02.05.16 Prequel

北海道リベンジ2日目、登別のホテルでたらふく朝飯を食べて移動開始。
オロフレ峠を突っ走る。
快晴の高原をはしるロードスター、爽快。


峠から見える羊蹄山。
直線距離で何十キロも離れているが、くっきりスパーッと見える。
蝦夷富士の名前は伊達じゃない。


ところで、標高の高い場所はめっちゃ雪でした。
寒いわけじゃないけど、ガッツリ雪が残ってました。
数日前まで降っていたそうです。5月ですけど。


昼ごろに洞爺湖畔へ到着。
宇宙一のお風呂の遊園地のロゴ、やや『ダグラム』を感じるフォントだ。
洞爺湖はキャンプもいいそうだが、こういう具体的なリゾートも良さそうだ。


洞爺湖町 火山科学館で有珠山の噴火と共存する人々の歴史を知る。
とても小さな建物だが、1944年、77年、そして2000年の噴火は科学の力をもってしてそれぞれ被害を抑えることに成功していることがわかる。
土地の破壊からは逃れられないが、人間が避難することはできる。おそらく、次は2030年頃の噴火ということだ。

そんな洞爺湖畔からでも見える羊蹄山。
いやあもうなんていうかでかいです。
自然を科学した人たちのことを勉強したあと、湖の先に見える羊蹄山よ。


洞爺湖畔から昭和新山へ。


ロープウェイで有珠山を登る。
絶景を臨む。


登山道をちょっと降りてすぐ引き返す。
ちょっとした旅行気分じゃ歩けない山道だ。


昭和新山ふもとの駐車場、いろんな看板の墓場が。


快晴の山を登ったあとは、火口散策だ。


by kenji_szmr | 2016-05-07 23:27 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.24
at 2017-06-24 22:48
17.06.23
at 2017-06-23 22:25
17.06.22
at 2017-06-22 21:24
17.06.21
at 2017-06-21 18:18
17.06.13
at 2017-06-13 22:52

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン