カテゴリ:diary( 424 )

29.12.16

映画鑑賞に対して熱心でないわたしは『パシフィック・リム』公開当時、まったく気にしていなかった。
それでも映画館に足を運んだのは、友人の勧めがあったからだと記憶している。
「太平洋からやってくる怪獣を相手にロボットが戦う実写映画だ」と紹介されれば、ボンクラ(おたくとかそういうのとは、違う、実年齢の割にガキんちょのようにはしゃげるタイプ)にとってたまらない一本だ、と。そう革新した。

映画は案の定ボンクラが大喜びする内容で、しかしこれをもう日本でやれる世界がないことに落胆もした。映画界の環境のちがいはどうしようもないのである。
映像から「恥ずかしい」がまったく排除されていて、監督の本作への自信を観客として全力で受け止めることができるような、共感できる部分の多い内容だったといえるだろう。
ロボットが好きか、といわれたら決してそれがすべてではなく、要素としてのロボットであり、ロボット(イェーガー)が存在することで成り立つ世界を大スクリーンで体感できたということは、31年の人生のなかでとびきりの時間の一つだろう。

そんな『パシフィック・リム』は日本国内のコアな盛り上がりに反して商品化は恵まれているとはいえない。
海洋堂のカプセルトイや、ネカの輸入トイがいいところだろう。
バンダイからアクションフィギュアやプラモデルが発表されることはなかったが、作りたいものをしっかり作って商売している模型メーカー、マックスファクトリーからついにチェルノ・アルファがリリースされた。

スケールは1/350、完成後のサイズは20センチを超える。
設計はダグラムシリーズも手がけているT-REX TOYSとなっており、組み立てやすさは抜群である。
20センチのロボットプラモデルに詰め込まれた息切れしないパーツ構成はガンプラが面倒だと感じる人間ですら感動するダイナミックでわかりやすくなっている。


ランナーの中に封じられたパーツは、たしかにそれはチェルノ・アルファの部品である。
劇中、アングルや影の影響で見られなかったディテールもオモチャであるプラモデルならではの再現がされ、知ることができる。
細かい色分けの必要がないデザインを活かしたフレームと外装の組み上げと、そしてマーキング再現デカールがパッケージの完成度を高めている。


「ガンプラが面倒」と言ったのは、「どうしても色分け再現やアクションポーズのためにパーツが細かくなってかつ目立つ場所にゲートがあって処理をちゃんとしてないとあちこちケバケバのガンダムができる」ということであって、面倒くさくないプラモデルなんてものはない。
ましてどこまで面倒にしなくていいかということも十人十色であろうが、このチェルノ・アルファの「面倒くさくないポイント」はゲート位置である。
巧みなゲート位置はパーツを組み合わせたあとに全く見えない、あるいは目立たなくなっていて、きれいに仕上げるための面倒なことを省けるのだ。


2時間くらいぱちぱち組んでると、そこにはもうチェルノ・アルファが現れる。
この、具体的に大きい感じがプラモデルとしての嬉しさを増している。
作った感じが嬉しくなる。


トータルで3時間くらいだろうか。手の早いひとなら1時間もあれば組めてしまうのだろう。
ちょっと組んでざっと塗装してババっと汚して完成させるなら、それこそ1日あればできるだろう。
スピード勝負のモデラーにも、じっくり作り込み派にもいいキットに見える。


来月予定のジプシーが発売される前に、さっと完成させてしまいたいな。



by kenji_szmr | 2016-12-29 22:35 | diary

23.12.16

22日の夜は雨も風もひどくて、せっかくの年末かけこみ休日となった23と24をツーリングに使えないのはくやしいと思っていたら、23日は朝から晴れていた。
薄暗い雲はかかっていたが、それでも低気圧が残した湿度のおかげか、過ごしやすい気候だった。
ともなれば、走り納めにいかねばなるまい。

日中は秋葉原で所用を済ませ、19時頃に首都高に乗る。
C1経由で湾岸に出て、まっすぐ大黒PAに向かう。
夜の大黒PAのコトンラストが気に入っているのだ。


28Lでは大きすぎると、あらためて買った16Lのシートバッグは、x7とちょっとした防寒具の予備を入れて走るにはちょうどいいサイズだ。
日帰りツーリングのつよい味方になるだろう。
ベルトをうまく使えば三脚も持っていける。


愛車をバシっと一枚。


もう一枚。


別角度。


大黒PAの好きなところは、あちこちに伸びる道路や、あちこちから合流する道路が広がるパノラマになっているところ。


そしてこのコントラストに映える橋桁の交差。


とくにこの交差がいい。


120枚くらい撮ったところでx7のバッテリーがなくなってしまったので撮影終了。
夜戦のお供の三脚、足がしっかりしているし雲台もフレキシブルで使いやすいうえ、ローアングル撮影もできる。
旅行に持っていくにはちと重いのが難点だろうか。


大黒PAを撮影したあとは、ふたたび湾岸を通って千葉へ戻る。
千鳥町でいったん降りて給油したあとはまっすぐ帰ろうかとおもったが、もうすこしだけ独りの時間を楽しみたくなって、また高速に乗る。
夜の湾岸線から見るビル街や工場地帯のイルミネーションはとびきりだ。

浦安から東雲あたりはもうとにかく好きでしょうがない。
言葉ではうまく表現できないが、運転中にカメラを構えるわけにもいかないので、これは自分の視界に入ってくる景色と、スピードが融合した自分だけの景色だ。
共有しようのない、ただ独りだけの、独り占めした空間。

夜の湾岸はいい
どんなイルミネーションよりもキレイなとびきりの夜景を独り占めできる
クルマとは違う
オートバイで風を感じながらただ独り・・
どんな時間にもかえられないただ独りの空間

夜景に吸い込まれたまま芝浦PAに立ち寄り、フラットレーシングの黒木さんごっこをしてから都心環状線(C1)突入―――ッ!!
安全運転で左をゆっくり流して走り、ふたたびレイブリに戻り、豊洲で降りてあとは下道をゆっくり帰ってきた。

本日の走行距離 188.8km
CB250F総走行距離 7722km


by kenji_szmr | 2016-12-24 03:14 | diary

15.12.12

チャーシューが食べたくなったので、ラーメンダイニング絆に行ってみたが、前回同様「銀河」は食べられなかった。
トヨペットのツナギ着たおっさんに割り込みをされたり、隣の席のオッサンがラーメンをすすりながら漫画を読んでいたりと、R51らしい光景の広がる店内で食べたかったチャーシューではないチャーシュー麺を食べる。
1120円のデカチャーシューでもチャーシューを食べたことには変わりないが、帯広のぱんちょうといい、どうにも縁がないメニューはある。


四街道は曇り、急に泣き出しそうな空だったのでファールボール連発後にストライクをもらったような気持ちを放り出して帰ろうと思ったが、オートバイがまだ走りたいというので高速に乗った。
気がつけば銚子だ。
きょうは風が強かったのでもう、新しいジャケットをもってしても下がタイツの上にジーンズでは尿ファイトは必至である。


こんな冬の日、犬吠埼はたいへん寒かった。
それでも入り口の売店で売ってるストロベリーソフト食べる。
ガタガタ震えながらアイス食べた後は、ちかくのホテルの日帰り入浴で身体を温めた。


温泉で温めた身体も、香取に着く頃にはもうすっかり冷え切ってしまっていた。
ワークマンで売ってる「ライドオンイージス」を上下セットで買って試してみたが、きょうはためしに上だけ着て走ってみた。
防風がしっかりできる構造なので日中は問題なく走れるが、ズボンとグローブを油断していたからか、日が傾きはじめるとみるみる体温が下がる。


防寒着も、どこかひとつ突出しても効果がないことがわかった。
ライダー向けとしているがプロテクターはついていない、しかし防風性は高い。寒くはないが暖かくもない、というのがいまのところの評価だ。
インナーとパンツをしっかりしなければ、効果は発揮できないだろう。

また、ライダー向けに広告を出しているイージスシリーズも「これが完璧なコストパフォーマンス」といえるかはまだわからない。
最終的に一着5000円のジャケットがどこまで堪えられるか。
とりあえず買うならコレ、という勧め方をしたいと思う。

本日の走行距離 249.0km
CB250F総走行距離 7534km


by kenji_szmr | 2016-12-15 21:31 | diary

12.12.16

Twitterで縁がありまして、キヤノンのスピードライトを譲っていただきました。
プラモやフィギュアを撮影するときに、いい感じに使えたらいいな、と思ってます。
ツールが増えるというのは、やはり楽しいのだ。


