【完成】マックスファクトリー 1/72 ダグラム

3月上旬からつくりはじめた、1/72スケールコンバットアーマーズマックス01 ダグラム、堂々完成。
おおがかりな改造をしないで、キットをそのまま楽しむのです。
目指した完成形は「素直にあの頃の作例」。やりすぎるくらいのハゲチョロ塗装がすごく楽しい。
a0207595_20464637.jpg


キャラクタープラモデルとしての完成度は良好。
ダグラム特有の骨太なシルエットと直線をパリっと貼ったプロポーションが見事に再現されている。
ガンプラのようなアクションポーズは得意ではないが、静かなポーズで十二分に映えるキットだ。
a0207595_20492492.jpg


たくましい背中。
オプションはリニアカノン、ターボザック、左右の平手と、リニアカノンを構えるための左手。
このキットの凄いとことは、肘が90度曲がり、そして回転軸がついているのでガワラっぽい腕のアクションができることだ。
a0207595_20524948.jpg


アームリニアガンをかまえる。
肘の回転軸のおかげで、ゆたかな表情をつけることができる。
これは本当にうれしい設計である。
a0207595_20565640.jpg


アームリニアガン。
腕に固定されているが、取り外した状態で組み立てることもできる。
a0207595_2114037.jpg


ターボザックに搭載された強力な武装、リニアカノン。
ポリキャップによる一軸式で可動する、シンプルなギミック。
専用の手首が嬉しい。また、左手のチェーンガンも再現されている。
a0207595_20581833.jpg


ターボザックと背面。
どの角度から見ても関節部の露出が少なく、模型としての完成度が高いことがわかる。
a0207595_2163980.jpg


ターボザックのアップ。
各種パイプはグリッドグレーのベタ塗り。
マフラーらしきパーツは、III号戦車B型を作った時と同じような錆表現を施した。
a0207595_219957.jpg


キャノピーは開閉式と、固定式を選択して組み立てできる。
また、上部ハッチを開けた状態でも作ることもできる、至れり尽くせりのパーツ構成だ。
開閉式キャノピーを閉じた状態で完成させた。
a0207595_2112951.jpg


ペタっとした塗装の上に、ウェザリングカラーを使ったり、戦車作りで経験した技術を使うことで、新しいプラモデルの楽しみを感じながら完成させられた。
プラモデルがもう、楽しくて仕方がない。
完成させる楽しみ。改造しちゃアカン。
a0207595_21164441.jpg


みんなも、ダグラムつくろう。
また次、ラウンドフェイサーをつくろうかな。
a0207595_2119172.jpg



by kenji_szmr | 2015-04-12 21:24 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.08.16
at 2017-08-16 20:47
17.08.09
at 2017-08-09 21:23
17.08.01
at 2017-08-01 19:48
17.07.31
at 2017-07-31 23:58
AMAKUNI の島田愛里寿..
at 2017-07-25 21:11

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン