ROBOT魂 〈SIDE MS〉 Ζガンダム

さいきんガンプラつくって無いし、ロボットの撮影の練習がてら、デスクトップでいじれるオモチャにしてるΖガンダムを撮影。
変形こそしないものの、クセのある可動で、Ζガンダムのアクションフィギュアとして十分に楽しめる逸品。
ただし、素立ちが一番カッコイイ。
a0207595_22212646.jpg


そもそも自分はアクションポーズをつけるのが苦手なので、ビームライフルを構えさせてMG2.0のパッケージの真似をしてもしっくり来ないもので。
股間をもうちょっと改良すれば、イメージ通りの足の開き方ができるだろうか。また、フライングアーマーの主翼を上に向ければいいだろうか。
あるいは撮影する角度か。
a0207595_2223524.jpg


後期オープニングのラストシーンで印象的なビームサーベルだが、フィギュアは当然ながらまっすぐのものしか付属しない。
また、デザインの都合、首が上に向かないのでやっぱりイメージ通りのポーズがつけられない。
ビーム刃はハイパー・メガ・ランチャーに取り付けてロングビームサーベルにするこもできる。
a0207595_2228843.jpg


腕のグレネードランチャーは、射出状態をパーツ差し替えで再現している。
また、追加弾倉も取り付けることができるが、こちらは1つしかついていない。
シールドと弾倉は接続部を共有しているため、どちらか選んで装備することになる。
a0207595_2231546.jpg


ハイパー・メガ・ランチャーはHGUCのようにシールドに取り付けることはできない。
フォアグリップは左右とも展開するので、どちらでも構えることができる。
撮影はしなかったが、専用の左手首を使えば『ガンダムZZ』のオープニングを再現するような、ハイパー・メガ・ランチャーを抱えたポーズも可能。
a0207595_223839.jpg


「身の丈ほどの武装を振り回すスマートなシルエットの第三世代モビルスーツ」というスパルタンさがΖガンダムの魅力である。
a0207595_22442512.jpg


ROBOT魂ならではのケレン味あふれる手首パーツをつかって、『マシンロボ クロノスの大逆襲』に出てきたようなポーズがキマる。
a0207595_22492640.jpg


けどやっぱりロボットは手足を動かしてないポーズが好きなんだよなぁ。
a0207595_22503497.jpg


それにしてもコレクターズ事業部の製品、ネット通販用の写真と実物がまるで別物なの、どうにもならんのかな・・・


by kenji_szmr | 2015-05-04 22:54 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.22
at 2017-06-22 21:24
17.06.21
at 2017-06-21 18:18
17.06.13
at 2017-06-13 22:52
17.06.07
at 2017-06-07 20:21
17.05.29〜31
at 2017-05-31 22:14

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン