23.12.16

22日の夜は雨も風もひどくて、せっかくの年末かけこみ休日となった23と24をツーリングに使えないのはくやしいと思っていたら、23日は朝から晴れていた。
薄暗い雲はかかっていたが、それでも低気圧が残した湿度のおかげか、過ごしやすい気候だった。
ともなれば、走り納めにいかねばなるまい。

日中は秋葉原で所用を済ませ、19時頃に首都高に乗る。
C1経由で湾岸に出て、まっすぐ大黒PAに向かう。
夜の大黒PAのコトンラストが気に入っているのだ。


28Lでは大きすぎると、あらためて買った16Lのシートバッグは、x7とちょっとした防寒具の予備を入れて走るにはちょうどいいサイズだ。
日帰りツーリングのつよい味方になるだろう。
ベルトをうまく使えば三脚も持っていける。


愛車をバシっと一枚。


もう一枚。


別角度。


大黒PAの好きなところは、あちこちに伸びる道路や、あちこちから合流する道路が広がるパノラマになっているところ。


そしてこのコントラストに映える橋桁の交差。


とくにこの交差がいい。


120枚くらい撮ったところでx7のバッテリーがなくなってしまったので撮影終了。
夜戦のお供の三脚、足がしっかりしているし雲台もフレキシブルで使いやすいうえ、ローアングル撮影もできる。
旅行に持っていくにはちと重いのが難点だろうか。


大黒PAを撮影したあとは、ふたたび湾岸を通って千葉へ戻る。
千鳥町でいったん降りて給油したあとはまっすぐ帰ろうかとおもったが、もうすこしだけ独りの時間を楽しみたくなって、また高速に乗る。
夜の湾岸線から見るビル街や工場地帯のイルミネーションはとびきりだ。

浦安から東雲あたりはもうとにかく好きでしょうがない。
言葉ではうまく表現できないが、運転中にカメラを構えるわけにもいかないので、これは自分の視界に入ってくる景色と、スピードが融合した自分だけの景色だ。
共有しようのない、ただ独りだけの、独り占めした空間。

夜の湾岸はいい
どんなイルミネーションよりもキレイなとびきりの夜景を独り占めできる
クルマとは違う
オートバイで風を感じながらただ独り・・
どんな時間にもかえられないただ独りの空間

夜景に吸い込まれたまま芝浦PAに立ち寄り、フラットレーシングの黒木さんごっこをしてから都心環状線(C1)突入―――ッ!!
安全運転で左をゆっくり流して走り、ふたたびレイブリに戻り、豊洲で降りてあとは下道をゆっくり帰ってきた。

本日の走行距離 188.8km
CB250F総走行距離 7722km


by kenji_szmr | 2016-12-24 03:14 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26
17.03.30
at 2017-03-30 22:36

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン