【完成】HGBF 1/144 ガンダムアメイジングレッドウォーリア その6

なんとか作業日程は7日以内におさまりました。
今年初のガンプラです。
足の裏の肉抜き穴を埋めた以外、キットのまま塗装して仕上げました。
a0207595_22489.jpg


ゴテゴテしたパーツもなく、シンプルにまとまった機体。
赤の塗装も明るい赤を基本色にして、あずき色っぽい暗い赤を装甲に採用。
モールドを増やさずにデカールを貼って情報量を足して、「昔のMSVっぽさ」を演出。
a0207595_2292233.jpg


オリジナルはハイパーバズーカが右側に配置されているだけだったが、アメイジングになると左側にもアタッチメントが追加されている。
3代目メイジン・カワグチのアレンジ、素晴らしい。
さらに左右のアタッチメントの装備は換装が可能。
a0207595_22201569.jpg


今回つかったデカールは、WAVEのX・デカールと、ベルテクスのシステムマーキング。
それと、メガサイズモデルとかUCHGのコアファイターのあまり。
CAUTIONやWARNINGの内容は深く考えず、おさまりの良さを優先して配置。
a0207595_22343329.jpg


武装のハイパーバズーカ。
バックパックのアームから腕の下に構えるスタイルは斬新で、力強い。
アームから外して、肩にかつぐことも可能。
a0207595_22424058.jpg


胸部とフロントアーマーには、ミサイルハッチが搭載されている。
胸部はパーツを裏替えし、フロントアーマーは下のパーツを移動させてハッチを露出させるようになっている。
『プラモ狂四郎』で鶴田を撃破したシーンでは、てっきりバルカンだと思っていたのだが。
a0207595_2362785.jpg


こちらもオリジナル同様の、右腕のビーム・サーベル。
接近戦で有効なよう、短い刃を使うように指示されている。
ドムを一閃する威力である。
a0207595_22574627.jpg


ただし、HGBFガンダムアメイジングレッドウォーリアには短長それぞれ2本ずつのビーム・サーベルが付属しているので、長い状態で遊ぶことも可能。
また、右腕のビーム・サーベルと、左腕のシールドのジョイントは、左右対称の共通の軸系の部品を使うので、キットを2つ買えば両腕ビーム・サーベルや、両腕シールドが可能。
おれはやらないけど。
a0207595_22512928.jpg


レッドウォーリアのシールドは、ガンダムならではの腕をすっぽりつつむようなものではなく、ピンポイントに弾をはじくようなこぶりなデザイン。
レッドウォーリアがシンプルに見える要因のひとつだろう。
先端にはバルカンが搭載されている。
a0207595_231396.jpg


ここからアメリジングオリジナル武装、紅ウェポンシリーズ。
ハンドガンにはガンブレイド(ショート・ロングの2種)が装着可能。
写真はショートを搭載。
a0207595_2372597.jpg


ショートのおよそ2倍の刀身があるガンブレイドロング。
見栄を切ったポーズもシンプルゆえ、しっかり映える。
アニメでの活躍も楽しみな武器である。
a0207595_2391825.jpg


ビームライフル乙。
ハンドガンやハイパーバズーカも設定ではグレー一色だが、せっかくなので白を足して立体的に仕上げた。
マーキングは要所に貼ったが、すこしうるさくなってしまった。
a0207595_23105473.jpg


ハンドガンとビームライフル乙は、ハイパーバズーカ同様にバックパックのアームに取り付け可能で、向きを変えれば肩の上に構えることもできる。
この構え方はMSVぽくて好き。
肩のバーニアユニットも可動式なので、ポーズの幅が広がっている。
a0207595_23182232.jpg


ビームライフル甲。
シンプルな箱型のライフルに、やや大げさなセンサーが付いているのが特徴。
こちらはグレー一色で仕上げ、マーキングをピンポイントに貼って情報量を足した。
a0207595_23134348.jpg


ビームガトリング。
ビームなのでガンベルト不要のすぐれものである。
エネルギーパックの向きを間違えて撮影しているゾ。
a0207595_23153589.jpg


ビームライフル甲とビームガトリングは、ビームライフル乙に接続可能。
アームがフレキシブルに動くので、ケレン味あふれるディスプレイができる。
ここまでくるとグリップいらないんじゃないか。
a0207595_23213839.jpg

a0207595_23215666.jpg


キットは最新技術のスタンダードなので、非常に組み立てやすく、悪く言えば組み立てから完成までの感動は少ないキットではあるのだが、まずはこのような形でもレッドウォーリアがガンプラとしてキット化されたことを喜びたい。
てっきり30周年ガンダムの流用キットかとおもっていたが、完全新規金型というのも嬉しいサプライズだ。
作中の設定で「3代目メイジン・カワグチがリスペクトするイオリ・タケシが使うパーフェクトガンダムの後継機として本機を製作した」ということなので、『ガンダムビルドファイターズ』の世界には『プラモ狂四郎』が連載していた漫画雑誌があった世界ということだ。
a0207595_23252789.jpg


『ビルドファイターズ』版でもよいのでHGパーフェクトガンダムのリリースも期待したくなる。
それから、ガンダムフルアーマータイプもね。
「いいぞもっとやれ」
a0207595_23253824.jpg



by kenji_szmr | 2015-02-01 23:35 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.04.25
at 2017-04-25 22:56
HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン