wie zu bauen teil eins

ガキの頃からプラモデルが好きで、ああだこうだ言うようなテクを磨くこともしないで、作りたいように作ってきたのだが、三十路を前にして、さて自分はプラモの何が好きなのかを考えてみることにした。
趣味なのだからわざわざ、つまらないし、嫌いな作業をすることはないのだ。だから、好きな作業を楽しくやれるように、いちど整理してみようということだ。

教材は1/250 Gアーマー。移転前のタムタム千葉店で買ったもの。
たぶん、10年くらい前の再販品。

色プラだしパーツは少ないし、それでも古いキットだから基礎的な作業はひと通りできるだろうと言う目論見で手を付け始めたのが、10月27日の深夜。
パーツの切り出しと整形、バリ取りはやっていて楽しい。
a0207595_13512166.jpg

ゲートを切る「パチッ」という感触が好きだ

次にパーツの接着から繋ぎ目消し。
ランナーから切り離したパーツをくっつけて、部品を組み上げて模型を組み上げるパートなので、これも楽しい。
a0207595_1351267.jpg

ヤスリを使ってパーツの合わせ目をガリガリ消して最後に紙やすりで整えて、パーツが綺麗になった時はなんとも言えない嬉しさがある。

考えながら組み立てて、夜中だしエアブラシも使わずに筆塗りで完成させてしまおうと思ったのだが、筆でサーフェイサーを塗って見たら、思ったようにできなかった。
筆塗り、昔から苦手なんですよね。なるほど、これは好きじゃない作業なんだろう。
a0207595_13512946.jpg

せいぜい、MGやHGのガンダムの目を塗るくらいにしか使えない・・・

筆塗り、広い面が苦手とかいう話ではない気がしてくる、このガンダム。
二度とプラモを筆で塗って仕上げようなどと思うものかと感じるくらい、つらい。
a0207595_14332813.jpg

本当に下手くそだなこれ・・・気泡できてるし・・・

真夜中の考え事はロクな事にならないということがわかったので、28日未明の作業はこのあたりで中断した。

時間をあけて見なおして、やっぱり納得できなくて結局、GXのフレームを塗るついでにGファイターのサフもエアブラシで塗り直した。
エアブラシを使えばバーっと塗れるし筆みたいなムラが出来ない。
a0207595_13513184.jpg


GXの作業中の写真だけど、塗装といえばマスキングで。
マスキング中は黙々と貼って切ってを繰り返す作業だけど、これが綺麗にやれた時にマスキングテープを剥がすのはとても気持ちがいいし、綺麗に塗り分けされたパーツが出てくるのが最高に嬉しい。
a0207595_14454463.jpg


パテやプラ版を使って形を変えたり、関節を増やす作業は好きだけど上手ではないので、今年にはいってからやってないのだ。
去年の6月から放置しているバルキリーがその証拠で、手を加えると完成までが遠くなるのがわかってしまって、いま手を入れているキットをできるだけはやく終わらせたい気持ちのジレンマがうまれる。

サフの後の塗装から墨入れと仕上げはまた、次の機会に考えよう。


by kenji_szmr | 2014-11-02 15:01 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.08.23
at 2017-08-23 23:02
17.08.22
at 2017-08-22 20:09
17.08.21
at 2017-08-21 20:01
17.08.16
at 2017-08-16 20:47
17.08.09
at 2017-08-09 21:23

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン