第56回静岡ホビーショー その1

まいとしのお楽しみ、静岡ホビーショーに行ってきた。
今年も、3時ごろに千葉を出発して首都高抜けて東名から新東名に入り、途中で休憩しながら7時頃にツインメッセの駐車場に到着という流れだった。
はやく行かないと駐車場が埋まるので、もう早めの移動。あと夜明け前の首都高好きなので。
a0207595_18221736.jpg


開場したらまず、南館のマックスファクトリーを見に行きます。
会場発表製品の「PLAMAX MinimumFactory 1/20 VF-1S ガウォーク」を見にネ。
1/12 IV号戦車などで度肝を抜くことしてくれているマックスファクトリーは、今回も大きいことでやれることをやってくれている。
a0207595_1823616.jpg


できたてホヤホヤの出力サンプルなのでポーズやディテールはもっと詰めていくようだが、大きいことは大きいなりに飛行機における「リアル」を表現できるようにしているとのこと。
a0207595_1823859.jpg


あくまでも本体は「1/20 統合軍パイロット」ということで、ミニチュアとしてのVF-1Sだそうだ。
a0207595_18231789.jpg


会場ではManfrottoの三脚に乗せているが、製品ではしっかりした台座を計画しているそう。
a0207595_18232056.jpg


着陸状態ではないことが、ガウォークならではの魅力といえるだろう。
a0207595_18232176.jpg


デカいのだけじゃない、スタンダードなのもマックスファクトリーのキットの魅力。
ダグラムシリーズからは「マッケレル」と「パジャマソルティック」が登場。
「ネイティブダンサー」や「アイバン」で我々を惑星デロイアに誘う企業は、更に真実を見せてくれている。
a0207595_18242378.jpg


作中の活躍はアレだが、そのデザインはインパクト大。
コンバットアーマーの自由な発送と説得力が俺の手に伝わるようだ。
第一世代コンバットアーマーも、欲しいか?おれは欲しいかもしれない。
a0207595_18242611.jpg


受注中のビッグフットの展示もあり。
そういえば、こいつもお洋服着てるシーンが印象的だが、バリエーション展開は期待できるのだろうか。
そうだ、ホビーショーの機会にこういうことを訊いてこないからダメなんだ。
a0207595_1824286.jpg


さてこちらもPLAMAX 1/20 大和と武蔵。
ナイスバディのチャンネーにゴッツい艤装がバシっと乗った超解像度のプラモデルである。
「模型としてのフィギュアがそこにある力強さ」に満ち満ちたプロダクトであろう。
a0207595_18243010.jpg


ノンカチュもあります。
買ったらノンナさんのおぱんつを好きないろにできるんですよ。
ぐふふ。
a0207595_1824322.jpg


最後に会場発表新製品のホンダの耕運機 F90。
メカニックとキャラクターのパッケージング(島風)から始まったこのシリーズを代表する一作となるだろう。
「俺が欲しいから作る」気持ちが強く伝わってくるが、これ事態デタラメなものではなく、クレバーなマーケティングのアイテムではないかと、見える。
a0207595_18243576.jpg


他は次のエントリーで。


by kenji_szmr | 2017-05-16 18:52 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.05.24
at 2017-05-24 20:05
【完成】1/100コンバット..
at 2017-05-17 21:20
第56回静岡ホビーショー その5
at 2017-05-16 23:54
第56回静岡ホビーショー その4
at 2017-05-16 23:41
第56回静岡ホビーショー その3
at 2017-05-16 23:23

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン