タミヤ 1/48MM タイガーI(初期生産型) その1

a0207595_2114629.jpg

次はバイファムの続きをやるといったな。
あれは嘘だ。

a0207595_2115980.jpg

2004年発売のキットなので、これももう10年前のキットなんですね。
いまさら、いつ頃のキットかなんて関係ないけどナ。

a0207595_21182196.jpg

ドイツ戦車といえば、転輪。
IV号の片側(8+4の12)×2個の転輪の処理をするもめんどくせかったけど、ティーガーはもっといっぱい。転輪君(新製品)欲しくなるね。

a0207595_21225850.jpg

このキットの履帯は全部わかれておらず、長い直線と短い直線があらかじめ成型されている。起動輪や誘導輪にかかる部分だけ、1コマずつ組むようになっている。
だが、ランナーが治具になっているので曲がった部分の組み立てもラクラク。治具にピットマルチを塗っておけば、組み立てもっとラクラク。

a0207595_21264954.jpg

前の写真は上面を組み立てているところで、こちらは下面含めて巻きつけて組んでいるところ。
車体と履帯の間にテッシュを詰めておいて、張りを作った状態で接着なのダ。

a0207595_21284236.jpg

シャーシから取り外してみたところ。
初めてのプラ履帯だけど、わたしにも簡単につくれた。楽しい。

a0207595_21293745.jpg

エンジン周辺のたくましい背中。
このあたりの組み付けも調整しないで簡単に組めるので、やっぱタミヤのキットすげえな。

初期1/48ミリタリーミニチュアシリーズのウリだったダイキャスト製シャーシは、プラ部品の組み付けに瞬間接着剤が必要だったり、もしもすりあわせが悪かった時の調整ができない等不満点が無いわけではないが、プライマー済みでそのまま塗装できる程度にメリットはある。
「実際に重い」と「重量感を演出できる」はまったく意味が違う気がするけどね。『プラ魂大作』で「プラモで“動き”を再現しろ」と言うお題で、戦車にモータライズ仕込む程度に意味が違う気がするけどね。

ところで、今回から接着剤を1つ増やしてみました。GSIクレオスの「Mr.セメントS」です。
流し込みタイプで、乾燥が非常に早い。そして接着面の強度が強い。くさい。リモネンセメントと併用していこうとおもいます。


by kenji_szmr | 2013-05-06 21:39 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.03.27〜28
at 2017-03-28 22:08
17.03.22
at 2017-03-22 18:31
ボココレクション
at 2017-03-21 23:15
ストライクウィッチーズのフィ..
at 2017-03-21 18:36
17.03.15
at 2017-03-15 22:39

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ファン