエンジングレー。それにMr.ウェザリングカラーで汚し、影を書き込み、ポピュラーなエナメルでハゲチョロを描き込む。
キャラクタープラモデルを相手にして、戦車模型のテクニックを利用して仕上げてみた。

深みのあるフィルタリングや、主張すぎないサビ、以下の写真で見て欲しい。

























































秋葉原などの割引店での実売価格は6000円程度で、すこしハードルの高いキットではあるが、こと“組み立てる楽しさ”という天でいえばこれほど「楽しい」といえる設計はそう、ないだろう。
それでいてプラモデルとして絶妙な「作りやすい、色分けがちょうどいい、デカールによる情報量の付加、程度のいいアクション性」があり、『パシフィック・リム』でシビれたボンクラは少し無理をしてでも購入し、組んで、塗って、自分だけのイェーガーを手にして欲しい。
できることならストライカー・エウレカ、コヨーテ・タンゴ、クリムゾン・タイフーンまで発売してほしいものだが、まずはジプシー・デンジャーを楽しむことから始めよう。


# by kenji_szmr | 2017-01-17 21:09 | toys | Trackback

17.01.13

話題のモンモデルのキングタイガーがついに発売された。
割引してるお店で買ったのだが、インテリア再現無しのキットとはいえ本体が3000円代、別売りのツェメリットコーティングデカールとあわせても5000円しないで1/35AFVキットが買えるというのは、もう何年まえの話だろうかというほどに、驚きの価格である。
安いからといってデタラメか、そういうわけではない。インストとランナーを交互に見てもわかる適度な組み立てやすさ。これは、いいキットだろう。


--------------------------キリトリ--------------------------

近所のラーメン屋が『君の名は。』の高山ラーメンを再現しているというので、仕事帰りに寄ってみた。
看板を見る限り、どこにもマルシーなどないので勝手に再現して勝手に店にポスターを貼っているだけのようだ。
おおらかな商売である。ここは飛騨高山ではない。千葉県鎌ケ谷市だ。


どんぶりいっぱいに入った太麺とあっさりめの野菜、シャキっとした味のスープが美味い。かつおぶし的な。
一口目の感想は「三田製麺の味だ!」だった、すいません。
これで税抜き550円はいい。他のラーメンとくらべても安いからか、他の客も注文していた。


気が向いたらまた食べに行こう。


# by kenji_szmr | 2017-01-13 21:18 | diary | Trackback

17.01.11

チェルノ・アルファの続き。まずは墨入れの上にトップコート。
新製品の「プレミアム トップコート」を使ってみましたが、つや消しだけど全体的にサラサラな感じの膜ができました。
ガンプラの墨入れする前のコーティングなんかにいいかもしれませんね。墨入れ塗料がにじまなさそうです。


トップコートがかわいたら、フィルタリキッドのフェイスグリーン、レイヤーバイオレット、スポットイエローを適当にチェルノ表面に塗ったくります。
梅皿は便利ですが、順番に塗るので写真みたいにぜんぶ出す必要はないです。
写真が撮りたかっただけです。


まずはフェイスグリーンを雑にべたべた塗ります。
あとで拭き取るので本当に表面に載せるように、適当です。
グレーのパーツにはあまりぬらないようにしてメリハリつけます。


レイヤーバイオレットはシャバシャバすぎて見えなくなりました。
スポットイエローはもっとシャバシャバで塗るというより流し込むようになってしまいました。
が、全体的にべしゃべしゃの膜ができたので正解です。これでいいのだ。


それぞれ適当にかわいたところで、うすめ液を染み込ませたキムワイプをポンポンとあてて軽く拭き取ります。
全部拭ってしまうのではなく、まだらに混ざった3色をパーツの上で混ぜる感じでぐいぐいやります。
今回は黄色と緑が主役です。


こんな感じになれば成功。
グレーのパーツにはラストオレンジを塗って拭いてしてます。
錆色です。


墨入れとはちがう、ちょっと別の色の層を表面に作ることでランダムな立体感が出せる戦い方です。
アクリル塗料を使ってもっと七色トゥランファムを作る感じのやりかたもあるそうですが、今回は新しいツールでやってみた次第です。
試合に勝って勝負に負けたような結果がでています。

あとはハゲチョロ書き込んだりすれば完成です。

--------------------------キリトリ--------------------------

ところで、もう2週間くらいお酒飲んでないのでそろそろ飲みたいきもちが出てきたのでAmazonパントリー使ってみました。
限られた商品を1個から、1箱ごとの手数料で嬉しい価格で箱につめて送ってもらうサービスです。
ふつうのAmazon在庫がなかったり、通常はケース単位でしか買えないようなものが1個から買えます。


とくにビールが充実してるのがうれしいですね。
うれしい。



# by kenji_szmr | 2017-01-11 18:34 | diary | Trackback


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

【完成】PLAMAX JG-..
at 2017-01-17 21:09
17.01.13
at 2017-01-13 21:18
17.01.11
at 2017-01-11 18:34
17.01.10
at 2017-01-10 17:43
29.12.16
at 2016-12-29 22:35

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

ファン