カテゴリ:diary( 472 )

17.11.14

a0207595_22515497.jpg


『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』と『BRAVE STORM』を二本立てで見てきた。
『ごちうさ』は映画でナニやるんだろうというのが興味深かったのだが、TVシリーズ同様、ゆるふわ系の日常にキャラクターが話しを動かす、とても心がぴょんぴょんする内容だった。
わたしも、皆口裕子声のお母さんで茅野愛衣声のお姉さん、佐倉綾音声の妹がいるパン屋なら、携帯電話がつながらない山奥でも毎日パンを買いにいくだろうて。

『BRAVE STORM』は『シルバー仮面』と『レッドバロン』を組み合わせた特撮映画で、どちらかといえばシルバー仮面ファンに嬉しい映画だったのではないか。
チグリス星人、キルギス星人、そしてシルバースーツ。「いまどきの実写ヒーロー映画の流行り」をふんだんに取り入れ、もう見ているこちらが恥ずかしくなるようなデザインやアクションを見せてくれる。それが魅力の一つ。
シルバー要素にハズせないスペクトル眼鏡がはやり活躍するが、あのカタチであること、常時使っていればそんなことにならないであろう展開など、すこしユルいところもやはりシルバーの力を使った結果か。

レッドバロンにも非常に「いまふう」が取り入れられ、『パシフィック・リム』や『アイアンマン』がなければこのギミックはないだろうという迫力ある活躍が見ることができた。
テレビ番組としてわかりやすく「アタック!」や「ファイトレバー オン!」など入れるオリジナリティは無いし、レッドバロンに対してブラックバロンというのは、いまこの時代、悪役が黒いだけという安直な悪役にしても、やはり直球すぎる。
「地球の未来」や「正義」など、「大人の鑑賞にも堪える映画」では避けたいような言葉も、最後の最後にもってきて、申し訳程度に特撮ヒーロー感を持たせている。

そもそも『シルバー仮面』と『レッドバロン』の最強タッグであるところに、まぼろしの緑もとめて幸せを知らぬ男が走るような、そんなラストに『To Be Continued』と言われたら、それはどんなカタチであれ続編を期待してしまう。
春日兄弟の絆、レッドバロン誕生の秘密、雑なタイムパラドックス、様々な現代映画の影響をうけたオリジナリティの低さやチープさ、それがすべて最大の魅力であり、特撮ファンに「これくらいでいいのか」を提示しているようにも感じられる映画ではあるが、むしろ、そのすべてのバランスがよく、いいとししたオッサンが子供の頃好きだったお子様ランチの味を少し濃いめにした大人定食を食べたような、そういう嬉しさのある一本ではある。
MX4Dは霧吹きで眼鏡が塗れて見えなくなるので、もっと普通に見たい。料金高いし。

春日はるか役/山本千尋と、春日ひとみ役/壇蜜は姉妹としてはアレなんだけど絵作りとしてはインパクト抜群でよかった。
往年の特撮ヒーローをリメイク(リブート)した企画は近年様々あったが、ほどほどのエンタメ性とオリジナルへのリスペクトが詰まった意欲作だったと言えるだろう。
あるいは、非常にカネのかかった同人誌か。


by kenji_szmr | 2017-11-14 23:30 | diary

17.11.08

秩父の旅館、旦那の趣味全開のガレージがあるのでけっこう面白い。
ザ☆田舎のガレージって感じが強い。
a0207595_20164967.jpg


有名なのは旧秩父橋で、新秩父橋は映画のキービジュアルで近い場所が使われ、秩父を縦断するこの秩父公園橋、この橋をわたると旅立ちの丘などで有名な公園がある。
もっと秩父にいることができれば、こういう場所も回ってみたいが、それもしばらくないだろう。
a0207595_2017136.jpg


芦ヶ久保から正丸峠、名栗へ走って有間ダム。
名栗湖を眺めながらすするうどんの美味いこと。
中華ちまきも絶品。
a0207595_2017313.jpg


有間ダムから南下、奥多摩に向かって1時間ほどで、白丸調整地に到着。
きょうもトレッキングマン/ウーマンたちが白丸駅から歩いてきたり、魚道前の駐車場に車をとめて湖畔へハイキングへ向かっていった。
a0207595_20171259.jpg


どうにも高所恐怖症のようで、実はダムの堤防から下を見たりするのがすごく怖い。
魚道への螺旋階段を降りるにしても、ビビりながら一歩ずつ。
a0207595_2017545.jpg


魚道はなかなか見られることがないので、貴重な写真を適度に撮影してきたが、この、いつショッカー怪人が出てきてもおかしくなさそうな一枚くらいしかブログには掲載できない。
a0207595_2017682.jpg


前回のように、水は透き通っていなかった。
a0207595_2017913.jpg


白丸魚道からまた、山梨方面に向かって山梨県最後のダム、深城ダムへはやはり1時間ほど。
道を間違えて大菩薩ラインに入ってしまったら、ほったらかされにいくしかなかったが、今回はとにかくダムが目的だ。
無事、2日で全ダム制覇となった。
a0207595_20171628.jpg


ここもインターホン鳴らすと自動でカード出してくれる箱が設置されている、フューチャーダムだった。
で、山梨県はダムカード6枚揃えるとSPLなコンプリートカードがもらえるのだ。
勝ったなガハハ。
a0207595_20171451.jpg


奥多摩から走ってきて、これまたながい松姫トンネルを抜けて、ちょっとカーブを抜けるといいー景色でね。
a0207595_20172624.jpg


国道139号を走って大月インターへ向かっていると、「強歩大会」と呼ばれる文化的なイベントが開催されていて、地元の高校生が左側を歩いていた。
たまにみる子ら、しんどそうにしてたりせっせと歩いていたり、さまざまな個性が見られた。

無事に山梨を制覇したが、水の旅人はまだまだ先を目指さねばならない。
まだ本栖湖も河口湖も諏訪湖も見ていないのだ。

アイシャルリターンだ。
by kenji_szmr | 2017-11-08 20:50 | diary

17.11.07 埼玉編

広瀬ダムからさき、雁坂みちを登って有料道路の雁坂トンネル(日本で二番目に長い)を登って下って、秩父方面へ。
国道140号のすこし怖くて狭い道を通って、二瀬ダム。
ダム堤防は相互通行で、すこぶる長い信号が経験できる。谷底っぷりがすごいのでここはもっとはやい時間に来ていいだろう。
a0207595_1936312.jpg


浦山ダムは観光地としてのアピールが激しく、資料館ではダムマンガや、ロケをしたドラマの出演者によるサイン、さらにはダム写真館なども。
やはりここも、あかるいうちに来れば県道73号あたりから堤防を見上げるようなこともできたろうか。
あるいはライトアップを見るためにあえて夜、挑むか。それはまた、もうすこし暖かくなってから。
a0207595_1936623.jpg


さて秩父、秩父といえばあのアニメが2本もあるのだが日が暮れた秩父の町に彼女たちの姿はなく、そういえば春に来たときにも彼女たちを見に来たような人らもいなかった。
あのときは雨だったからか。
さて、今回は5年前に宿泊した旅館にまた泊まった。
a0207595_1936815.jpg


アニメのポスターも変わらずあり、それでいてもあまりアニメファン様ようこそ、という雰囲気ではなく落ち着いて一泊できた。
荒川を眺めて浸かる温泉も、夜になればなにも見えないさ。
a0207595_19361044.jpg



by kenji_szmr | 2017-11-08 19:57 | diary

17.11.07 山梨編

11月ともなれば、八ヶ岳あたりは氷点下をくだるそうだ。
それだけ空気が澄んでいるということでもあり、早朝は富士山のシルエットがバシっと見られる。
それを撮れるカメラとレンズもすばらしい。
a0207595_1826046.jpg


いつも通りの時間に目が覚めたので、朝飯をたらふく食べて、朝風呂できょうの身体を作る。
乙女山から流れてくるさわやかな朝の空気をいっぱいに吸い込み、大門ダムへ向かう。
山梨の山、なかなかいい。ゆったり走れる。
a0207595_1826322.jpg


紅葉の道の先に、大門ダムはある。
下から見たり、堤防の上には行くことができない。
a0207595_1826620.jpg


清里の大自然ですね。
a0207595_1826832.jpg


大門ダムからオートバイで30分ちょっと、塩川ダム。
トンネル抜けたらそこは堤防。
展望台まで行けばよかったですね。
a0207595_18261132.jpg


山梨は、中自動車道が横断しているが、そこから北側に集中している。そしてさらに縦に並んでダムが点在しているため、山を登って降りて、次のダムにはまた登る、という次第だ。
山を縦断する道も少なく、たまにある昇仙峡ラインやクリスタルラインは、ダムを目的としなければ完全制覇することができる絶好のツーリングスポットである。
そんな昇仙峡ラインにある御嶽山 金櫻神社。みどころは春だそうだ。
a0207595_18261373.jpg


金櫻神社から富士山を見ることもできます。
a0207595_18261623.jpg


さて荒川ダム、事務所入口のインターホンを押すと、ライブカメラで見られているらしく、なにか自動的な装置が動いて箱からカードが出て来るカラクリが設置してあった。
受付にホイっと置いてあるよりはいいのだが、なにかこう、エンターテインメント性とレトロフューチャーが感じられる。
面と向かって受け取ることができないことは、ちょっとびっくり。
a0207595_18261778.jpg


ひさしぶりに天気に恵まれたツーリングで、荒川ダムは最高の撮影スポットとなった。
湖面に反射する山、取水塔、
そして紅葉。
a0207595_1826326.jpg


琴川ダムは、なんだか本当に山奥にある。
ここで気づいたが、自動車でダム巡りをしている老夫婦が多い。
静かでのどかな場所、そうシンプルに評価することでダム巡りは老後の旅のベストマッチなのだろう。
a0207595_18263649.jpg


堤防からこういう景色を眺めるのだ。うん、最高。
a0207595_1827452.jpg


広瀬ダムに向かう途中、遅めの昼飯を食べるために寄った道の駅「まきおか」で見かけたピョン吉達。
春に秩父から雁坂を抜けたときに「みとみ」で見たのと同じヤツだ。
たぶん、あちこちにいるのだろう山梨県。
a0207595_18271158.jpg


さて広瀬ダムも、ロックフィルダムである。
a0207595_18271411.jpg


日が傾きはじめた頃の、紅葉が映える景観。広瀬湖も輝いている。
a0207595_18271769.jpg


逆光は勝利。
a0207595_18272040.jpg


そして、ここにも老人たちが集まる。
たまにライダー集団だ。
a0207595_19195115.jpg


後半、埼玉編へ続く。


by kenji_szmr | 2017-11-07 20:25 | diary

17.11.06

18時に仕事を終え、秋葉原を出発。
代官町から首都高に乗って中央道に向かう。
外国人要人警護のため、あちこち渋滞していた。

中央道は、朝乗って八王子か相模湖で降りることが多かったが、夜の下り線は明かりも少なくまあ怖い。
また、笹子トンネルを抜けたらグッと気温が下がった。
山梨の洗礼である。

長坂ICで降りると「一流の田舎まち」と、フェンスに書いてあった。山梨は奥が深い。
八ヶ岳ちかくのホテルで一泊。チェックイン時、手が悴んでうまく名前が書けなかった。
トレッキング用品貸し出していたり、売店にモンベルが置いてあったりと、夜の八ヶ岳を満喫。


by kenji_szmr | 2017-11-06 22:40 | diary

17.10.24

オイル交換しようと、CB250Fのリアカウルを外そうとしたら、ネジが一本、千切れた。
千切れたネジは錆びて固着し、フレームから外せない。
どうしようもないのでオイル交換だけやって、ホンダに持ち込んだのが2週間前。その時点でエンジンから異音がしていたのだが、ネジが一本とまってないカウルの振動音だと思っていた。

ホンダはネジもフレームも在庫していないので、取り寄せてもらってきょう、あらためてホンダに持っていく。
自宅からホンダまで、やはり異音がしていた。
ねじ切れたビスの交換ついでに、エンジンも見てもらうことに。

すると、異音の原因がわからないので一度ぜんぶバラす必要があるって。
工賃もろもろ10万コースと言われてうわーってなって、オイル交換してから異音がしてるというと、はい、フィルターの向きを間違えていてエンジン内にオイル回ってなかったそうだ。
いやそれで行って帰って行っての道のり30キロ弱動いたな。すげえなホンダ。

フィルターの向きを正しくして、とりあえず異音はおさまったので軽く走りにいくことにする。

相模湖だ。
a0207595_2158987.jpg


先日の台風の影響で、湖面はドロドロ、まるでカフェオレだ。
a0207595_21581173.jpg


釣り人もまばらだ。
a0207595_21581357.jpg


あまりキレイではないが、こういうタイミングでしか見られない光景は貴重だとしておこう。
a0207595_21581619.jpg


前回もらい忘れたダムカード、なんと10月下旬から更新されていて、さらに70周年記念カードも配布していた。
a0207595_21581835.jpg


相模湖は、なんでも、力強い。ビーフカレーは食べなかったが。
a0207595_21582086.jpg


相模湖から国道412号を南下して、相模川へ向かい、寒川取水堰のカードも受け取る。
平日の夕方だが、神奈川県水道記念館は寒川キッズたちで賑わっていた。
おれが小学生の頃、よくあそびに行った児童館を思い出す。そういう、施設なんだろう。
a0207595_21582224.jpg


これで神奈川県のダムカードはコンプリート。
つまり、千葉と神奈川県をコンプリートしたのだ。
次は東京都の残り、白丸ダムのカードだが、魚道開放日の明日、奥多摩は雨。オートバイで行く気になれないので11月だが・・・路面がウェットどころでなくフリージングで死なないだろうか。
a0207595_21582425.jpg



by kenji_szmr | 2017-10-24 22:40 | diary

17.10.04

東京都のダムカードは奥多摩湖の小河内ダムだけだと思っていたのだが、今年の春から白丸ダムでも配布開始されていた。
ダムの数だけカードが増える可能性がある。非公式カードもある。
いつまでも終わらない旅である。

白丸は国道411号、青梅街道沿いに佇む静かなダムだ。
奥多摩湖から流れてくる多摩川の水が蒼く輝く溜池は、静かな山中に響く青梅線の走行音と重なり不思議な静寂を作っている。溜池ではボート(カヌー?)で遊ぶ人たちもいる。
カード配布場所の白丸魚道は週末か、でもなければ平日は月に数回しか空いていないので私のような平日休みのサラリーマンにはカードを手にする機会がなかなか難しい。また近いうちに行こう。
a0207595_21364769.jpg

a0207595_21365115.jpg

a0207595_21365514.jpg

a0207595_21365793.jpg


水面下の木が透けて見えるのがわかるだろうか?
a0207595_2137032.jpg


湖面に反射したダムも美しい。
a0207595_2137322.jpg


白丸ダムからほどない場所にある、奥多摩湖の小河内ダム。
きょうは快晴といかず、気温も低かったのでしんみりした写真になってしまった。
また、水曜日はカード配布場所の「水とみどりのふれあい館」は休館日なので堤防にある展望塔でカード配布されていた。塔の守衛さん、いちどカードをくれたあと、塔の中を見学したあとに降りてきたら「限定版カード」をくれた。まるでRPGの隠しアイテムのような渡しかただが、嬉しい。
a0207595_2137528.jpg


ダムを見上げる位置には、関係者以外立入禁止となっているので展望塔から見下ろす。
なかなかの景色だろう。
窓ガラスがなければキンタマが空に消えていた。マクロスの重力制御システムみたいにさ。
a0207595_2137735.jpg


青梅街道にはツーリングマップルおすすめの食事処がめちゃまくってるのだが、ちょうど腹が減ったタイミングでめについた「シカ肉定食」に惹かれて入った丹下堂。
メシと風呂が合体したお店だ。
奥多摩でシカが名物とは知らなかったのだ。
a0207595_21371870.jpg


入店し即、シカ肉定食を注文。
ほどなくして固形燃料式の一人用コンロ(なんか名前あるの、これ?)にのったシカがやってくる。
真っ赤な肉からグツグツ煮込んでいって、程よくなったら裏返す。これをセルフでやる楽しみ。
a0207595_21371398.jpg


数分で食べごろに。
ちょっとレア気味にやると絶妙に美味い。
シカ肉大好き。マツタケみたいに美味い。
a0207595_21371599.jpg


鹿肉で腹いっぱいになったあとは、奥多摩周遊道路を通って八王子経由で千葉に戻ろうと思ったら、銚子の悪いUSBソケットを預けていたバイク屋から電話。
メーカーに検査してもらったが、異常なしということで戻ってきたというのだ。
再取り付けを後にのばすと面倒になるので、月夜見第一駐車場でUターンしてまた青梅街道を走って青梅ICから圏央道に乗って、埼玉のほうを回って柏に帰った。
a0207595_2137103.jpg


異常なしとして戻ってきたUSBソケットだが、やはりケーブルを差し込んでイグニッションしても「このアクセサリーは使用できない可能性があります」の表示がでる。
ケーブルを抜いてまた刺し直せば充電できるが、それも途切れ途切れになったり、同じ表示がでて充電が止まる。
しばらくは長距離ツーリングの予定がないので、だましだまし使って、今年いっぱい駄目なら見切りをつけるしかないだろう。相性が悪いのだ。

きょうのツーリング、白丸ダムカード配布日時の下調べミスとか、iOSをアップデートしたらヤフーカーナビの音声ガイドが流れると同時に音量が小さくなってナニを言ってるか聞こえなくなったり、前記した充電の不具合が直らなかったりと、ちょっとコケたような気持ちで終わってしまった。
旅は思いつきで出るのもいいのだが、目的を無駄足にしないようにするのも必要だろう。
こんどは神奈川でもらいはぐってるカードをなんとかしにいかねばね。


by kenji_szmr | 2017-10-04 22:33 | diary

17.09.19 後編

丹沢湖から南に向かい、東名高速道路の下をくぐり、神奈川県道147号を西へ。
途中、山梨県の県境を越えて山梨県へ。
県道730号からの中山湖と富士山。
a0207595_2311226.jpg


県境あたりは少し寒かったので、昼飯がてら石割の湯で休憩。
a0207595_232199.jpg


せっかくなので富士山カレーをいただく。
a0207595_23221100.jpg


石割の湯で身体をあたためて、仮眠とって気分がスッキリしたので道志みちを走って神奈川へ戻ることにする。
道志みち、聞いていたとおりの快適なツーリングコースだ。
生活道路なので、住民の方々の迷惑になってはいけないが。

道志みち、道の駅にて。
ここもオートバイ用のパーキングスペースがひろびろとしているので、ありがたい。
a0207595_2322246.jpg


道志みちを抜けたところで、いい具合に日が暮れてきたので帰路に・・・
と、そのまえに相模湖を見ていこう。
相模ダムもあるし・・・

相模湖にて。
a0207595_2322430.jpg

a0207595_2322878.jpg


石割の湯で買ったふじやまビール ピルス。
苦味と甘みのパーフェクト・ハーモニー。
飲みやすくて、1リットルすぐに飲みきってしまった。また買いにいこう。
a0207595_2322919.jpg


そう、また神奈川ダム巡りはあるのだ。今日は結果的に下見になってしまった。
寒川取水堰のカード、玄倉ダムと熊木ダム、そして相模ダムまでいったのにカードもらい忘れている。
まだまだなかなか、神奈川はおれを離してくれない。


by kenji_szmr | 2017-09-19 23:03 | diary

17.09.19 前編

8月に神奈川の東側のダムを見に行ったが、西の方は時間切れでまわれなかった分をとりにいく。

相模川 寒川取水堰。
カード配布場所の神奈川県水道記念館、本日は休館日のため、カードはもらえず。
また来るさ。
a0207595_2258562.jpg


河川敷の猫。
a0207595_2257525.jpg

a0207595_22584719.jpg

a0207595_22585099.jpg

a0207595_22585212.jpg

a0207595_22585310.jpg

a0207595_22585493.jpg


すぐ近くの獅子の遺跡。
a0207595_2258591.jpg


三保ダム。
まったり系ダムで心地よい。
丹沢湖もまったりしていていい。
a0207595_225929.jpg


玄倉ダム第一発電所。
a0207595_2259667.jpg

a0207595_225986.jpg

a0207595_22591013.jpg

a0207595_22591334.jpg


玄倉ダムと熊木ダムへの道は車両通行止め。ダムへは歩いていくしかないのだが、ハイキングコースというにはすこし、こうヤマノススメ後半戦くらいの練度が必要に思える。
いっそ、丹沢湖キャンプついでにやるしかないか。
熊木ダム第一発電所と一緒に自分が写っている写真を三保ダム管理事務所で見せればカードはもらえる。しかし到達していない場所のカードを持っているのはいかがなものか。いつか挑戦しよう。ちかいうちに。
a0207595_8295268.jpg

a0207595_2259154.jpg


丹沢湖。
玄倉ダム第一発電所手前の橋を渡って、すこし不安になるゲートから一方通行の周遊道路に入れる。
湖畔を半周して三保ダムまでもどってこれるルート、車でも自転車でも、歩いても気持ちよさそうだ。
a0207595_22591786.jpg



by kenji_szmr | 2017-09-19 23:00 | diary

メカコレクション ウルトラホーク1号 α・β・γ 後編

パーツが少ないキットであれば、それはすぐに作ってインスタントに満足する。
長年プラモデルを趣味にしていると、時間をかけてじっくり作り込むことへ楽しみを覚えるか、あるいはそれが「向かない」と気づいてそこからさらに分岐して「作らなくなる」か「時間をかけずに数をこなす」方向に行くのではないか。
私は後者の後者になりつつあるので、今回のキットもバッと作って仕上げとした。

本体の銀色は、以前買ったタミヤカラースプレーのシルバーメタルでベタ塗り。
他の色分けはキット付属のデカール。
γ号の黒いパーツは、デカールでやるにはやや辛い場所と考えて、ストックしていたMSファントムグレーで塗った。
a0207595_1439314.jpg


α号。長い。垂直尾翼はγ号と合体したときにデカールがハゲた。
棒の中央あたりにある凹みにβ号のピンを繋いで固定する。
曳光弾発射装置は取り付け選択式。
a0207595_14393471.jpg


β号。小ぶり。
本体をイナズマのように貫く黄色い線が特徴的だが、裏側のデカールをしくじってしまった。
正面のエアインテークの黒もデカール再現になっている。
a0207595_14393514.jpg


γ号。これだけならぽっちゃり系に見えるが、合体するとこれがないとシマらないニクいヤツ。
幅広の青い面もデカール再現で、その上にウルトラ警備隊のマークを重ねる仕様。
左右のマークの位置がいまいちだけど気にしないゾ。
a0207595_1439363.jpg


α・β・γが合体して完成するウルトラホーク1号、前編でも書いたとおりヒロイックな機体である。
各機のマーキングも、合体するとそれぞれを主張しつつ全体を引き締める。
銀のボディにトリコロールのペイントが、非現実さとSFメカ感、そして玩具っぽさをそれぞれバランスよく仕上げている。
a0207595_14525734.jpg


さて、本キットを「オモチャ」と見るならどう考えるかであるが、総評としてこれは満点を出せる「オモチャ」ではないだろうか。
まず価格、箱のサイズだけで考えたら割高とも思える500円という定価は、つまりワンコイン、ちょっとオモチャ売場で見かけたら買えるものだ。
また、3機揃えても1500円でかつパッケージも完成後もコンパクト。これはお父さん(もうおじいちゃんでもいい)世代から、私のような独身でも、またゼロからセブンを知ったチルドレンにも勧められる手軽さがある。
a0207595_14564850.jpg


今回、本体をスプレー塗装したが成型色でも十分銀色をしているし、ウェルドラインを無視すればデカールを貼るだけでカラフルな模型として完成する。
a0207595_1515112.jpg


合体機構の都合、スレてデカールが剥がれてしまうこともあるので本体塗装は極力薄く、そしてデカール後はトップコート推奨となるが、それは楽しみ方の一つである。
a0207595_1515787.jpg


パネルラインなんてヤボなものがないので、スミ入れという工程がほぼ必要ない。
a0207595_152784.jpg


β号の腹、一度貼った黄色いデカールを乾燥前に触ってしまい崩れた。ここは、別パーツになっているので貼ってから組んでもいいのかもしれないね。
a0207595_1521074.jpg


βとγは、βのケツの突起とγの顔の穴をジョインするようになっている。合体後のαとγのノズルがバシっと集まるこの後姿もまた、ウルトラホーク1号の魅力のひとつだろう。
a0207595_1521485.jpg


いまどきのデカールはそうそう透けるようなこともないが、メカコレ付属のそれはコシがあって平面に貼りやすい。が、曲面に巻いたり折り返したりと、やや立体的な貼り付けを要求される。
マークソフターをうまく使って仕上げよう。
a0207595_1521228.jpg


メカコレクションは何もかもが手軽、インスタントに付き合えるなかにも上級者には考える余裕も持たせるような、そういうプラモデルである。
そんなシリーズでも幅広い世代にに人気でかつギミックも強いウルトラホーク1号のバラ売り版は、夏の終わりにバンダイがくれた秋の夜長を過ごすための遅い夏休みの宿題と言えるのではないか。あるいは締めくくりか。
パッケージは多くを語ることはないが、手にして、組み立てて、考えることでわかるこのキットの暖かさ、懐の深さは長年プラモデルをやっているひとでも、久しぶりにプラモデルをやってみようという人でも、むしろこれが初めてのプラモデルでもいいだろう。
a0207595_1522035.jpg


ところで、パッケージ内のどこにも「デカールの貼り方」書いてないよね。


by kenji_szmr | 2017-09-13 15:36 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.11.14
at 2017-11-14 23:30
17.11.08
at 2017-11-08 20:50
17.11.07 埼玉編
at 2017-11-08 19:57
17.11.07 山梨編
at 2017-11-07 20:25
17.11.06
at 2017-11-06 22:40

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン