カテゴリ:diary( 483 )

18.01.23 part.2

イタレリの1/24ランチア・ストラトスHFがプラッツ流通で日本にはいってきたので買ってきた。
やったね、新しいランチア・ストラトスだ・・・と思ってハコを開けるとそこには。
パーツは少ないけど必要最低限は再現してるし、まあまあボディもこんなカンジで割るよね、バリ取りがんばらなきゃ、ってものがでてきた。

▽ちょうカッコイイ市販車仕様なイラスト。
a0207595_2356259.jpg


▽フロントガラスのサッシに派手なバリ。
a0207595_23562960.jpg


▽ベンチレーターはグズグズ。
a0207595_23562943.jpg


▽ボンネットにダイナミックに「貼り付ける」フォグランプ。
a0207595_23563111.jpg


▽このために買ったといっても過言ではない、アリタリアなデカール。
a0207595_23563356.jpg


で、中身をよくよく調べるとESCIのキットでした。エッシーの当時はボディは黒い成型色だったようだ。
デカールもピレリーのようで、むしろアリタリアをイタレリが新規作成したのだろうか。
いやいや、これはこれで古いキットがまた流通するという模型らしい幸せを感じられるではないか。

一緒にハセガワのストラダーレを買っておいてよかった・・


by kenji_szmr | 2018-01-24 00:21 | diary

18.01.23 part.1

東京ガス新宿ショールームで開催中のパッチョ原画展にいってきた。
a0207595_17115738.jpg


▽ショールムの真ん中にドーン!と額縁で展示される、小桜エツ子声で喋るプリケツのクマ。
a0207595_1712080.jpg


▽古代からやつらは俺たちをあたためてくれていた。
a0207595_1712289.jpg


▽宇宙にだっていく。
a0207595_1712440.jpg


▽たまねぎを炒めるのにも、やはりガスをつかった火力が必要だ。
a0207595_1712668.jpg


▽この、表情豊かなクマがね。
a0207595_1712794.jpg


▽ともだちもケツをプリっとさせる。
a0207595_1712991.jpg


▽このぬいぐるみほしい。
a0207595_17121091.jpg


▽東京ガスのポイントためるともらえるそうです。ほしい。
a0207595_17121262.jpg



by kenji_szmr | 2018-01-23 17:37 | diary

18.01.17

午後から雨なら、オートバイはおやすみ。
きょうはプラモ。
朝のうちにブラッドサッカーにサーフェイサーをバシュっと。

▽ほどほどの処理でしっかりエッジが立っている。
a0207595_17475055.jpg


▽お昼ごはんはココス。
a0207595_17475241.jpg


▽ココスしたあとは塗装。黒はジャーマングレー、赤はブラッドレッド、銃やフレームは履帯色。
a0207595_17475486.jpg


▽ブラッドサッカーの仕上げはまた今度にして、シカゴから届いたマシンロボであそぶ。
  1個5000円以上と思うとすこしキツいが、10センチで変形とアクションを両立させているのは見事。
a0207595_17475632.jpg



by kenji_szmr | 2018-01-17 18:02 | diary

18.01.16

パッケージサイズが最高で、まして組み立てるといい塩梅のパーツ数と割り方でサクサク組めるWAVEのATシリーズ。
1/35スケールにまとめられており、PS版とST版でリリースされ、降着ポーズやコクピット再現か、あるいは純粋にATの模型を楽しめるバリエーション展開が嬉しい。
『ザ・ラストレッドショルダー』に登場したブラッドサッカーは、待望のインジェクションキットである。

パーティングラインの処理は、いいとこ肩アーマーとマシンガンくらいなもんで、後ろからみたときの膝関節の肉抜きを埋めてやればじゅうぶんでしょう。
思い切った割り切りも作っていて気持ちがいいのが、このシリーズの特徴ではないだろうか。
アーマードトルーパーがそうそうカラフルではないことと、デザインがシンプルなこともあり、色分け再現も申し分ない。さらにライトやセンサー類も別パーツになっている親切設計。

▽ある程度「ロボットのカタチをしたプラモデル」を経験している人であれば、waveのボトムズシリーズの優秀さがわかるだろう。
a0207595_2383599.jpg



by kenji_szmr | 2018-01-16 23:28 | diary

18.01.10

勝浦の朝市は、6時からということなので5時38分ちょうどに起床して、朝風呂。
身体をしっかりあたためて、宿を出る。
おかしい。

▽遠見岬神社前は、閑散としていた。
a0207595_22354410.jpg


▽時間を間違えたのかもしれないので、神社でお参り。これが初詣となる。
a0207595_22354037.jpg


▽山の上の神社から降りてきても、朝市らしい賑わいがないので、近くにいた猫と戯れる。
a0207595_22354572.jpg


▽NYANDERBIRDS ARE GO
a0207595_2235486.jpg


▽ヤツらは自由だ。決して馴れ合わない。
a0207595_2235477.jpg


勝浦朝市は、水曜定休日というのだ。
通りに近い場所に、そうやって看板が出ていた。
そう、朝飯は朝市でなにか・・と考えていたアテがハズれたのだ。

とりあえず近くの自販機で缶コーヒーを買って、腹をごまかしカフェインと糖分を補給して出発。

▽国道128号沿い、守谷海岸は渡島(わたしま)の鳥居。夏場は島に渡る道ができるそうだ。
a0207595_22354927.jpg


▽正月の寒いときでも、サーファーは波に立ち向かう。
a0207595_22355027.jpg


▽せっかくなので、行川アイランドで休憩。近くの小屋で誰かが作業していたが、何をしているのだろうか・・
a0207595_22355216.jpg


▽途中、清澄養老ラインで山成分を補給するが、このまま登れば亀山ダムのほうへ出て、海へ戻れないことに気づいたのでここで折り返し。まるっ。
a0207595_22355442.jpg


▽清澄寺近くの駐車場から。
a0207595_22355650.jpg


外房黒潮ラインから房総フラワーラインに入る。
やはり海に近いこともあり、強風が砂を運ぶ。
路面は砂にまみれ、スリップの危険と隣合わせに走る。

▽野島埼灯台も見に行きたかったが、オートバイを停めたらそのまま風で倒れそうだったので断念。
a0207595_2235581.jpg


▽洲崎灯台。房総最西端の灯台。
a0207595_223618.jpg


▽その見晴らしたるや、個人的に日本一。
a0207595_223613.jpg


洲崎灯台からは内房なぎさラインを通り、船橋へ戻る。

▽昼過ぎに道の駅「とみうら」に到着したので、びわカレーパスタ。甘くて美味い。
a0207595_2236419.jpg


▽房総産いちごシュークリームも食べる。甘い。
a0207595_2236623.jpg


▽富津は大貫あたりで気になっていた「郡ダム」に立ち寄り、あとは国道16号を北上して帰宅。
a0207595_22364085.jpg


トリップメーターをリセットしわすれていたが、だいたい350キロくらいのツーリング。
オートバイで出かけると、ついつい走ることに夢中になって、その土地にゆっくり居ることが少なくなってしまう。
まだまだ見たい千葉はある。


by kenji_szmr | 2018-01-10 23:01 | diary

18.01.09

18ヶ月点検ついでにエンジンの異音を点検してもらうために、ひとつき程預けていたオートバイが返ってきたので、船橋から出発してそのまま房総半島ツーリングに行ってきた。
9日から10日にかけての一泊二日、両日とも関東地方は快晴だが強風。
房総半島、海沿いをそんな時に走るのはバカのやることである。

▽九十九里浜。砂がバシバシ飛んできてヘルメットもジャケットもジャリジャリになった。
a0207595_2213418.jpg


▽砂塵の中でも、愛があれば彼らは平気なのだ。
a0207595_221347.jpg


九十九里横断道路は、2年前の夏は通行止めだったのだが、昨年末に開通したので、そこが通りたかったのだ。
が、海沿いと強風のダブルパンチ。レイバーが暴走しかねない風が俺を襲う。
遮蔽物がまったくない道路、二輪で走るのは転倒、あるいは対向車線へ流されるキケンがある。

▽太東埼灯台は、房総屈指の絶景スポットである。
a0207595_2213734.jpg


▽国道128号(外房黒潮ライン)を下り、御宿は月の砂漠。
a0207595_2213913.jpg


▽勝浦で宿をとることにしたので、いきがけに勝浦灯台に寄る。今日はゲートが開いていた。
a0207595_2214355.jpg


▽八幡岬から見える鳥居。現在は朝市で有名な遠見岬神社は、もとはここにあったのだとか。
a0207595_2214617.jpg


▽夕飯を求めて勝浦駅前まできたが、食べたかった担々麺は見つからず、ピンと来る飯屋がない事態に。
a0207595_2215695.jpg


▽腹が減ったが、勝浦市街地を徘徊。遠見岬神社。
a0207595_2215782.jpg


▽結局、土産物屋と間違えて入った焼き物屋でお好み焼きを。
a0207595_2215961.jpg


▽焼きそばもたべて、勝浦の夜は更ける。
a0207595_222187.jpg



by kenji_szmr | 2018-01-09 23:59 | diary

18.01.03

あけましておめでとうございます。
昨年は正月からインフルエンザくらって寝込んでましたが、今年は年末から鼻と喉をやられてしまって、あまり健康ではありません。
忙しくて体力使う時期にこういう病気が来やすいのはイヤですね。

▽タミヤのプラモデルを続けます。黒サフでボディを引き締めます。
a0207595_18251464.jpg


▽濃いめのダークアースを、下地の黒がやや透ける感じに、ぼんやり吹き付けます。
a0207595_18251541.jpg


▽履帯はガイアの履帯色をバシっと一発。履帯の銀はドライブラシでシャカシャカ塗りました。
a0207595_18251747.jpg



by kenji_szmr | 2018-01-03 18:31 | diary

17.12.27

ユニコーンガンダムを見にいったということは、つまりガンダムベース東京に行ったということである。
わりとどこでも手に入るガンプラも、あの店の、あの棚にぎっしり入っていればそれは嬉しくて、つい、また、コア・ブースターを3つも買ってしまい、ジャベリンを買い足し、水泳部も増やす。
1/100アッグガイは、『プラモ狂四郎』序盤で印象的なバトルを繰り広げたゲストキャラクターである。

▽買ってきたプラモをすぐ作る、寝かせるとやりたい気持ちが熟成されて終わらない。
a0207595_2134507.jpg


▽ゾゴックの顔が抜いてあったことが、いかに豪華な仕様だったかわかる。
a0207595_21345129.jpg


▽キットのままで可動式であることが「完成度の差」として描かれたムチ。曲がる角度も浅く、たしかに効果的ではない。
a0207595_21345173.jpg


▽タコを混ぜたソーセージ(酒のつまみに買ったが美味しくなかった)を連想させる腕のパーツ。もとから精度が悪いのか、金型にガタが来ているのかすりあわせは悪い。
a0207595_21345540.jpg


▽いつもどおり、塗らずにひたすら接着剤でパーツを貼り合わせてカタチを作って楽しむ、。セメントSPを流しすぎてしまい、左肩と左足首が動かなくなった。
a0207595_21345817.jpg


▽ダイナミックなパーツ割りだがシルエットは非常にキレイだ。これはキチンと仕上げてやれるものだろう。
a0207595_21345629.jpg



by kenji_szmr | 2017-12-27 22:05 | diary

17.12.20

映画を見て欲しくなった(作りたくなった、ではなかった)プラモデルは、間違いなくマークIV(メール)だった。
新キャラクターにして十分な活躍と、魅力的な搭乗員たちを見れば、おじさんはもうメロメロだ。
最寄りの模型屋に在庫がなかったので、ネット通販で注文した。

▽タミヤのプラモデルは、箱を開けてランナーを眺めるだけでもじゅうぶんに美味しいのだが、組んでみればもっと美味しい。
a0207595_17165343.jpg


▽こいつはモーターライズ仕様で後輪駆動でもりもり走る遊びがある。
a0207595_17165412.jpg


▽ボディ中央に電池BOXを設けることで、重心が安定しているようだ。むしろフロントが軽いから波濤を越えることができる。
a0207595_17165651.jpg


▽23口径6ポンド速射砲も流し込み接着剤を使ってバシバシ組んでいく。ゲートから切り離して崩れるようなパーツではない安心感がある。
a0207595_17165723.jpg


▽一日作業して、組み立ては完了。つぎの休みには塗装して仕上げよう。
a0207595_17165842.jpg


▽天板外せばパッケージに収納できる高さにもなるので、保管も安心。
a0207595_1717024.jpg



by kenji_szmr | 2017-12-20 17:48 | diary

17.12.12

土曜の夜に1回見たが、もう一度(いいや何度か)見たくなったので流山の映画館へ。
珍しくアーバンパークラインが柏から先、運転見合わせていたので常磐線と京葉線、つくばエクスプレスの振替輸送で流山おおたかの森へ。
たまにちょっと通過するくらいだと、南流山の駅前はいい。

『ガールズ&パンツァー 最終章 第一話』も、いい。
コトの発端がちょっと気にはなるのだけど、それが話の筋になるのか今後主役が変わるのか。
そして息もつかせぬ展開と、魅力的な新キャラクター。

なにもかも変わらぬガールズ&パンツァーでいて、更にパワーアップした最終章。
まず第2話が楽しみでならないが、本当にこれで終わりが始まってしまったのかと思うと、寂しい気持ちにもなる。
そんなセンチな気持ちよりもつよく、映画のあとはプラモデルが欲しくなるので柏の模型屋に寄ってみたが・・・

薄暗い店内はすっかり明るく、レイアウトも変わっていてスケールモデルコーナーがずいぶんしぼんでしまっていた。
ましてガルパンコーナーは店の一番奥で、「値下げしました」のポップが貼られたキットが俺を見ていたが、すまない、申し訳ない。
俺が欲しかったのはマークIVのシングルモーターライズだったんだが、売ってなかった。

▽欲しいプラモがなかったけど、なにかプラモ買って帰ろうという気持ちを満足させるために、これも値下げされていた1/100アッグをチョイス。
a0207595_17295031.jpg


▽箱をあけるとそこには、アッグが具体的に俺を歓迎してくれる。
a0207595_17295271.jpg


▽高性能流し込み型接着剤(Mr.セメントSP)を使うことで、3〜40分で組みあがる。
a0207595_17295480.jpg


▽一切塗装をしない、幼児プレイとでもいうか。何度も書いてるかもしれないが、古いキットを最新ツールやマテリアルでそのまま仕上げる楽しさが一番いま楽しいというか。
a0207595_17295880.jpg


▽ロボット魂ガンダムと並べて、まあいいサイズ。驚異的。
a0207595_17295841.jpg



by kenji_szmr | 2017-12-12 18:29 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

コトブキヤ ガールズ&パンツ..
at 2018-01-24 00:46
コトブキヤ ガールズ&パンツ..
at 2018-01-24 00:32
18.01.23 part.2
at 2018-01-24 00:21
18.01.23 part.1
at 2018-01-23 17:37
18.01.22
at 2018-01-22 21:25

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ファン