Glanz von Silber

カテゴリーをどこにしようか悩んで、活動休止中のサークル『防人玩具研究所』にしました。
今夜は『シルバー仮面』のお話です。

来週、シルバー仮面のBlu-rayが発売開始されるのです。
予約開始当初、私は「シルバー仮面の薄くらい画面を色鮮やかにしてどうすんだよアッヒャッヒャ」くらいのノリで笑っていたのですが、今日Twitterにて、公式サイトにBDリマスターの比較映像が公開されていることを知りました。

そこから湧き上がる、なんというのでしょう。私の、シルバー欲求。
廉価版DVD-BOXを買ったあとにリマスター版DVDが出て、また、シルバー仮面を欲するのかと。

しかしだ。廉価版DVD-BOXは霞んだ色味、それに不満で買ってみたリマスター版DVDがまさかの低画質。
絶妙なフラストレーションを抱えたまま、リマスター版DVDを永久保存版にしようと決めたあとの出来事であった。

画質が良いだけじゃない。鮮明な岸田森が見られるだけじゃない。
「製作者が作ったままの映像をすみずみまで視聴可能」なんて言われたら、その、なんていうの。おたく心がたぎるじゃないの。シルバーの力を使うのは、今しかない!って思うくらいに。

以下、Twitterで書いたおもいのたけを貼り付け。

だいたい、シルバー仮面を始めて見たのはハタチ過ぎてからで、あの頃はなんでも知りたがる時期だったんだ。けど、正直言って生前のテレビヒーローにそうそう感情移入できるものはなく、見ても退屈に感じるものばかりだった。そんななか、ひねくれたおっさんが教えてくれたシルバー仮面は、何が映ってるかもわからない暗い画面のなかに、まさしく銀色に輝く魅力があったんだ。
シルバー仮面は、春日兄弟もそうだが、撮影現場も苦しい戦いをしいられていたんじゃないかと思う。

帰りマンとシルバー仮面のスタッフがかぶってたりしたり、シルバー仮面の話にはミラーマンを外すことができなかったり、1971年から1972年の青春の輝きなのだよ。おれ1985年産まれだけど。
私にとってのシルバー仮面は、ファストフード店が建ち並ぶ若者の街にただひとつの老舗そば屋のような、そんな味わい深さなんだ。

このように、私にとって『シルバー仮面』は表現しがたい特別な特撮番組であり、岸田森ユーザーにとって欠かせないものなのである。
「買わない!DVDあるからいらない!」なんて思っていたのだけど、ごめんなさいこのリマスター映像見たら俺のシルバー欲求抑えられないのでBlu-ray注文しちゃいました。

ごめんなさい、まとまりが無い文章ですね。




by kenji_szmr | 2013-06-23 03:49 | 防人玩具研究所


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

AMAKUNI の島田愛里寿..
at 2017-07-25 21:11
17.07.19
at 2017-07-19 22:17
グッドスマイルカンパニー 艦..
at 2017-07-18 22:49
AMAKUNI 1/8 艦隊..
at 2017-07-18 22:32
古いプラモデル
at 2017-07-18 22:18

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン