<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Sternengesang

a0207595_17581296.jpg

きょうは久しぶりにバンダイチャンネルでアニメ見ながらプラモ作った休日。
きょうのアニメは『アイドルマスター』。

ゲームはやらないヒトだけれど、『アイドルマスター』は好きです。
キャラクターが中心になって話が進むし、会話のテンポがいいからBGMにしておいても良い。

当然、BGMにならないくらい魅力的な話も多いので、17話と18話は作業の手を止めて見ちゃいますよね。
あと5話ね。水着回。デュフフ。

プラモのほうは、手軽に成型色にそのまま缶スプレーで色を塗って完成させるつもりが、ガンダムカラースプレー1本ではどうも足りない気がしてきたので関節をモデルカステンカラーをエアブラシ使って塗り始めてこれはもう手軽じゃなくなってきた気持ち。
場所によってグレーの色も変えてみようだとか、さてバズーカとビーム・マグナムはどうしようかとかそんな楽しさ。


by kenji_szmr | 2014-05-27 18:14 | toys

NARA BEST SHOW

a0207595_20571599.jpg

映画を見にいったついでに、ショッピングモール内にはいっている本屋で見つけたオモチャ。
『並ベストショー 機動戦士ガンダム』。

a0207595_20574666.jpg

連邦パック、ジオンパックが2種類ずつあって、1パックにジムとザクがそれぞれ2種類☓4個と小物が入っている。きょうは試しに連邦パック01と、ジオンパック02を1パックずつ買ってみた。
パック内には、運が良ければジムの代わりにガンダム、ザクの代わりにシャア専用ザクが入っている。パッケージ背面に透明部分があるので、売り場で確認できるようになっているぞ。

a0207595_2114328.jpg

全高6センチ程度の固定フィギュアで、遊び方はグリーンアーミーメン。
ポーズ違いが2種類ずつなので、配置をつくって楽しめる。ジムとザクのキャラクター性を活かして遊べる。楽しい。

a0207595_2131224.jpg

ヒート・ホークで接近戦を仕掛けるザクと、シールドで防ぎながらビーム・スプレーガンで応戦するジム。
パッケージ的には「机の上」が戦場になるそうだが、むしろ砂場で遊びたい。絶対に埋めて失くす。

a0207595_2153240.jpg

ジムは格納状態が嬉しい。これがあるだけで「小さな防衛戦」の雰囲気が出せる。
もしシリーズが続くならアッガイやゾックまでラインナップされて欲しい。連邦はジムのポーズ違いを続々やってくれればいい。

a0207595_2195059.jpg

ザク が 4ひき あらわれた!
コマンド?

プラモデルはもちろん楽しいが、こういうミニチュア遊びも楽しい。


by kenji_szmr | 2014-05-25 21:12 | toys

REBOOT 1

a0207595_16504423.jpg

『キカイダーREBOOT』を見てきた。
一言でいう感想は「つまんない」。

退屈な説教の合間に暗闇の中で地味な殴り合いがローテーションされる。
ドラマづくりはとても丁寧だったのだが、台詞ばっかりで話を進ませている。

アクションも、最近はやりのくるくる回るワイヤーアクション。
このあたりは多分、好みの問題で俺には合わなかっただけなんだろう。

見どころは、ラジオ会館ロケと、メガハウスのコスチュームパーティメイドカフェコレクションですかね。
すごく、どうでもいい部分ですね。

むかしのヒーロー物のリメイクをやるたび、現代劇にあてはめると暗くなるかチープなメロドラマになるか、というのが続いているのでやっぱりつらい。
宇宙刑事シャリバンと宇宙刑事シャイダーも、今後やるようなのだが・・・

なんだか、とってもつかれた。
続編を匂わせるタイトルコールとラストシーンだったが、さて。


by kenji_szmr | 2014-05-25 17:40 | diary

Over the Rainbow

a0207595_18273134.jpg

『機動戦士ガンダムUC ep.7 虹の彼方に』を見てきた。
原作小説あるのでネタバレも何もないのだけれど、あのシナリオを映像化して、あれだけのモビルスーツをガッシガシ動かして最後に「ガンダム!」と締めくくってくれた。

映画館で映画を見ると、ひとからしたらなんでもないシーンで突然涙が止まらなくなることがあるのですが、今回の『ガンダムUC』ではその涙が始終止まらず、ビーム・マグナムの一発でさえ感動してしまうほど。
涙腺がおかしくなってるんじゃないかと思うほど、ボロボロと泣きながら映画を見ていました。

そして映画を見たらそのままオモチャが欲しくなるのは当然のことで、映画館近くのヨドバシカメラでHGUCフルアーマーユニコーンガンダムを購入。
他にもリゼルとかジェスタとかゼータプラスとか欲しくなったけどグっと我慢。

a0207595_18395438.jpg

こんな楽しいテンションをどうやってキープしたままプラモをつくろうかと思い、今回はあとで面倒になりそうな武装から作っていくことにした。
さらに、色を塗りながら組み立てる二段構えの戦法。

きょうはミサイルだけさっと組み立て。
ガンダムカラースプレーのファントムグレーはとても優秀ですね。


by kenji_szmr | 2014-05-20 18:42 | diary

第53回静岡ホビーショー 連装砲ちゃん編

a0207595_2114238.jpg

戦車撮影してホクホクしながら入場列で待機してたら、なんかきた、
あいつだ。

a0207595_21114026.jpg

連装砲ちゃんだ。
いま、人気のあいつだ。

a0207595_21114647.jpg

ふっかふかなきぐるみだ。
ふわふわ動いてやがった。

a0207595_21114960.jpg

ケツ振って体を上下させてやがった。
手もパタパタ動かしてやがった。

a0207595_2111563.jpg

高校生たちのマーチング・バンドそっちのけでこいつの撮影に集中してしましまった。
くっ・・・くやしい。

a0207595_2111589.jpg

正面から見てもカウァアイイ。。。。
できれば触ってみたかったが・・・

a0207595_2112139.jpg

そういえば、こいつカドカワの持ち物だと思ってたんですがフィギュアメーカーのアクアマリンさんの物なんですね。
『艦これ』はやってないのですけどこれは可愛いので、こういうイベントに是非、積極的に参加して欲しいですね。子供にも人気だったし。

これにて第53回静岡ホビーショーのテキストは終了。
イベントは新作発表も楽しいのだけど、モデラーズクラブの合同展示会で完成品を見るのも、刺激になって良い。

いやー、夜明け前に千葉を出て車で静岡向かって一日中歩きまわって日が暮れる頃にまた車で千葉に帰るって、楽しいけど疲れるね。
帰りは首都高で道を間違えて行きの倍の時間かかったりとかな。ワハハ。


by kenji_szmr | 2014-05-18 21:26 | diary

第53回静岡ホビーショー 10式戦車編

a0207595_20431319.jpg

静岡ホビーショーに行った目的のひとつ、陸上自衛隊10式戦車。
でっかい!そしてでっかい!

a0207595_20435664.jpg

でっかくて!
長い!

a0207595_20442828.jpg

ちからづよい!
しかくい!

a0207595_20485177.jpg

反対側からバァーン!!
現用戦車にみられる、すーっとしてベシャっとしたデザインは模型的にあんまおもしろくないなーって思ってたけど、実物みるとそんなの関係なくなるねェ。

a0207595_20441355.jpg

てんりん!
りたい!

a0207595_20445542.jpg

ゴムパッドつき!
履帯!!!!

a0207595_20452675.jpg

ろーあんぐる!
いやらしい!

a0207595_20472717.jpg

ほうしん!
ドーン!!

a0207595_2047426.jpg

もいっちょドーン!!!
だいはくりょく!!!

a0207595_2052394.jpg

ウインカー。
このあたりは、公道をはしるための最低限の装備なのだろうか。

a0207595_20524998.jpg

てっぺんの機銃には、ファインモールドのステッカーが。
何故??と思っていたら・・・











なんだか素敵なサプライズが展開されていたようだ。

a0207595_20555937.jpg

さて背後から。
広角気味で撮ると違和感あるね。

a0207595_20564551.jpg

おしり!
テールランプもついてます。

a0207595_2057272.jpg

さらにおしり!
カリっとしたディテールがいい。

a0207595_20593484.jpg

砲塔後部のバスケット、網目の向きが知りたかったので近くで見れて感激ッスよ。
あと、迷彩塗装の境目ってけっこうやんわりしてるのだね。塗装するときの参考にしよう。

a0207595_2135612.jpg

後輪、あしまわり。
毎日洗車する(アーマーモデリングのインタビューより)そうだが、それでも奥まった部分にほこりがたまってしまうのだろう。これはこれで参考になります。

ここまでの写真は会場前、朝のうちに撮影したのだが、午後になって気が付くと・・・

a0207595_2161180.jpg

砲塔がすこし動いていた。
くそー、動かした瞬間が見たかった。

a0207595_2165441.jpg

広角アオリでドーン!
ふわー、備蓄してるキット作りたくなってきた。


by kenji_szmr | 2014-05-18 21:09 | diary

第53回静岡ホビーショー 会場周辺観光編

a0207595_2010563.jpg

ホビーショーの会場、ツインメッセ静岡近くの静岡市消防団第8分団のポスター。
『艦これ』イラスト。

a0207595_2020193.jpg

雪風ちゃん。

a0207595_20204629.jpg

陸奥ちゃん。

a0207595_2021468.jpg

金剛デース。

a0207595_20211730.jpg

伊8。

a0207595_2022835.jpg

静岡の消防団、いろいろ大丈夫だろうか。

a0207595_20223768.jpg

ツインメッセ静岡近くには、また、いろいろ始まってる酒屋がある。
鈴木酒店である。

a0207595_2031275.jpg

まさかアオシマとコラボとは。
静岡は、元気だ。

a0207595_20342961.jpg

会場でプラモ買ったり、ツインメッセ静岡近くのリサイクルショップでプラモ買ったり、鈴木酒店で酒と土産買ったりした。
うん。なんだか最近買ってばかりで作ってないな。


by kenji_szmr | 2014-05-18 20:41 | diary

第53回静岡ホビーショー ガルパン・美少女編

a0207595_15424123.jpg

バンダイ編にも置いてあるが、Bトレインショーティーより鹿島臨海鉄道6000形 ガールズ&パンツァー ラッピング列車 2号車が発売される。
2013年11月より運行されてる車輌のようだ。いまだ、大洗には行ったことがないので・・・すいません。

さてプラッツのガルパンシリーズだが、今回は戦車の新作発表がなく、1/72シリーズで予定があったシャーマンの展示も無く、フィギュアとキャラクターグッズのみとなった。
これからのアンツィオ戦で活躍する車輌も、タミヤ(イタレリ)製のものばかりになるので、やはり厳しいのだろうか。

a0207595_15443325.jpg

会場発表新製品は、電撃ホビーマガジン2013年11月号の付録ピンナップを再現できるフィギュアと、何に対して何を改造するか判らない改造パーツのセット。
あぐらをかいた蝶野教官の立体化は、モデルカステンに続き2体目となる。

a0207595_15502976.jpg

うさぎさんチームからは、誰よりもはやく丸山が立体化されることとなった。
丸山人気に嫉妬、というやつだ。

a0207595_15522323.jpg

こちらはホビーショー受注商品となっていたカバさんチームフィギュアセット。
残りのアヒルさんチーム、カモさんチーム、アリクイさんチームと、のこりのうさぎさんチームの立体化は成るのだろうか。

a0207595_1552206.jpg

パートナーたちと個別に発売された黒森峰、プラウダとは異なり、ダージリン、ケイ、アンチョビはライバル校セット扱いでフィギュア化。
オレンジペコくらいつけてもバチは当たらんと思うゾ。

a0207595_1555084.jpg

上記セットとは別に、アンツィオセットが発表された。
不憫な女の子からまさかのシンデレラガールとなったアンチョビだが、OVAでの活躍はいかに。

負けるのわかってるんだけど。

a0207595_1552252.jpg

また、ホビコレあるいはイベント販売限定だったBEACH QUEENSじゃないアンチョビとカチューシャの水着フィギュアの一般販売が決定。
1/10水着フィギュアなんだから、もう、WAVEと仲良くやればよかったんじゃないのだろうか。

a0207595_1559935.jpg

トミーテックブース内のタカラトミーアーツのスペースでは、話題のミクロマンアーツの『艦これ』と『ラブライブ!』の展示があった。
会場発表は金剛と比叡。

a0207595_1603675.jpg

ワンフェスでも展示があった(気がする)初雪と深雪。
しばふ絵っぽさが適度に出ている。

a0207595_162939.jpg

先日から予約のはじまった吹雪と白雪。
吹雪型をまずは揃えるコンセプトなんですね。

a0207595_1641612.jpg

蒼龍と飛龍。
メーカーから販売店向けに提供されている写真素材よりはがんばって弓を引いているポーズをとっているが、これは、やっぱり難しいのだろうか。

a0207595_1663771.jpg

加賀と赤城は、以前よりも顔が可愛く・・・なっている気がする。
が、やっぱり弓はつらいのだろう。

ラブライブ!のミクロマンアーツも撮影してきたのだが、展示台の逆光で真っ黒に写ってしまったので掲載は見送り。

a0207595_1674236.jpg

さいごに『こえだらいず』の艦これシリーズ。
いま、このデフォルメの二次創作がはやっているらしい。


by kenji_szmr | 2014-05-18 16:11 | diary

第53回静岡ホビーショー ミリタリー編


ホビーショーのタミヤブースでは、1/35 マークIV メールの試作品・ランナーの展示及びギミックの紹介がされていた。
モーターライズで走る戦車の楽しさは、やはり動いてるところを見てはじめてわかる。

a0207595_15144983.jpg

特徴的なシルエットも可愛く(失礼)再現されているので、プラモデルとしての完成度も期待できる。
ランナーもパーツも「そんなに」多くないので、モーターライズ内蔵の戦車模型初体験に買ってみてもいいかもしれない。

a0207595_15171466.jpg

軸がしっかりした可動履帯が付属。
はやく、はやく組み立てて走らせてみたい!

a0207595_1519447.jpg

ハセガワの注目商品は、たまごひこーきオスプレイ。
可愛いパイロットフィギュアもついてくる。

a0207595_15202023.jpg

会場には素組したサンプルが“手に取って見てください”と置いてあった。
発売前の模型の見本を手に取れる機会もなかなかないので、これはいいアプローチだと思う。

a0207595_15215833.jpg

figma1/12スケール可動フィギュア用アクセサリーの新作は「ファミレスのテーブルと椅子」。
チェアとソファがそれぞれセットされている。figma1/12スケール可動フィギュアは学生キャラも多いから、学校の机よりも放課後っぽい遊びが楽しくなりそうだ。

a0207595_15241493.jpg

ハセガワマクロスシリーズの新作は1/48 VF-1Jマックス/ミリア機のコンパチ。
スーパーパックはブースター後部が青い、見慣れた色分けをされていた。いや、そんな出番ねえだろ。

a0207595_15263478.jpg

ローアングル。
スーパーバルキリーのこのアングル好き。

a0207595_15292325.jpg

マクロスFからルカ機も発売。
ゴーストは付属しないようだ。

a0207595_15305042.jpg

これでS.M.S.スカル小隊のメサイアは揃うことになるが、アーマードやデュランダルなどにつながるのだろうか。
スーパーメサイアのファイターのゴッテリ感好きなので、是非続いて欲しい。

a0207595_15322930.jpg

アオシマ、レーバテインとか艦これとかどうでもよかったので移動販売シリーズの新作だけ撮影してきました。
ゲームセンターやらたこ焼き屋と続いて今度はラーメン屋。これはポピュラーですね。

a0207595_15333162.jpg

おでんや。
・・・おでん屋台っていまでもあるのか・・・?

a0207595_15335676.jpg

牛丼屋。
移動販売で24時間営業っていろいろアカン気がするが大丈夫か。

a0207595_15342587.jpg

魚屋。
そういえば、会社の近くにもさかな屋のトラックが来て近隣住民に魚を売ってる。が、あまり馴染み無いよ。


by kenji_szmr | 2014-05-18 15:39 | diary

第53回静岡ホビーショー バンダイ編 その2

a0207595_14363859.jpg

静岡ホビーショーのバンダイブースは、注目商品の展示で混雑していた。
新カテゴリー「RE1/100」やガンダムビルドファイターズの続編発表もあったが、既出情報でも一度は実物を見ておかねばなるまい、とHGUC 1/144ネオ・ジオング。

a0207595_14391058.jpg

最終章公開当日まで明かされなかったネオ・ジオングのギミックが解禁されていた。
あっちこっち開いて背中のサイコミュドバーっと出てシナンジュさんのダブルバズーカなどもうやりたい放題なので、はやく映像見たい。

a0207595_14403867.jpg

雑誌でも発売決定となっていたHGウイングガンダムフェニーチェリナーシタも展示されていた。
番組終盤で登場してキットが発売されたない強化形態ほど残念なことはないが、イタリアの伊達男がそれを許さなかったのだろうか。

a0207595_14425332.jpg

同じくガンダムビルドファイターズからHGアメイジングエクシア。
この形での活躍の場は少なかったが、続編での再登場に期待したい。

a0207595_14442222.jpg

期待のHGグフR35も展示されていた。
HGUCグフは、完成度こそ高いものの古いキットだったのでリデコで発売されるのではと心配だったが、完全新金型だ。

a0207595_14471313.jpg

7月発売予定のフルーアーマー騎士ガンダム。
この調子でバーサルナイトガンダムまで欲しいものだが・・・

a0207595_14481556.jpg

旧ザク(サンダーボルト版)は、シブめのカラーリングだと思っていたらまさかの土木作業用カラーだった。
これはこれでいい。

a0207595_14514273.jpg

PS3 機動戦士ガンダム サイドストーリーズ Limited Editionに付属のHGペイルライダーの展示は、ゲームのオマケにしておくにはもったいない。
が、「Limited Metallic ver」とあるから多分あとでふつうの成型色で通常ラインナップに加わってくれるだろう。

a0207595_14534087.jpg

さて、ガンプラの新カテゴリ「RE1/100」シリーズはナイチンゲール。
次段はガンダムマークIIIとGP-04だそうだが、これはもうMGにしてもしょうがないけどミドルスケールで発売しておきたいラインナップ拡充というなの穴埋めシリーズなのではないだろうかとモヤモヤしつつ、プラモデルとしてのコンセプトの期待とは別にしてリグ・シャッコーとかゲンガオゾの発売を勝手に期待することにする。

a0207595_14561650.jpg

足のパーツ割りを見る限り、これ単に「でっかいHG」くらいの解釈でいいのだろうか。
MGにするには密度を上げなきゃならないが、これくらいなら作りやすいだろうという割り方で商品化のハードルを下げるねらいもあるのではなかろうか。

RE1/00ゲンガオゾが発表されるまでは様子を見よう。
出るかわからないけド。


by kenji_szmr | 2014-05-18 15:01 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26
17.03.30
at 2017-03-30 22:36

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン