カテゴリ:photo( 283 )

17.06.27

船橋にて。
a0207595_21373534.jpg



by kenji_szmr | 2017-06-28 21:44 | photo

17.06.25

秋葉原にて。
a0207595_20561436.jpg


a0207595_20561637.jpg



by kenji_szmr | 2017-06-26 21:01 | photo

17.06.23

秋葉原にて。
a0207595_22175574.jpg


a0207595_2217595.jpg


三脚使わずに、あまりノイズを気にせず夜景をバシっと撮ってくれるRX100 M3、チビだけど頼りになる。


by kenji_szmr | 2017-06-23 22:25 | photo

17.06.22

秋葉原にて。
a0207595_2141731.jpg


万世橋のほう。
a0207595_2141929.jpg


「Cafe MOCO」のカルボナーラ2倍盛り。
a0207595_2142762.jpg


同店のオブジェ。
a0207595_214251.jpg


邪魔にならない手頃なサイズと、じゅうぶんな描写力、遊びすぎない機能、RX100IIIはスマホじゃ我慢ならないカメラマンに必要なパワーを与えてくれる。
望遠はまあ、こんなもんでしょう。あまり使うつもりはない。
スナップを撮るには直感でやれるようで、少しマニュアルな部分が嬉しい。

ついでにLightroomであれこれやると、嘘っぽい写真が作れるのでインターネットです。


by kenji_szmr | 2017-06-22 21:24 | photo

17.02.15 帯広市

a0207595_1675653.jpg

ぬかびら源泉郷から帯広市内へ、友人のマツダ車に乗せてもらい1時間ちょっと。
帯広はこれで3回目で、ずっと行きたかった豚丼屋があった。
帯広観光に来て豚丼を食べないのは、ディズニーランドでミッキーをシカトするくらいの愚行だ。

a0207595_1675814.jpg

創業昭和8年、元祖豚丼の「ぱんちょう」。
昨年5月、8月とともに休業日で縁がなく、まさか3度目の正直か二度ある事は三度あるとなるかハラハラしていたが、今回はやっとオープンしていた。
まして、待ち時間なく入れたのは平日旅行のラッキーである。

a0207595_168015.jpg

a0207595_168192.jpg

a0207595_168352.jpg

一番肉の量が多い「華」を選び、なめこ汁と一緒にいただく。
「うまい」の一言すら発する時間が無いほど「美味い」豚丼がそこにある。
ふわふわの豚肉が放つ炭火とタレの香り。そしてホカホカのメシ。最高のコンビネーションにグリーンピースの食感が俺の口を帯広に変える。

a0207595_16856.jpg

豚肉と六花亭を腹に詰め込んで、駅前のホテルの温泉で日帰り入浴をして夜の空港へ。
成田、羽田、新千歳、旭川からの帯広空港は「そうかこういう空港でいいのか」とサイズの差に驚いたがこれでいいのだ。
もしもオートバイが空輸できるのであれば、ここで降りて糠平まで走りに行きたいくらいだ。

次の北海道は、夏の予定。
アイシャルリターンてヤツだ。


by kenji_szmr | 2017-02-21 16:20 | photo

17.02.15 ぬかびら源泉郷とタウシュベツ川橋梁

a0207595_1550770.jpg

早朝のぬかびら源泉郷、まわりを囲む山々が朝焼けに染まり気持ちのいい光景だったが、写真を撮るよりも朝風呂に入ることを優先したので撮影してません。
シカの団体様もいらっしゃいましたが撮れませんでした。
無念。

a0207595_1550991.jpg

タウシュベツ川橋梁見学ツアーは、夏場だと展望台の先から車で林道を抜けて少し歩く場所まで行くのだが、冬場は除雪されておらず通れないので、今回は五の沢からカンジキを履いてストックを持って隊列を組んで雪の林道を2キロ歩く。
士幌線の新線の線路があった場所を突っ切り、ザクザク雪を踏みながら15分ほど進めば、凍った糠平湖が見えてくる。

a0207595_15501138.jpg

a0207595_15501372.jpg

a0207595_15501544.jpg

a0207595_15501782.jpg

a0207595_15501947.jpg

a0207595_15502131.jpg

a0207595_15502384.jpg

a0207595_15502599.jpg

今年2月は比較的暖かく、雪もあまり積もっていないそうだ。
あと2週間はやければ、雪に埋もれたアーチ橋を見ることができたそうだが、むしろ雪景色に聳えるアーチ橋が見られたので大満足だ。

a0207595_15502720.jpg

糠平湖名物キノコ氷。

a0207595_15503010.jpg

糠平国道、北に向かう道。

a0207595_15503257.jpg

a0207595_15503421.jpg

ツアーのあと、荷物を預けた宿に戻る途中でシカを見た。
シカだ。


by kenji_szmr | 2017-02-21 16:03 | photo

17.02.14 ぬかびら源泉郷の夜

a0207595_1555224.jpg

「ナトリウム灯に照らされた雪景色が好きなので、すこし出かけてきます」と言って宿を出た不審者は、私だ。

a0207595_1555424.jpg

a0207595_156091.jpg

a0207595_156275.jpg

a0207595_156516.jpg

橙色の静かな景色、この一人の時間がたまらなく好きで、夜景を撮りに出かけているといってもいいだろう。
観光客がほとんど居なかったということもあるが、19時過ぎのぬかびら源泉郷は、外を出歩く人もまったくいない。
まわりの音が無いのは雪のせいだけではないだろう。

a0207595_156729.jpg

a0207595_15691.jpg

糠平トンネル。
入り口であり、出口でもある。

a0207595_1561178.jpg

然別/三国峠げ抜ける交差点。
昨年夏は、ここで通行止めだったのだ。

a0207595_1555864.jpg

夜の郵便ポスト。

a0207595_1555734.jpg

この道で、つぎの朝に運命的な出会いが訪れる。


by kenji_szmr | 2017-02-21 15:40 | photo

17.02.14 層雲峡からぬかびら源泉郷

a0207595_14374637.jpg

一日一本のバス(ノースライナー)に乗って、層雲峡からぬかびら源泉郷へ向かう。
途中、なにもないような場所(糠平国道沿い 糠平湖五の沢)に乗車専用バス停があったり、おれにはまったくわからないバスだった。
R273(大雪国道→上川国道→三国峠→糠平国道)を抜けるまったりルートを走る。
松見大橋は雪で気が付かなかったこともあるだろうが、気がついたら終わっていた。夏は、ここを、走りたいな。

a0207595_14374873.jpg

a0207595_14375054.jpg

糠平ついても除雪車です。

a0207595_14375441.jpg

温泉が湧いている郵便局の郵便ポストです。

a0207595_14375664.jpg

a0207595_14375829.jpg

a0207595_1438030.jpg

昨年夏に引き続き、宿は中村屋さんにお世話になりました。
当日は他に宿泊客がおらず、いちばんいい部屋を貸してもらえた。
ヒャッホウ!最高だぜェ。

a0207595_1438644.jpg

層雲峡出発前にセコマで買っておいたガラナとウーロンで一休みしてから、ぬかびら探索に出たが・・・

a0207595_1438834.jpg

ぬかびら神社は雪に埋もれている。
鳥居の先を歩くにも一苦労。

a0207595_14381041.jpg

雪に埋もれても、川は凍らない。

a0207595_14381598.jpg

a0207595_14381763.jpg

a0207595_14381958.jpg

糠平川橋梁。
温泉街の裏手にあり、トレッキングコースにもなっている。
また、補強されているので橋の上を渡ることもできるが雪が積もっていると手すりが足元に来るので要注意。

a0207595_14382345.jpg

a0207595_14382584.jpg

日が暮れるまえに重機です。

このあたりでそろそろ、Kiss x7以上のモアパワーを欲しくなる。


by kenji_szmr | 2017-02-21 15:02 | photo

17.02.14 層雲峡 その4

a0207595_14165852.jpg

温泉街の朝ははやい。
駐車場の除雪作業だ。
除けた雪は川に流すように持っていく。

a0207595_1417176.jpg

「まずければお代はいりません」と強気なラーメン屋の塩ラーメン。
叉焼とメンマをのせてデラックスに食べたぜ。
太麺が嬉しい。スープが絡んで塩にしてはこってりめの印象だった。

a0207595_1417227.jpg

R273で気がついた歩行者信号用ボタン。
本州では押し込み型のスイッチだが、こちらはタッチセンサー式になっている。
凍りつかない工夫だろうか。

a0207595_1417516.jpg

北海道名物「矢羽根つきポール」。
これがあるだけで、雪国の道路にいることが実感できる。
気持ちが切り替わるシンボルである。

a0207595_1417775.jpg

大切国道を帯広方面に向かうコンテナトラック。

a0207595_141792.jpg

重機です。うれしい。

a0207595_14171192.jpg

a0207595_14171345.jpg

a0207595_14171567.jpg

a0207595_14171743.jpg

a0207595_14171972.jpg

a0207595_14172142.jpg

a0207595_1417447.jpg

a0207595_14174622.jpg

a0207595_14174885.jpg

a0207595_14182492.jpg

a0207595_14183422.jpg

シカでした。

a0207595_14184097.jpg

工事用車両を誘導するおじさんでした。

a0207595_1418481.jpg

郵便局とバスターミナルが一緒になった建物の前のポストとベンチ。


by kenji_szmr | 2017-02-21 14:35 | photo

17.02.13 層雲峡 その3

a0207595_11171921.jpg

a0207595_11172231.jpg

a0207595_11172566.jpg

第42回層雲峡氷瀑まつりを見てきた。
自然のつららなどを見られるのかと思っていたがそうではなく、人工的な氷の建造物をどどーんを楽しむイベントであった。
人工物だがランダムに凍りついた建造物も雪化粧がされ、北海道の屋根と言われる大雪山連峰の気温の低さと、そこに住む人々の「観光地」としてのパワーを感じられる。

a0207595_11172966.jpg

ほのぼの系。

a0207595_11173154.jpg

らっせーらー。

a0207595_11173477.jpg

ここでも近くの山林にシカを見た。

a0207595_11184096.jpg

a0207595_11184230.jpg

a0207595_11203777.jpg

a0207595_11204068.jpg

a0207595_11204219.jpg

a0207595_11204471.jpg

a0207595_11204770.jpg

a0207595_11205097.jpg

a0207595_11205232.jpg

a0207595_11214842.jpg

日が暮れると建造物はライトアップされ、会場全体がムーディーになる。
老夫婦や外国人観光客で賑わい、またわたしのようなひとり旅のカメラマンもいた。
都心の駅前イルミネーションを見るのとはまた違う雰囲気が楽しめた。

a0207595_1121592.jpg

除雪重機。

a0207595_1122770.jpg

そんなんで晩飯食いはぐったのでセコマでした。
よかったですね。


by kenji_szmr | 2017-02-21 11:48 | photo


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.28
at 2017-06-28 22:44
17.06.27
at 2017-06-28 21:44
17.06.25
at 2017-06-26 21:01
17.06.24
at 2017-06-24 22:48
17.06.23
at 2017-06-23 22:25

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン