【完成】プラッツ あんこう その9

a0207595_19502073.jpg

プラッツ サイバーホビー ガールズ&パンツァー 1/35 IV号戦車D型-あんこうチームver.-完成。
作業日数は7日。そうです、冬休みモデリングです。ホビージャパンのガンダムグリープの作例記事を思い出しますね。

a0207595_19503763.jpg

結論から申し上げますと、なにをどうやってもサイバーホビーのプラモデルは「初心者には簡単につくれません」。ので、初めてのひとは頑張ってください。
なにより、このパッケージに含まれるパーツだけではアニメ劇中通りの仕様が再現不可能です。詳しくは以前の記事を読んでください。

a0207595_19505229.jpg

デカールは、さすがのカルトグラフ社製。非常に強く、美しい。
クレオスのマークソフターとマークフィットを使って貼り付け。いらなかったかな?

a0207595_1951517.jpg

ウェザリングは、タミヤのウェザリングマスターを適量。
いいえ、焼き色の達人でした。

a0207595_19512695.jpg

履帯はピンと張った状態で組み立ててみたのだが、資料の写真では、確かに上部転輪の間で弛んでいる。
次の反省点としよう、

a0207595_19513632.jpg

さて、キット自体の完成度は非常に高く、完成後に見えなくなる場所まで組み立てられるようになっている。
また、砲塔の回転、砲身の上下可動だけでなく、通信士席の機銃と、主砲同軸機銃も可動式となる。

a0207595_19514666.jpg

今回、ハッチはすべて閉じるように組み立てたのだが、あえて接着せずに糊で固定するなりすれば、ハッチを可動させてもうひと遊びできたような気がする。5センチくらいのフィギュアをハッチに入れる遊びが流行っているみたいだね。
ところで、ハッチやクラッペの内側のグリップまでパーツ化されているので、ハッチオープン状態のディスプレイモデルでもよかったかもしれない。

a0207595_1952128.jpg

ガルパン仕様キットらしい同梱物として、“あんこうチーム”デカールが付属している。
制式にあんこうチームとなったのは第5話の全国大会が始まってからだが、聖グロリアーナとの練習試合までの間の「六」というマーキングも付属。あと、どう使ったらいいか俺にはわからないあんこうチームの女の子たちのデカール。H型ならシュルツェンに貼ればいいけど(笑)

a0207595_19562140.jpg

砲塔内部はしっかり座席が作り分けられており、組み立てていて楽しかった場所のひとつ。
今回、塗装は見えるところしかやらなかったので、細かい塗り分けはしていない。ここも、次回作る機会があればチャレンジしたい。

a0207595_195257100.jpg

足回りは、アニメのエンディングを意識したシルバーで塗装。
転輪のタイヤの塗り分けは楽しかったけど、16本もいらない。

a0207595_19562818.jpg

惚れ惚れするモールド。
サスペンションに転輪を取り付けてからシャーシに取り付ければ、もうちょっと塗装は楽だったかな。

a0207595_19532199.jpg

車体の裏側も・・・ガッツリモールドが入っている。
リベットがどんな役割をしているかまでは、まだ理解していないのだが・・・

a0207595_1953545.jpg

マフラーは、写真では再現できなかったがオキサイドレッドを下地にした効果が出たと思えた。
サビの上にうまく塗料が乗ったようにできている・・・はず。焼け付いた表現はどうしたらいいのだろうか。

a0207595_19581250.jpg

サイドフェンダーのオプションは、ああでもないこうでもないとやりながら、穴の位置を無視して取り付け。
4枚の予備履帯はタミヤのキットから流用しているが、わざわざIV号戦車本体を買わずとも、安価なオプションセットが売っているので、そちらを使うと吉。(品番:35185)

a0207595_19541255.jpg

ジャッキは組み付け位置を指定されていないので、予備履帯の空間を自由に設定できた。
塗装は転輪と同じ色で目立つようにした。

a0207595_19572979.jpg

ボンネットの予備履帯も、タミヤのキットから流用。
キットが作られた時期がまったく違うとはいえ、エッジの立ち方からディテールの方向性まで、サイバーホビーとタミヤのIV号では、シャープさでいえばサイバーホビーの圧勝だ。

a0207595_19544382.jpg

クラッペ脇の木箱は、木の色を塗った上にジャーマングレーを面相筆でろりろりと塗りつけた。
ガンダムのヘの字を書くくらいしんどい作業だった。

a0207595_19583280.jpg

砲塔にあがるためのはしごはエッチング製で、組み付けに苦労した割りにはあまりいい形にならなかった。
もう一歩、なれないといけないね。

a0207595_19584719.jpg

サイドフェンダーのスプリングパーツは、極悪。極小。
これをプラパーツではなく、金属で作っているメーカーがあるのだから、模型は奥が深い。

a0207595_19585813.jpg

以上、プラッツのガールズ&パンツァー仕様IV号戦車D型のプラモデルでした。
作りごたえ十分、塗り分け簡単、考えるだけ手間が増える、作った苦労は作った人間にしかわからない!非常に、プラモデルらしいプラモデルを作ったね!
いやー、楽しかった。組み付けミスって適当に穴を埋めたパーツもあったりするから、またいつかチャレンジしたいキットだ。もしくは、III突や38(t)を作るか・・・?
ファインモールドさんのチヌは、元のキットをノリで買ったうえで、ガルパン仕様も予約済。戦車って楽しい!

それでは、2013年も素敵な模型ライフを。



by kenji_szmr | 2013-01-05 01:35 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.12.12
at 2017-12-12 18:29
PG 1/60 ガンダムエク..
at 2017-12-06 21:03
フレームアームズ・ガール 1..
at 2017-11-29 22:44
フレームアームズ 1/100..
at 2017-11-29 22:37
1/100 ゾゴック
at 2017-11-29 00:13

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン