29.10.16

企画展「東京造形大学×ウルトラマン50」を見てきた。
ふだん用事のない南青山(表参道駅)の空気に圧倒されつつも、むせかえるオシャレムードと芸術に彩られたウルトラ怪獣は、学生ならではの感性というか、おたくっぽさとは違う、様々な『ウルトラマン』の捉え方に触れることができた。
全39話に登場する怪獣を1話ごとにまとめたアートは、「わかる」ものもあれば「わからん」ものも多い。

「侵略者を撃て -バルタン星人 登場-」


「宇宙からきた暴れん坊 -ギャンゴ 登場-」


「怪獣殿下 前編 -ギャンゴのお面をかぶったオサム少年 登場-」


「遊星から来た兄弟 -にせウルトラマンの後ろのザラブ星人型の鏡にうつる背中のザラブ星人 登場-」


展示は、決められた寸法の中に収まるようになっているが、たまにはみ出していたり、どうしようもなくて2面分使っているものも。


ジラースは話数を確認しないとなんだかわからなかった。


シンプルにデフォルメしたものから、大胆なアレンジによりおぞましさが増したものまで、様々な表現でウルトラ怪獣が作られている。


11月3日までの展示なので、時間を作って見に行ってはいかがだろうか。



by kenji_szmr | 2016-10-29 20:03 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

18.01.17
at 2018-01-17 18:02
18.01.16
at 2018-01-16 23:28
タミヤ 1/35 WWI イ..
at 2018-01-14 23:26
18.01.10
at 2018-01-10 23:01
18.01.09
at 2018-01-09 23:59

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ファン