趣味のひとつであるカメラも、道具がたくさんある。
ボディもレンズもストロボも、それから現像ソフトも編集ソフトも。
プロではなくプライベーターとして楽しむために、できることはバシっとやってみたい。


by kenji_szmr | 2016-12-12 23:00 | diary

02.12.16

CB250Fを受領して半年、7000km走ったのでHonda DREAMに持っていってメンテナンスしてもらう。
オイル交換など、かんたんな消耗品のアレで終わった。
つぎは10000kmまで走ったら持ってきてほしいとサ。

メンテナンスは昼過ぎに終わったので、すぐ近くのインターから京葉道路に乗り、途中で東関東道に入る。
終点の潮来まで行って、国道51号線を北上。
鉾田のセイコーマートでホットシェフをキメる。


おそらく自宅から一番ちかいセイコーマートなので、カツゲンとホットシェフが足りなくなったらここに来ればいいだろう。
埼玉、茨城にあるセイコーマート、あれか、大洗港を起点にして北海道から仕入れているのか。
がんばって千葉と秋葉原にもできてくれ。

国道51号を走るということは、つまり大洗へ向かうということである。
これといって用事もないが、千葉から日帰りで気持ちよく行ってこられる場所として、大洗はいい位置にあるのだ。
大洗輸送で芳香剤買う。嬉しい。


と、ついでにアウトレットみてお土産買ってタンデムシートにネットでくくりつけて持ち帰る。
めんどうくさがらずにシートバッグをつけてくればよかった。
次からそうしよう。


アウトレットを出て、先月開通したばかりの駅前海岸線を通って駅に挨拶。
目立つタクシーが停まっていたので、写真を撮らせてもらった。
これを撮って出発したあと、ボコがいっぱい貼ってあるタクシーがロータリーに入っていって、すこし悔しかった。


大洗にいたのは30分程度だが、平日の黄昏時でもガルおじがその辺歩いてたり、冴えないカップルがデートしていたりする。大洗、いい町だな・・
宝くじ6億円当たったら大洗にガレージつきの家を建てたい。
そんでたまにフェリー乗って北海道走りにいきたい。

帰りは水戸南インターから北関東道に乗り、三郷で降りて秋葉原に寄って帰宅。
行きの東関東道の高速走行、なだらかに走れる51号線とくらべて、都内の道の信号と渋滞ときたら、まあつまらんこと。
できれば、都内は走らずにあちこちまわりたいもんだ。

本日の走行距離 280.8km
CB250F総走行距離 7284km


by kenji_szmr | 2016-12-02 21:36 | diary

26.11.16

夏に免許を取って、YAMAHA WR250Rを8000キロ以上乗っている山男にツーリングに誘われたので、夜明け前に家を出る。
愛車にかけているカバーが凍っていたので、ここで一つツラい。
二つ目のツラさ、やはり早朝の首都高。まるで冷凍庫の中を走っているようだ。

POWERAGEの防寒具のしたにワークマンで買った防寒インナーとヒートテックエクストラウォームを着ても、寒いもんは寒い。
グローブも二重にしてみたが、やはり手が冷える。指先がガンガン冷えていく。
集合場所の平塚PAについた頃にはもう、身体は冷え切っていた。

PAで足用カイロを買って、峠攻めに備える。
土曜日の早朝だというのに、平塚PAにもターンパイクにもおじさんライダーたちがたくさんいた。
人生には、やはり、オートバイが必要なのだろう。車では得られない風と自由がある。


先日の降雪もあり、ターンパイクは冷え切っていた。
路肩に雪は溜まっていたし、標高があがるごとに霧が濃くなった。
そう、まるで我々をアイアンキングにでもするかのようだ。


ターンパイクから伊豆スカイラインに入り、十国峠レストハウスで一休み。
『ばくおん!!』ごっこをする20代後半の山男がいたりしたが、31歳のわたしは冷静に富士山を見ていた。
ターンパイクの霧はもうどうしようかって感じだったが、十国峠は快晴。伊豆スカイラインも気持ちよく走れた。


富士山です。


日本です。


きょうのツーリングの目的は、峠攻めだけではない。箱根スカイラインをひたすら下ってそのまま下田へ向かい、海鮮丼を食べることだ。
金目鯛丼、これでもかというくらい金目鯛が主張してわさび醤油をかけてバシッと美味い。
上品な見た目に反してワイルドな味わいがある。


下田でメシ食ったあとは、海が見える露天風呂で身体を温める。
早朝から冷え切った身体が復活する。
大島を展望しながらの風呂、シンプルに評価して最高です。

風呂のあとは国道135号線を走って、夜の海を見る。
そんなホモデートも、うさんくさい中華インカムを使って快適になった。ペアで1万円以下のわりに10時間近い通信が可能で、音も悪くない。
おしゃべりしながらツーリングというのは、女子高生気分で楽しめるのだ。


本日の走行距離 450.1km
CB250F総走行距離 6999km


by kenji_szmr | 2016-11-26 21:34 | diary

25.11.16

フィギュアライズバスト カナメ・バッカニアの続き。
インスト指定の塗料がなかったので、手持ちの塗料を適当に混ぜてそれっぽい色を作ってスタンダードに塗り分け。サフは吹かずにベタ塗り。
腕輪の中のオレンジ色の玉はどうしようもなかったので、スミ入れまで終わったらシール貼ってごまかす。


塗装後、クリアー吹いたのでそれがちゃんとかわいてから仕上げるつもり。
これほど気軽に作れる“フィギュア”は楽しいですね。


by kenji_szmr | 2016-11-25 16:52 | diary

24.11.16 その2

モトコンポでしくじってダウンな気持ちが続いていたので、さっと組んで「完成!」ってやりたいプラモデルをストックから持ってきて組み始める。
フィギュアライズバスト カナメ・バッカニアだ。
ワルキューレのお姉さん的存在だそうです。いい響きですね、お姉さん的存在。


お姉さん的ですね。
お姉さん的なパーツですね。
ふっくらしてますね。


インターネットでもうじゅうぶんすぎるほど話題になった“レイヤードインジェクション”で成型された顔パーツ。口の中のピンクとまつげと眉毛が多重構造で成型されていて、これで1パーツになっている。
古くは1/144ドラグナー1型リフター装備で採用された“システムインジェクション”なのだろうが、パーツの素材も変わり、また精度も上がっているようだ。
今更新しい技術でもないのは、パーフェクトグレードやリアルグレードのフレームにも使われているので多色成型で採用し、このフィギュアの顔の表現ができる精度というのが、この技術の売りではないかと思う。


衣装の細かいところはシール、シールです。
でも今回はシール使いません。
あとで塗ります。


肌色パーツに半光沢を吹いたり、ゲートをちょっと目立たなくしながら1時間程度で仮組完了。
スナップフィットもあまりテンションかからないようになっているので、パーツをさっと抜ける。
これをまたバラして、かんたんに塗装して終わらせる予定。


おやすみなさい。


by kenji_szmr | 2016-11-24 22:49 | diary

Zitrone

2016年11月24日、自宅庭にて。






by kenji_szmr | 2016-11-24 13:27 | diary

18.11.16

昼から立川で『この世界の片隅に』を見る。
予備知識無しで見に行って、観客の年齢の高さに驚いていたが、本編を見て納得した。
いや、それだけじゃないんだろうけど平日の映画館てのは老夫婦のデートスポットだ。

のん(新人)の芝居は、“すず”らしくていいと思えたし、昭和20年頃の広島が舞台となれば、当然それだということはわかっていた。
ふわっとした絵で入り込みやすいのだが、いざ「それ」が来るとやはりキツい。それでも最後は、みんなが笑える世界になったのだから・・・
いつか夏の金曜ロードショーが『火垂るの墓』からこれに入れ替わることになるのだろうか、という内容。

立川で映画を見たあとは、新宿のキヤノンにあずけていたカメラを引き取る。
今度また、ゆっくり時間をかけて撮影に出かけたい。
とりあえず新宿の目。


それから中野に移動して、ブロードウェイ3F墓場画廊にて開催中の赤いアイツ展へ。


中野サンモールから外れた飲み屋街も気になるが、なかなか出向く機会がない。


赤いアイツ展は、現行のアトラクション用スーツや、おそらく当時つかわれたスーツやヘルメット、玩具やレコード盤が展示されていた。





23日からは展示内容も変更されるそうなので、もう一度、気が向いたら行ってみようか。


by kenji_szmr | 2016-11-19 11:14 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.03.22
at 2017-03-22 18:31
ボココレクション
at 2017-03-21 23:15
ストライクウィッチーズのフィ..
at 2017-03-21 18:36
17.03.15
at 2017-03-15 22:39
17.03.14
at 2017-03-14 20:44

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ファン