2016年 09月 24日 ( 3 )

24.09.16-C

ミリタリーは詳しくないので、ホビーショーの楽しみはやっぱりキャラクターものに絞られるのが私の趣味だ。
好調なのか、ハセガワのたまごひこーきガールズ痛車は季節ごとに発売されている。
冬の露天風呂、いいですね。


どう見てもファミコン色のメカトロウィーゴ“れとろ”。


先日ドラケンが発売された『エリア88』から、シンのクルーセイダーが登場。


ミッキーのトムキャットも、ひとつき遅れで発売される。
クルーセイダーもそうだが、見本にはパーソナルマークが貼られていないのは何かこだわりなのだろうか。


ちゃんと、プレイボーイはついてますヨ。


NSR500は走行動画を流しながらの展示。


タミヤからNinja H2Rが発表された。


変態バイクをガシャーっとバチピタの精度で作る。


カウルとフェンダーを外して飾ってもいいアピール、これはいい。


それと、新作コンプレッサー。
必要十分なスペックに圧力計がつき、さらにエアブラシを持ち上げるとスイッチが入り、置けばスイッチが切れる。
すげえこれ。ほしい。ください。


ザブングル、イデオンと大好評のスーパーミニプラシリーズの新作は勇者王ガオガイガー。


めっちゃ細かいけど大丈夫かこれ。


と、大獣神。
おっさんたちからしたら、大獣神ばっかり商品化されてくやしかろうな。
ワハハ。おれは嬉しいぞ。


スリーエーのスコープドッグとキリコ。


キリコだけほしい。


ダイアクロンも元気です。


そしてバンダイコレクターズからダグラム。
ダグラム!?


新作発表会としてのホビーショー、業者日に各ホビーサイトの速報が出るので「いかなくていいかな」と思うけど、自分で見てない情報がネットに流れるのはくやしくてしゃあないので、オートバイ走らせて雨のなかいってきました。
ちょっと冷めた気持ちもあるけれど、それはそれで。いい刺激になったネ。
あとね、カメラはいつものKiss X7と、レンズは北海道からつかってるSIGMAの18-250mm持っていったらマクロ、広角、ズーム一通りフォローしてくれるのでフレキシブルに撮影できました。今後も愛していきます、このレンズ。


by kenji_szmr | 2016-09-24 23:05 | diary

24.09.16-B

ホビーショー、画像が多いので分けます。

マックスファクトリーのPLAMAX1/20美少女シリーズ、島風からはじまり山下しゅんやミリタリー、リン・ミンメイやニパ子といった具合に怒涛の勢いである。
今回の展示会でも、発表済みの『ストライクウイッチーズ』や『マクロス⊿』の他にも、『艦隊これくしょん』が展示されていた。
1/20スケール、およそ10センチに満たないそのサイズで表現される圧倒的な情報量、そして適度なデフォルメは具体的にそれをフィギュアとして魅せている。


大和のグラマラスボディを的確に再現、そして迫力の艤装。


サラシにういた乳首や性的なヘソまで表現されている。
これが“プラモデル”として発売されるのだ。
すごい世界になってしまった。


アオシマは以前、あの虫を美少女擬人化した漫画のキャラクターのプラモデルを出したことがあり、文化教材とは何かをわれわれにオミマイしてくれている。
今回の『マクロスモデラーズ』にも参加しており、アオシマらしいことは何をするのかと思えば、ガウォークにライドした美少女だ。
多分プラモデルになるのだろうが、まだ何もわからない。


美少女プラモデル道を突き進み、80年代中期を走り抜けたオジサンたちを呼び戻すかと思いきやヤングのハートと股間をガッチリ掴んだコトブキヤは、破竹の勢いで『フレームアームズ・ガール』を展開する。
フレズヴェルクはスク水+ヘソモールドという、変態嗜好まっしぐらの造型をプラスチックでもって成し遂げている。
アニス先生もびっくりの圧縮おっぱいというのもまた、ストレートな変態性を増幅させている。


猫耳ロリを発表したかと思えば、オプションにバイクを持ってくる。
可動フィギュアとバイク、誰しも思いつくそのコンビネーションにモデラーはどう立ち向かうのか。


ところでアーンヴァルには色がつきました。
前髪とバイザーで眉毛が隠れて表情が怖いのも、オリジナルから変わらないですね。
未だ発売未定です。


ストラーフも変わらず不敵な笑みを浮かべます。
Blu-rayBOX購入特典は、どうなってるんでしょーネ。


各メーカーが「全身像」としてのフィギュアを展開するなか、マイペースなバンダイは好評のフィギュアライズバストに無双の技術をもってして売場を席巻する。
キラ・ヤマト発売時より言われる「目のインジェクションがすげえ」はあくまできっかけのひとつに過ぎず、それだけではなくバンダイ25年のいろプラノウハウが活かされている。
タンクトップの胸のシワ、腹筋、パーカーの流れまで「これがプラモデルである」ということを忘れさせる。


パーツ差し替えで、トレーニングスタイルというか、痴女スタイルに変身する。


オタクは喜んでましたけど、このフミちゃんの衣装ってターゲットであったであろう小中学生からしたらどうだったんでしょうね。
精通したんですかね。


シャドウと簡易塗装で立体感を増した完成見本、これをプラモデルとして見る者は少ないだろう。
PVC完成品のような出来栄えだ。


フィギュアライズバスト、Aquasのメンバーも展開されます。
『ラブライブ!サンシャイン!!』に全力です。
今回展示されたものは、目がデカール貼りか印刷されたものだったので、これから更に良くなるのでしょう。


“組み立てフィギュア”という戦い方で、“プラモデル”という単語を減らして新規顧客獲得を狙っているのだろうか。
ディズニープリンセスのお城を組み立てる“キャッスルクラフトコレクション”もそうだが、汗とシンナーの匂いが充満した模型屋にすこしシャンプーの香りがするかもしれない。
もしくはシャンプーのにおいがするお店にプラモデルが置かれる日が近いかもしれない。


デフォルメイラストを忠実に再現した“ぷちゅあらいず”シリーズも、ツール不要で組み立てられるフィギュアとして発売される。
各学年ボディ1つに対して頭が3人分、差し替え手足がそれぞれ付属という、3人並べるために同じパッケージを3つ買う必要がある、鬼畜でしたたかな売り方をする。
販売店はそれを見越して数を入れるのだろうか。難しい判断だ。


ながらくプラモデルは男の子のホビーとして君臨してきたが、それを後押しするように美少女フィギュアを組み立てるスタイルが台頭している。
美少女(ひとがた)を組めるということは、当然男性も作れるわけで、もっといえば怪獣だろうが動物だろうができるのではないだろうか。
できることから応用することで、ホビーを、模型を、プラモデルを始める入り口を広げられるだろう。


by kenji_szmr | 2016-09-24 22:15 | diary

24.09.16-A

第56回 全日本模型ホビーショーに行ってきました。
雨でしたが、自宅からオートバイで1時間くらいでビッグサイトにつきます。
高速道路乗るまでが渋滞でつらいですね中山競馬場あたりは。


はいってすぐのバンダイブース、まずは魂ネイションで攻めてきます。
メタルビルドの新作、ガンダムF91です。
F91のスラーっとしてスマートなシルエットは残ってるけど細マッチョになった今時っぽさ、嫌いじゃないです。


むしろこのスケッチと並ぶと違和感があるんではないだろうか。


ロボット魂フルアーマーガンダム。
増加装甲は外せます。フルアーマーガンダムなので。
他のMSVはプレバン限定だけどこいつは一般流通です。うれしい。3つ買える。


ガンプラ、『鉄血のオルフェンズ』のMSにピンと来なくて撮影したけどスルー。
RGビルドストライクガンダムフルパッケージが嬉しい。
エッジのダルさから、ほぼ製品版だろうか。


会場発表のMGジム・スナイパーII。
ロボット魂でもHGUCでも人気のジム・スナイパーII。
ブチ穴にディテールが追加されてうれしい。


へなちょこポーズのHGUC陸戦型ジム。
しばらく前に発売された陸戦型ガンダムとも、Ez-8とも違う設計のようだ。
ガーニャ・モリモトさんが大喜びであろう。


流れで隣のコトブキヤへ。
島田愛里寿ちゃん。
ロリコンのハートをギュッとつかみました。


ロリコンなのでローアングルで撮りましたが目当てのものは映りませんでした。


第2次ハートフル・タンク・カーニバルでも展示されていたミカ。
おっぱいがでっかいです。
継続制服の縦縞、危険です。縞パンでケツの形を際立たせる効果と同じです。


3つくらいほしいです。


プラッツからは、新金型でIV号戦車D型が。
パーツ分割はハセガワの1/72シリーズほど大雑把でなく、ドラゴンほど多くなく、というところか。
ロードホイールと履帯が軟質樹脂で一体成型なのと、サスペンションがシャーシにくっついてるのが面倒さを減らしている。


そして1/72センチュリオンMk-I。
ならいっそIV号もH型改でよかったんじゃなかろうか。並べたとき違和感あるだろうぅ。
1/35でもセンチュリオンやってくれるそうなので楽しみです。


ウレタンキットも続々でます。
知波単学園の皆様です。


カチューシャとクラーラです。
これでカチューシャは3つめになります。
ロリコンがいるんでしょうか。


1/35ケッテンクラートに乗せられる優花里とみほのセット。
ミリタリーワークス集の表紙がモチーフでしょうか。
あれは、タンクジャケットじゃないですが。


マックスファクトリーの1/20カチューシャ&ノンナ。
ロリコンでデカパイ好きなので、これでPLAMAXデビューできます。



by kenji_szmr | 2016-09-24 21:05 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.03.22
at 2017-03-22 18:31
ボココレクション
at 2017-03-21 23:15
ストライクウィッチーズのフィ..
at 2017-03-21 18:36
17.03.15
at 2017-03-15 22:39
17.03.14
at 2017-03-14 20:44

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ファン