第54回 全日本模型ホビーショー アニメ編

春の静岡ホビーショーから、あっという間の秋のホビーショー。
あの時買ったキットは、さていくつ完成させただろうか。
a0207595_21412219.jpg

今回は、幕張から移動して、東京ビックサイトでの開催となった。
千葉の自宅から微妙に行きづらいので幕張のほうがよかったな!

会場を網羅するのはしょうじきめんどくさいので気になったものを。

コトブキヤのD-スタイル コンボイ。
変形はしないが、まとまったデザインと落ち着いたオプションが魅力的だ。
a0207595_2146037.jpg

2015年1月発売予定ということなので、アニメ放送30周年に合わせたメモリアルアイテムとなるだろう。
人差し指は、天に向けて使いたくないマン。

コンボイに対抗して、会場発表されたのはメガトロン、
こちらも頭の大きさから手足の長さも見事なデフォルメだ。
a0207595_21523768.jpg

この調子でトランスフォーマーシリーズを続けて欲しいが、難しいだろうか。
いやいや、勇者エクスカイザーまでやってくれているのだから、タカラ枠はもっとやって欲しい。

コトブキヤ最大のサプライズ、フレームアームズ美少女。
島田フミカネ×柳瀬敬之の武装神k・・・
a0207595_21564795.jpg

美少女パーツは可動しないようだが、轟雷の外装を取り付けることで各部可動するような展示品だったが、さて実物はどうなるのだろうか。
下手に動く場所があってストレスがたまるよりは、固定フィギュアに武装を取り付けられたほうが健全だろうか。

フレームアームズといえばモデリングサポートグッズでの有意義な強化武装だ。
フレームアームズ娘も当然、それに対応しているようで悪魔のような井出達を披露していた。
a0207595_2214034.jpg

そしてこちらの美少女は肩も肘も股間も動いているようにみえる。
果たして製品ではどのようになるのだろうか。期待して待つことにしよう。

コトブキヤといえばダンボー。
ダンボーは、作中で頭の中にボディや腕等をまとめてしまえるギミックがある。
a0207595_224391.jpg

それと全く同じというわけにはいかないようだが、プラモデルで完全変形を目指す企画だ。
これも期待できる。ダンボーはいくらあっても困らないからな。

天龍ちゃん。
これはアオシマノトレフィグ。
a0207595_2275393.jpg

『艦これ』はよくわからないのだけど、火がついた当時、彼女が人気だったのは覚えている。
これからも続々と艦娘が商品化されるであろうから、すこし、勉強しようとおもう。エロ同人誌などで。

バンダイは「あみブロ」なんかでいっぱい写真出てるだろうからそっちに任せて、個人的にマストなレジェンドBB武者飛駆鳥。
今月発売のホビー誌で発表されていたそうだが、さて號斗丸と並べるためだけの企画で終わるのだろうか。
a0207595_22102683.jpg

ホビーショーは「今後の期待」含めた新商品展示会と考えてしまうところがあるので、このあたりの穴埋めを進めてくれるのは非常にありがたいのだ。
雷鳴頑駄無までは期待しないのだが。

さてバンダイといえば10月から放送スタートの『ガンダムビルドファイターズ トライ』も今後の期待をふくらませるラインナップを発表してくた。
サザキの妹が使うというR・ギャギャのリリースからは、今後のR・ジャジャの発売が期待できる。
a0207595_22191788.jpg

ズサはまだ袖付きしかでていなのだが...さて。
サザキの妹がセカイにラッキースケベしたり洗濯したりするシーンがあれば僕はもう満足できるはず。

こちらも会場発表?商品のBB戦士ビルドバーニングガンダム。
BB戦士ビルドストライクガンダムよりもシュッとしたシルエットで、よく動きそうなディテールに見える。
a0207595_22223127.jpg


ベアッガイF(ファミリー)はベアッガイIII(さん)のリデコアイテム。
リボンを子ロボにする素敵な発想だ。
a0207595_22235939.jpg

まさにおやこマシンだが、作中で子供をどう扱うのか。
投げて爆発させたりはしないだろうか。

巷で「ひとりドラグナー」なんて言われているEz-SRは、1つのキットで3形態を再現するコンパチキットだそうだ。
バラ売りしたところでレドーム装備タイプが売れるわけがないのだから、いい判断だ。
a0207595_2225234.jpg


マクロスシリーズが好調のハセガワからは、これも何年ぶりのキット化だろうかという、マクロスの登場。
昨今の艦船模型ブームとは一味ちがうマイペースさがタフなハセガワである。
a0207595_2227155.jpg


ホバリング状態のスタンドが付属の1/72ガウォークも期待の新製品。
ファイターとバトロイドのパーツから、更にガウォーク用新金型を追加した丁寧なキットだ。
a0207595_22283593.jpg

ただし、個人的にはやまと(アルカディア)の1/60可変バルキリーのガウォーク以上に綺麗なガウォークを見たことがないので、ハセガワのキットには固定モデルではない再現度を期待したい。
ストライクパーツ付きが出たら備蓄したい。

マックスファクトリーからはソルティックコーチマスペシャルが発表された。
緑のラウンドフェイサーもいいが、青いこっちは引き締まった色で強化部隊らしさが出ていて良い。
a0207595_22311185.jpg

24部隊のおじさんフィギュア付きセットも嬉しいゾ。
全部でいくらになるんだろう。

マックスファクトリーのサプライズがもう一つ、まさかの『テンカイナイト』のブレイヴンX。
ハピネットが販売している玩具も悪くはないがこちらのスタイリッシュなキットなら店頭で見かけ次第買って速攻組み立ててがしゃがしゃ遊びたくなるかっこよさだ。
a0207595_22343358.jpg


waveのATシリーズ、ラビドリードッグから音沙汰が無いので心配していたが、次はスコープドッグのバリエーションを強気に展開していくつもりのようだ。
こちらは『ザ・ラストレッドショルダー』のターボカスタム。
a0207595_22371252.jpg


会場では「ターボカスタム」と「レッドショルダーカスタム」どっちが先に欲しいか?という意味があるのか無いのか判らないアンケートをとっていたのだが、レッドショルダーカスタムをさきに出されたら普通のスコープドッグが作れてしまう面白く無さがあるので個人的にはターボカスタムを率先して発売してほしい。
というかスコープドッグだけだして他は武器セットでいいんじゃないかと思うが、いまの時代武器セットだけ店頭に残るか入荷絞られて足りないのどちらかになりそうだからやはり1つのキットでコンプリートできるほうがいいのだろう。
a0207595_22392243.jpg


メガハウスからは『ガンダムビルドファイターズ』のリンコさんとチナちゃんの彩色見本が展示されていた。
なんていうか、こう、暴力的なお母さんだと思う。
a0207595_22421660.jpg


チナちゃんの私服のスカートの短さが心配になるおじさんですが、フィギュアといえどもろーあんぐるからの撮影などは決してやらない紳士でありたいと思う。
鉄は熱いうちにうてというのだから、リンコさんともども11月受注開始分で展開して欲しい。
a0207595_2243207.jpg


アイラちゃんもシュっとしてムチっとしたファッションを見事に再現している。
手頃なスケールで展開していくようなので、美少女フィギュアはすべからく1/10か1/12でやって欲しいと思います。
a0207595_22464560.jpg


最後にバンダイホビー事業部のスターウォーズキット。
「ファインモールドをつぶしにかかっているのか」などと言われているが、会場展示品を見る限りプラモとしてもスターウォーズアイテムとしても対象を少しズラしているというか、バンダイらしさを強くしたキットのように見えた。
a0207595_22483048.jpg


けどみんなやりたいのは、羽根の隙間にコア・ブースターを挟むことでしょ?
おじさん、わかってるんだから。
a0207595_22482020.jpg



by kenji_szmr | 2014-09-29 22:54 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.04.25
at 2017-04-25 22:56
HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン