01.05.16 Folge

のぼりべつクマ牧場は、入場するのにロープウェイを使う。
駅では鮭とばを干していた。
それと、記念撮影の熊。ちょう巨大。


熊を堪能したあとは、大湯沼へ。
地獄谷と大湯沼のコンボ、硫黄の匂いが染み付いてむせる。
しかし、硫黄の匂いは嫌いじゃない。むしろ心地いいくらい。


昔はここから硫黄を採掘していたそうだ。
綺麗なひょうたん型の噴火口跡で、展望台から見る景色は身体と胸を熱くさせた。
沸き立つ煙が風に乗ってやってくる。身体が火照る。実際は雲も出て風もあって、少し寒かった。


そして登別地獄谷。熱気と硫黄のせいだろうか、草木の生えない谷はまさに地獄。
大地が生きていることをひしひしと感じられる土地だ。
しかし、生きている大地の恩恵で、おれは熱い風呂に入って身体を休めたのだ。


ところで、登別地獄谷には「鉛地獄」とか「乙女地獄」などの石が設置されていた。
あんなに熱い山を渡って置いたひとがいるのだろうか。そして、それぞれの地獄には意味があるのだろうか。
もっと調べていきたい。


1日目はそのまま登別で熊まんじゅう食べて一泊。
温泉地にまんじゅうが定番なのは、熱で蒸かして作るからだろうか。
真実を見に、また温泉地に行きたい。



by kenji_szmr | 2016-05-06 23:05 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.08.22
at 2017-08-22 20:09
17.08.21
at 2017-08-21 20:01
17.08.16
at 2017-08-16 20:47
17.08.09
at 2017-08-09 21:23
17.08.01
at 2017-08-01 19:48

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン