第54回静岡ホビーショー ガルパン編

去年、一昨年とくらべて自分の中の熱はだいぶ落ち着いたが、ホビー業界は『艦これ』に押されていられずと、『ガルパン』のラインナップ充実をさせる計画が進んでいる。
ブロンコモデルのCV33をベースに新規パーツとデカールを追加したカルロベローチェがプラッツからリリース予定。
ちょうど『これが本当のアンツィオ戦です!』のタイミングで再販かかって品薄だったCV33が、正式にガルパン仕様となる。
a0207595_22131554.jpg


そして、ガルパンおじさん本命ともいえる、劇中使用のIV号戦車D型。
放送中に発売されたキット(ドラゴンのあれ)も、組んでて楽しい作りごたえのあるキットだったが、箱のなかにパンパンになったポテチの袋が詰まっていたり、インストミスが初心者に不親切だったり、やや敷居の高いキットだったが、そのパーツを1/4に減らして組みやすくしたというのは、戦車模型としての妥協案を探った結果としてもビギナー参入に貢献できる両キットと言えるだろう。
ピットロード製のあんこうチームが付属しているのもグッジョブベリーナイス。
a0207595_22163361.jpg


砲塔、バスタブ、車体は一体成型、そして履帯はベルト式と、戦車のカタチをすぐに想像できる。
a0207595_22215188.jpg


足回りはそんなにかわってない。
a0207595_22232368.jpg


車体、砲塔を構成する新規パーツ。
ボンネットに装着する予備履帯がついているだけでも、あんこうチームver.を再現するのにおおきな効果が得られる。
a0207595_22242426.jpg


従来パーツ。
そんなめんどうなパーツはない。
a0207595_22254865.jpg


ファインモールドからは、八九式と三式のリニューアル版。
それに、シャーマンとMK.VIIが参考出品されている。
練習試合と一回戦が再現できるかもしれない。
a0207595_22354072.jpg


セメダインからは、ガルパンラベルの接着剤が発表された。
a0207595_22374040.jpg


瞬間接着剤と、ゴム用も。
a0207595_2238591.jpg


プラッツブースのサンダーショットMK.2みたいな色のM3と、カチューシャが大好きなKV-2を撮影し忘れていた。
しかし、大洗のお祭りでも告知されていたように、タミヤからのパーツ供給ありきでガルパン戦車をキットでコンプリートを目指すというのは、アニメプラモを長い目で見られる見通しがある自信があるということなら、それは嬉しいことだろう。
ガルパンラベルの接着剤は、どうせなら会場で伺えばよかったのだろうが、どんな目的があって販売されるのか考えてみたが、そうか「プラモデルを作ったことがない人が売り場で何を買い揃えればいいかわからないときの目印になる」と考えれば、こういうキャラクターグッズは効果的ではないだろうか。


by kenji_szmr | 2015-05-19 22:46 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.03.22
at 2017-03-22 18:31
ボココレクション
at 2017-03-21 23:15
ストライクウィッチーズのフィ..
at 2017-03-21 18:36
17.03.15
at 2017-03-15 22:39
17.03.14
at 2017-03-14 20:44

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ファン