ロボット魂 G-セルフ

『ガンダム Gのレコンギスタ』は、わたしの中で『機動戦士Vガンダム』の次に好きなガンダムシリーズである。
プラモデルはどれもピンとこなくて買わずにいたが、Gセルフは魅力的な立体物が欲しいと思っていたところでマスターグレードがあれば・・・という希望も叶いそうにないのでロボット魂を買ってみた。
PVCがほとんど使われておらず、全体的にカリっとした造形で更にアクションポーズの自由度が高く、満足度の高いフィギュアだ。
a0207595_16275518.jpg


四肢の太さがバランスよく、力強いタフな印象の背中。
a0207595_16311678.jpg


関節やスラスターに使われているクリアパーツが綺麗なので、全身くまなく満足できる。
胸のダクトもクリアパーツで覆われているので、アニメの再現度もじゅうぶんだ。
a0207595_16534513.jpg



オプションの手首は両手ともに握りこぶし、平手、ライフル用、ビームサーベル用が付属している。
両平手を使えば第一挙動も再現できる。
プラモデルではパーフェクトパックまで平手が付いていないので、Gセルフ単体で遊ぶにしてもこれは嬉しい。
a0207595_16332826.jpg


さらに「Gの閃光」で印象的なポーズも。
a0207595_16345622.jpg


ビームサーベルは2本付属しており、グリップからビーム刃が取り外しできる。
さすがに肩のサーベルラックに収納はできない。
a0207595_16353967.jpg


HGのようにコアファイターは付属していないが、大気圏用パックは単独でディスプレイもできるようなジョイント(穴)がある。
本体と接続するときに「カチッ」とハマるので、それだけでもう嬉しくなる。
a0207595_16362321.jpg


両サイドのブースターが連動して上下して、翼はそれぞれたたむことができる。
a0207595_16381656.jpg


大気圏用パックにジョイントがあるので、魂STAGE等でディスプレイするときはGセルフの股間の可動を妨げることがない。
シールド、ライフルともにトワサンガ製のものが付属しているので、オープニングで装備している武装が再現されている。
a0207595_16393076.jpg


可動ポイントがよく詰められているので、頭部からつま先まで派手でも静かでもアクションさせても、そうそうシルエットが崩れることがない。
a0207595_16423497.jpg


股関節は二重にスイングして、太ももはボールジョイントのスイングで膝の可動に合わせてスライドするので、35周年記念イラストが再現できる。
a0207595_1645370.jpg


静かに立たせても動かしても落ち着くロボット魂Gセルフだが、なによりも嬉しいのは、たぶん、手に取らないとわからない「カリっとした可動にシュっとしたディテールが両立したタフな印象のアクションフィギュア感」だろう。
Vダッシュガンダムやガンダムマーク2も満足度は戦ったが、Gセルフのキャラクターを差し引いてもアクションフィギュアとして遊んでいて楽しい逸品と言える。
a0207595_16461655.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-25 16:52 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

【完成】1/100コンバット..
at 2017-05-17 21:20
第56回静岡ホビーショー その5
at 2017-05-16 23:54
第56回静岡ホビーショー その4
at 2017-05-16 23:41
第56回静岡ホビーショー その3
at 2017-05-16 23:23
第56回静岡ホビーショー その2
at 2017-05-16 22:57

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン