2016年 11月 26日 ( 1 )

26.11.16

夏に免許を取って、YAMAHA WR250Rを8000キロ以上乗っている山男にツーリングに誘われたので、夜明け前に家を出る。
愛車にかけているカバーが凍っていたので、ここで一つツラい。
二つ目のツラさ、やはり早朝の首都高。まるで冷凍庫の中を走っているようだ。

POWERAGEの防寒具のしたにワークマンで買った防寒インナーとヒートテックエクストラウォームを着ても、寒いもんは寒い。
グローブも二重にしてみたが、やはり手が冷える。指先がガンガン冷えていく。
集合場所の平塚PAについた頃にはもう、身体は冷え切っていた。

PAで足用カイロを買って、峠攻めに備える。
土曜日の早朝だというのに、平塚PAにもターンパイクにもおじさんライダーたちがたくさんいた。
人生には、やはり、オートバイが必要なのだろう。車では得られない風と自由がある。


先日の降雪もあり、ターンパイクは冷え切っていた。
路肩に雪は溜まっていたし、標高があがるごとに霧が濃くなった。
そう、まるで我々をアイアンキングにでもするかのようだ。


ターンパイクから伊豆スカイラインに入り、十国峠レストハウスで一休み。
『ばくおん!!』ごっこをする20代後半の山男がいたりしたが、31歳のわたしは冷静に富士山を見ていた。
ターンパイクの霧はもうどうしようかって感じだったが、十国峠は快晴。伊豆スカイラインも気持ちよく走れた。


富士山です。


日本です。


きょうのツーリングの目的は、峠攻めだけではない。箱根スカイラインをひたすら下ってそのまま下田へ向かい、海鮮丼を食べることだ。
金目鯛丼、これでもかというくらい金目鯛が主張してわさび醤油をかけてバシッと美味い。
上品な見た目に反してワイルドな味わいがある。


下田でメシ食ったあとは、海が見える露天風呂で身体を温める。
早朝から冷え切った身体が復活する。
大島を展望しながらの風呂、シンプルに評価して最高です。

風呂のあとは国道135号線を走って、夜の海を見る。
そんなホモデートも、うさんくさい中華インカムを使って快適になった。ペアで1万円以下のわりに10時間近い通信が可能で、音も悪くない。
おしゃべりしながらツーリングというのは、女子高生気分で楽しめるのだ。


本日の走行距離 450.1km
CB250F総走行距離 6999km


by kenji_szmr | 2016-11-26 21:34 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.24
at 2017-06-24 22:48
17.06.23
at 2017-06-23 22:25
17.06.22
at 2017-06-22 21:24
17.06.21
at 2017-06-21 18:18
17.06.13
at 2017-06-13 22:52

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン