カテゴリ:toys( 363 )

RG シナンジュ


今年春のホビーショーで電撃発表された本キット、赤いパーツ表面のグロス加工。これはもう、間違いなく“シナンジュのリアル”をプラスチックで表現している。
さらに襟や袖のエングレービング風の装飾、単なる兵器としてのMSを戦場で戦わせるだけではない、自らをジオンの象徴たらせる説得力とプレッシャーを与えるデザイン。これをメッキパーツで再現することにより“ホンモノ感”が強調される。
プラスチックモデルキットとしての表現の一つの正解としてこの赤と金の融合がRGシナンジュの目指したリアルだと感じられる。


ゲート配置もよく考えられており、アンダーゲートでなくともパーツ同士が重なったり、組み立てたあとに見えなくなる場所にゲート跡が残るように計算されている。
これにより赤、金のパーツだけでなくシナンジュ全体の曲面と直線が重なった立体的なラインに汚れを出さずに完成させられる。
どうしたことだろうか、パーツを一つ組み上げるたびにすこ嬉しくなる。


装飾を組み立てるにしてもそうだ。金の中の黒、これもすべて別パーツで構成される。
つまりシールを貼ることも、色を塗る必要もない。
徹底的にこのキットはパッケージに含まれたパーツだけでシナンジュになるように作られている。


日常的に模型を趣味としない者からすれば、2000円以上もするキットを買って、作り始めて完成させられない=失敗することはストレスだろう。
その失敗の基準はどこにあるか、例えばパーツを壊してしまった、なくしてしまった、組み立ては上手くいったが塗装に失敗した、デカールが破れた。
理由はさまざまあるが、パッケージの見本どおりに組めないものは失敗となるだろう。

ガンプラはたいてい、パッケージ掲載写真はバリバリのプロモデラーが見本用に丁寧に仕上げていて、むしろキットを組んだだけではパッケージの大半に印刷されている写真どおりに組めないものがほとんどだ。
それすらもストレスになる可能性があるが、RGは少し違って、パッケージ掲載写真はせいぜいトップコートを吹いただけにされている。シナンジュにいたっては、おそらく“何もしていない”写真を使っているだろう。つまり、パッケージの見本どおりのものが出来上がるようになっている。
モデラーの経験値の差で組みあがりに差はできるだろうが、ニッパーとデザインナイフがあればまず完成できる設計だ。

このアプローチをストレートに伝えてわかってもらえることはないかもしれない。
インスト通りに手を動かしているうちにキットがシナンジュに仕上がっていく感動は、MGガンダムAGE-1を組んだ時以来の感動かもしれない。
楽しさは少し違うが、色分け再現と組みやすさを両立させた具合でいえば、シナンジュは相当のモノができあがっている。

たとえばゲート位置の気遣いで、D5・D6のアンダーゲートは本当にうれしい。
たいてい、こういう曲面のパーツは凹み側にゲートが配置されていて、ニッパーで切ったあとにナイフの成型が必要になって、えぐってしまう経験がある。
シナンジュではそこがアンダーゲートになっていて、丁寧に仕上げることができる。

ただし、色を塗らないでいいという解釈は私個人の見解であり、キットをいかに楽しもうがモデラー次第である。
H2ランナーやIランナーはただの黄色と銀色だ。
これを金にしてもいいし、メッキシルバーで仕上げればチラ見せできる場所の情報量があがり、より“リアル”なシナンジュが組めるだろう。

面倒なゲート処理が少ないおかげで、パーツ数の割にサクサク組み立てられるのが最近のRGの特徴だろうか。
いきなりはじめてRGは少しハードルが高いかもしれないが、いいとこ半日あれば素組みはできる。
一日あればシールを貼って遊び倒すこともできるだろうか、個人的にこのシール好きじゃないので貼らずに完成とする。


アドヴァンスドMSジョイントは、ガンダムマーク2やGP01と同じものが使われている。
アニメで初登場したシナンジュ・スタインが連邦っぽいデザインをしているところで考えればまあいいんじゃないですかね。
可動指パーツが四角いのそのままついてるのはイタダケないので捨てましたが。


で、完成させてみるとバックパックの重さに耐えられずに腰が後ろに反る。
つまり、まっすぐ立てない。
アクションベースで浮かせてバランスをとるか、魂ステージ等でバックパックを持ち上げるとか、あとは腰を補強するしかないだろう。


RG全般にいえる特徴だが、パーツが細かくその細かいパーツがあちこち動くので、Aを動かすとBに干渉して具合のいいポーズにならないことが多い。
シナンジュも各スラスターがパカパカ開いてかっこいいのだが、あっち開くとこっち閉じちゃってブン投げたくなるような次第だ。
1/144スケールのMSに組み込める「遊び」としてはやや過剰なのがRGとも言える。


とはいえ、プラスチックモデルキットとして目を見張るものは多く、トータルで評価するのであればプラスが大きいだろう。
最初に書いたとおり「メーカーが提供する“色を塗らなくても完成するプラモデル”」の一つの正解とすれば、これは大正解だ。
キャラクターロボットプラモデルならではの正解だが。


by kenji_szmr | 2016-09-10 20:49 | toys

メカコレクション マジンガーZ をつまみに酒を飲む。

私は80年代中期にうまれて、ロボットが登場するアニメといえば『ガンダム』として育っていますが、小学校あがる頃に『CBキャラ 永井豪ワールド』を見たり、中学生の頃に『スーパーロボット大戦』をやった影響で『マジンガーZ』はだいたい知っています。
とはいえテレビシリーズを全部見るには東映の配信サービスにはいるかお高いDVD-BOXを買わないといけませんから、せめて活躍するオリジンが見たいと思って愛蔵版コミックスを買ったり、レンタルDVDで劇場版を見ました。
マジンガーZが話の主軸となって日本の平和を守る、そんなヒーロー像がしっかりあっていいですね。

日常的に、空気を吸うようにマジンガーZが好きでしょうがないわけではないですが、くびれたドラム缶にスルーッと手足がついたようなデザインに、小池一夫がバシっと決めたフレーズ「くろがねの城」が似合うような立体的な頭部デザインが好きです。
超合金シリーズも、なんどか手にとってみようと考えましたが価格の問題で買うに至らないことが多かったのですが、縁があって2001年(15年前)に発売されたプラモデルが手に入ったのでお酒のつまみにします。
お酒とプラモデルが好きなので。


アルコールのはいった適当な記憶で書きますが、ミレニアム・バンダイ・ホビープロダクツはプラスチックモデルキットに異素材をアッセンブルしてプラモデルとおもちゃの質感の両立を目指していた、そんな雰囲気がありましたね。
1/144ウイングガンダムゼロカスタムの柔らかい羽や、このマジンガーZのゴムみたいな素材の手首がそうですね。
MGゴッドガンダムの手首などもこの素材だったと思います。完成後のロボットの接地性や、パンチの一体成型などメリットがあるようですが再販しにくいデメリットもあるんじゃないでしょうか。よくわかりませんが。


「スライド金型」という言葉と技術を知ったのは、たしか超合金魂『忍者戦士飛影』黒獅子に付属の飛影の鎖帷子のディテールになっている四肢だったとおもいますが、そんなものよりだいぶはやい時期から4方向から抜く金型を使っていたのがこのキットです。
写真は肘のパーツですが、綺麗にバシーっと筒が抜けています。
ロケットパンチを組み込むためのバネを仕込む筒がしっかり造型されているので精度の高い筒が成型されています。


同様に足もすげえ精度の筒で抜かれています。
ここに膝関節仕込んでズボーっと組むようにできているので2001年のバンダイホビーすげえ。
パーツを減らして組み立て安くすることで未来が見えてます。


腿も一体成型なので、筒に関節を突っ込めば空にそびえる鉄の城スーパーロボットができあがるわけです。
けど膝やひじがつるつるなのに腿と腹にへんなディテールが入ってるのはバンダイ・ホビー・プロダクツって感じですね。いらないモールドです。
作るときは殺します。腹はミサイルパンチが飛び出す場所なのでいいかな。腿の変なモールドは消す。


はなしは少しもどりますが、メカコレクションシリーズはマジンガーZの他にゲッター1、グレートマジンガー、ライディーンでラインナップが終了したと記憶しています。
どれもこれもアニメ本編ではストレッチ素材を使用したパンツをはいており、メカニカルな描写よりも生態的な、筋肉に布をかぶせたような動きが印象的にダイナミックアクションをしていると思っています。
メカコレクションシリーズではそんなパーツを分割(MGジムなどに見られるむちゃくちゃな分割パンツ)をせずに、パンツやボディに軟質素材を使用して可動を再現しています。とてもエポックであとに続かない企画です。マジンガーZのブルマが本当にブルマみたいです。股間のパーティングラインがクロッチみたいに見えますねどうでもいいですね。


バンダイといえば多色成型(ドラグナーのシステムインジェクションはすごいですね色を塗りたくなくなりますね)ですが、成型色をどう活かすかまでしっかり考えてツルツルテカテカのブレストファイヤーです。
色を塗らなくてもいい具合にツヤとマットがフィージョンしたマジンガーZのオモチャがてにはいります。
ぜひお遊びください。



そういえばこのキット、発売当時に友人宅にあった完成品(たぶん素組)が猫のオモチャにされていてあちこちに噛み跡があったのは今おもえば『マジンガーZ対暗黒大将軍』みたいでカッコ良かったな。
リアルなダメージ表現だったといえる。
たぶん。


by kenji_szmr | 2016-06-01 23:00 | toys

【完成】RG 1/144 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス

3月中旬から作りはじめて、ゆったりペースで完成。
ザクやガンダムマーク2は素組で遊んでみたが、今回は細かいパーツの多いキットの塗装の練習も兼ねて作った。
しかしリアルグレードシリーズはその細かいパーツ分けとそこそこの組み立てやすさと「いじらんでもいいものができる前提」のシリーズだからして、つまりパーツの精度がものすごく高い。

パーツをあわせるダボなんかたいてい広げるか切り落として接着するように加工しておかないと、塗装したパーツを組み合わせた時点でバキバキ割れます。
さらに墨入れのためにエナメル塗料流しこんだらそこからまた砕けます。
こんどもしリアルグレードを塗装して組み立てる気分になったらキモに命じておくことにする。たぶんもうやらないけど。

今回の完成品は基本的にキットのまま組み立てています。
白は色の違うパーツごとに違う色のサーフェイサーを吹いて、さらに使う白もガイアEXホワイトとMr.カラークールホワイトで成型色で再現された“リアル”を再現してみたが、写真ではわかりづらい。
青はガンダムカラーMSライトブルー、赤はガイアブライトレッド、グレーはメカサフヘビーのまま。クリアパーツの緑色は、クリアグリーンをエアブラシで吹き付けるのが面倒だったので、缶スプレーのクリアイエローを吹いたあとにクリアブルーを重ねて緑にしました楽しい。


成形中に床に転がって消えたコアファイターのバーニアは、市販パーツに差し替え。少し迫力が増したので怪我の功名とする。
トサカから生えてるアンテナは形状がリアルじゃなかったので真ん中を0.8mmの真鍮線に変えてもっさり感をへらしました。
ところでこの完成品はD1の31を動かしたらクリッップ部がモゲてしまい、リペアに瞬間接着剤を使ったので二度とコアファイターに変形できません。ウラキもきっと死ぬます。


キットのオプションは両手握りこぶし、両手可動指、左手シールド用グリップ、ビームサーベル、可動指用のアタッチメントがついたビームサーベル、ビームライフル、シールドです。
とても標準的なガンダムの装備をしているガンダムGP01が大好きです。
そしてこの無骨で立体的、それでいて一目みてガンダムとわかるシルエット、さらにガチャガチャしすぎない配色、まさにガンダムですね。


リアルグレードは独自のフレーム機構でなかなか素敵にアクションできる設計になっています。
MSジョイント、そうですねHGガンダムとかリアル武者ガンダムの頃からしたらおおきな技術の進歩があります。ガンプラがオモチャとホビーの合間に存在する独特の味わいがあるのはそこですね。ロボットおもちゃとして遊ぶための可動とプラモデルというホビーの組み立ての楽しさがいい塩梅だと思います。
ガンダムシードみたいなポーズで遊んでしまうのも思考停止です。


シールドは曲がるジョイントを使って両腕にマウントできますが、グリップと一体化した手首パーツを使えば前に突き出して構えることができます。
かっこいいですね。ビームサーベルをランナーから切り離していないのでライフルを持ったままです。
オープニングでビームサーベルを抜いて盾を構えるシーンが好きです。


引いてみるとかっこいいポーズですね。
ガンダムもかっこいいですがかっこいいガンダムを満足できるカッコよさで作って塗って撮影できる俺もいいですね。
最高ですねプラモデル。


今度、リアルグレードシナンジュが発売されるそうですが赤いパーツが表面テカテカで紋章の金色はメッキで再現というので、リアルグレードシリーズの「リアル」とはなにか、キットごとに考えて行くのでしょうね。
ガンダムはお台場の1/1ガンダムを縮小してますし、それに合わせたザクとかズゴックもいいです。
HGUCやMG、PGもそうですがとりあえずラインナップ初期にGP01が入るのはフルバーニアンとある程度流用できるからでしょうか。いいえ全然ランナーもパーツも流用できないからなんでしょうか。好きだからいいですが。



by kenji_szmr | 2016-05-23 23:11 | toys

ACRO KRS35 ブースカ

1/35ブースカフィギュアを買ったので、手の届くところにあった1/35フィギュアと並べた。



by kenji_szmr | 2016-04-30 21:36 | toys

ROBOT魂 SIDE MS シャア専用ザク ver. A.N.I.M.E.

アニメの設定画と劇中の作画をイメージしてフィギュアに落とし込んでかつ、めっちゃ可動するようにして楽しいアクションフィギュアを完成させたバンダイ脅威のメカニズム。
先月発売されたガンダムも、最初は猫に噛まれたようなディテールが気になったけど遊んでるうちに気にならなくなったので、楽しく遊んでます。
ガンダムはMSインアクションの頃からいろんなアプローチで動かせるようになっていたけど、今回のザクはガンダム以上に凝った設計で可動を実現している。


まず、肘が嬉しい。
マックスファクトリーのダグラムシリーズでも採用されているような、上腕と前腕の関節に回転軸が入っている。


これにより、写真のような「ガワラ曲げ」が再現できる。
スコープドッグのキットを作るときに使いたいアイデアだ。


さらに円筒のディテールも曲がるようになっているので、肘当てを後ろ側にまわした状態で、ガンプラで見慣れた位置にもできる。


となれば、上腕と円筒の関節が生み出す可動はご覧のとおり、腕のポーズが力強くなる。


ザクといえば、腰から膝を隠すスカートがアクションフィギュアのアクションたる部分を悩ませることが多かった。
しかしver. A.N.I.M.E.はついに第一話でコロニーにドアを開けるポーズが再現できるザクを完成させたのだ。


体は胸、腰、骨盤3つのブロックに分かれている。
胸と腰は水平にボールジョイントが仕込まれていて、背中からから腰、腰から胸に繋がる構造で前屈しやすくなっている。腰と骨盤は縦方向のダブルボールジョイントで動き、腹でボール受けが露出するようになっていて、フンドシの上の帯留めで隠すようなスタイル。
股関節はV2アサルトバスターガンダムから採用されて、たまにみかける90度スイング式で、スカートの中で足が前に伸びるようになる。


しかし、下に落ちるのは股関節だけではない。
取説にはフンドシが前に動くとしかかいていないが、基部から下にさげられるようになっている。
これで、腹のボール受けを隠す帯留めが腹の可動を遮らなくなり。


さらに前屈できるようになるという、アクションフィギュア新時代の到来を思わせる、細かいギミックだ。


アクションフィギュアの可動範囲の優秀さを見せるポーズに「立膝」があるが、上半身と下半身の動きが連動することでアニメロボットらしいアクションが再現できるのは、40年近く愛されているキャラクターだからこそだろうか。
新キャラクターだと、可動を含んだデザインになるだろう。


動かして遊ぶということでいえばロボット魂ver.アニメは優秀だ。
ガンダムはハナマルをつけていい。
しかしシャアザクは、100点つけられない。

まずゲート処理は雑。パーツの削りカスがエフェクトパーツの穴に挟まっていたりもした。
そして手首の軟質パーツがゆるくて手首スタンドにハマらない。
エフェクトパーツもうれしいけども、重量がありすぎて関節が負ける。

下半身の可動は素晴らしいが、股関節を動かすとフロントスカートがぽろぽろ外れる。
設計の意図かわからないが、腿側の膝関節の変な位置にクリックが入っているので、
惜しいなー。


by kenji_szmr | 2016-03-21 00:01 | toys

【完成】バンダイ 1/12 ボバ・フェット

日曜の夜に組み立てをはじめて、フラットクリアーを吹いて一晩寝かせる。
午前中に墨入れとウェザリングをやって完成。
これを日中にやれば、本当に一日あれば作れるキットだ。


1/12スケールということで、さほど細かいパーツもないので見たとおりの部品を組み合わせれば思った通りの形ができあがる。
『スターウォーズ』の映像作品は未見だが、市販のフィギュアなどではダメージを受けた状態のものがおおく、ゲームでは砂漠にいたのでそういうキャラクターなのだろう、
おおきなパーツをわかりやすく組みたて、手元の塗料でごそっと汚せばイメージどおりのボバが出来上がった。


バンダイのプラモデルといえば、多彩なアクションポーズが再現可能な可動をウリにしている。
しかしSWシリーズに限って言えば、ガンプラのようなそれよりも劇中イメージのディテールを優先しているようだ。
おそらく撮影用のスーツもこれくらい動ければいいだろうという程度のファイティングポーズができる。


また、恒例のスタンドも付属しているので躍動感あるシーンを切り取ることができる。
スタンドの足を固定しているパーツは裏返して平面にしてもよい。
ジェットパックはアクションベースに対応しているので、飛行状態で展示可能だそうだ。


塗装に時間はかけたくなかったので、成型色はそのまま使った。
エナメル塗料やウェザリングカラーで割れないように、組んだパーツにガイアノーツのフラットクリアーつや消しを吹き付けた。
プロテクターのダメージはラッカーの銀をボロくなった筆でゴシゴシ書き込んだ。


劇中プロップの写真を見ても、等身大にしたってやりすぎなくらい剥がしてあるので、1/12でもくどくならない程度に銀を載せた。
グレーの布の部分はクレオスのウェザリングカラー ステインブラウンを平筆でベタ塗りして、生乾きのタイミングで拭きとった。
砂埃が染みこんだように見えるだろうか。


とにかく手軽なキットだ。
それでいてモチーフが特徴的でかつポピュラーだから、いじりがいがある。
様々なひとがワイドな楽しみ方ができるだろう。



























by kenji_szmr | 2016-02-29 15:38 | toys

タミヤ 1/48 MMシリーズ ドイツIII号戦車L型 その2

成型色のまま塗ってもよかったが、ダイカストシャーシのプライマー色がグレーなので、砂漠色の成型色とちぐはぐにならないようにグレー吹き。
a0207595_1732410.jpg


組み立てを全部おわらせてから塗装をしようとやって試してみたが、増加装甲版の中や可動部、さらに軌道輪と誘導輪の可動部はエアブラシでも塗料が行き渡らない。
a0207595_177929.jpg


あとでジャーマングレー塗るときにどうにかしよう。
a0207595_17123427.jpg



by kenji_szmr | 2016-01-24 17:17 | toys

タミヤ 1/48 MMシリーズ ドイツIII号戦車L型 その1

ちょっと作れてちょっと楽しいタミヤの1/48ミリタリーミニチュアシリーズ。
もともとは/148飛行機と並べて楽しむためのものだったが、さいきんは戦車単体のリリースが続いているので、価格も設計も入門向けと捉えている。
バンダイチャンネルで『獣神ライガー』を流しながら作って、半日くらいで組み立て完了。
a0207595_21155983.jpg


特に面倒な工作はせずに、足回りは上部転輪だけ接着して、ほかは取り外せるようにして塗装しやすくした。
インスト通りに作るだけでも十分なんですよ。
次の休みにババっと仕上げよう。
a0207595_2116258.jpg



by kenji_szmr | 2016-01-11 22:04 | toys

【完成】HGUC 1/144 ガンダムマーク2 ティターンズ仕様[REVIVE]

手頃に組めて、ちょっと前のガレージキットみたいなSTYLEが楽しめるHGUCリバイブシリーズ。
今回のガンダムMK-2はエゥーゴ仕様とティターンズ仕様が同時発売となったのでまとめて買って、黒い方を完成させた。
RGのようなデザインの差異はない。
a0207595_21204942.jpg


オプションはビームライフル、バルカンポッド、ハイパーバズーカ、シールドが付属。
黒いガンダムMK-2はバズーカを使っているシーンが思い出せなかったので、バズーカは作らなかった。
シールドは組み替えることで伸縮をギミックを再現している。
a0207595_21261324.jpg


組み立ては特に手を加えず、下地はガイアカラーサーフェイサーエヴォブラックの上にメカサフライトを軽く吹き付け。
塗装はガンダムカラーのティターンズブルー1と2を使い、赤と黄色はMSレッドとMSイエロー。関節などの白っぽい部分はグリッドグレーで全体的に明るくなる印象をつけた。
センサーの緑は付属のシールを使って、バーニア内部の赤はめんどくさいので塗らない。
a0207595_2129742.jpg


アクションはさすがのリバイブ。
ビームサーベル抜刀もできる。
a0207595_21332297.jpg


アクションベースのジョイントは、定番の股間。
パンツと太ももの相性がよくないのか、股関節の可動は腿にロール軸が入っているが「これ」といったポーズが思いつかない。
a0207595_213535100.jpg


バルカンポッドは、頭部の凹みにパンチと差し込むのみ。
パーツ分けが面白いので、赤い円も簡単に塗れる。
a0207595_21401220.jpg


シールドのアタッチメントは2種類ついているので、肘の横と後ろに構えられるようになっている。
裏面は意味深なティテールがあったので塗り分けてみた。
a0207595_21421980.jpg


個人的にはあまり好きではない仕上がりのキットだ。
a0207595_21465965.jpg



by kenji_szmr | 2016-01-03 21:49 | toys

【完成】1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ BT-42 ガールズ&パンツァー 劇場版 継続高校仕様

『タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.318 フィンランド突撃砲 BT-42』を適当に組み立てて、『ガールズ&パンツァー 劇場版』に登場する継続高校仕様に仕上げた。
塗装はグレーサフを下地にガルグレーとライトブルーを適当に混ぜたものに、ニュートラルグレーをまぶして冬季迷彩らしいものを再現。
足回りの汚れはMr.ウェザリングカラーのグランドブラウンでベタベタに。
a0207595_153201.jpg


継続高校の校章はモデルかステンのガルパンデカールver.1.5を使った。
砲塔両サイドのピストルポートを削っておかないと、校章がちゃんと貼れないのだが、貼って「継」が破れてから気がついた。
これはいけない。
a0207595_15101534.jpg


モデルグラフィックスを参考にしながら追加した場所は、砲塔右全面のピストルポートと覗き穴の追加、運転席両サイドのパネル貼り付け。
砲塔上部の視察用ハッチはアニメで開けっ放しだったので、開放した状態で固定。ハッチを固定する板?はジャンクパーツの中にあったエッチングを曲げて利用。
ラジエター吸気口に挟まれているジャッキ用の木箱はアニメ設定だと取り外されてラックだけになっているが、プラ板加工がめんどくさいのでスルー。
a0207595_15185617.jpg


キットの組み立てとパーツ選択は「C:Ps511-4号車 継続戦争後仕様」を選んでワイヤーロープの取り付けをオミットすれば良し。
a0207595_1528397.jpg


デッキタンの上にエナメルのフラットブラックとクリアイエローを混ぜた茶色を筆塗りして、クリアイエローと赤を混ぜた錆色を重ねて溶剤を含めた筆でぼかす手段で錆を表現。
ちょっと時間の経過した錆っぽさが出て好きな手法。
塗るだけだとテカテカになるので、つや消しクリアするとちょうど良くなる。
a0207595_1533470.jpg


運転席全部ハッチは開けた状態で組み立て。
そのうち、プラッツからミッコのフィギュアが出たらいいな。
a0207595_15383584.jpg


履帯は両端になるD2とD6を接着しないでおいて、取り外し可能にした。
制度のいいパーツなので、パチパチつけたり外したりできるようになっている。
a0207595_15412329.jpg


履帯が外れても走れる、というより市街地を走るときに履帯を外して走れるように設計されたそうだが、履帯の取り外し自体が困難で使われることはほとんどなかったらしい。
そんな機能を面白く見せてくれた映画。
プラモデルでも偶然かもしれないが再現可能だ。
a0207595_1546339.jpg


a0207595_1552024.jpg


a0207595_1552826.jpg


a0207595_15521246.jpg


a0207595_15521475.jpg


a0207595_15522953.jpg


「Tulta!」
a0207595_15523239.jpg



by kenji_szmr | 2016-01-02 15:58 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.04.25
at 2017-04-25 22:56
HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン