<   2015年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

HGUC 1/144 ガンキャノン[REVIVE] その1

HGUC No.001と変わらない商品名でリリース(馬鹿じゃねえの)されたHGUC No.190ガンキャノンを、日用品の購入ついでに買ってきた。
ガンプラも、あるいみ日用品みたいなもんだからまあいいか。
インストをサッと眺めて、これといった後ハメ加工の必要が無いことをシミュレートして組み立て開始。

表面処理をしながら進めて3時間ちょっとで組み立て完了。
001から比べてだいぶ引き締めた「いまはやり」のスタイルにブラッシュアップされ、かつ「いかに関節パーツの可動部分を隠すか」が大事だった時代に作られた001と異なり、肘や膝の可動部分はあからさまに「動きます」をアピールしたディテールになっている。
「そうじゃない」というわけではないが、16年(!)という時間の中でガンプラがどのように進化してきたかがわかる。
a0207595_2138698.jpg


ガンキャノンREVIVEは今風のシルエットやロボットアクションフィギュアとして進化しただけなのかどうか、だけではなくパーツ割の親切さと組み立てやすさが一番の進化と言えるだろう。
ゴーグルと黄色いパーツをのぞいて、本体のランナーは4枚で構成され、細かいパーツが関節のヒンジくらいしかなく、腕の筒や太ももなどは一体成型で、素組をしてもパーツの合わせ目がまず表には出てこないようになっている。
ただし、一体成型にした都合パーティングラインや太めのゲートがどうしても出てしまうので、完璧とは言いがたい。

ふと思いついてさっとガンプラを作りたくなってキャラクターを選ばないのであれば、このREVIVEは非常に優秀なインスタントなキットになっている。
表面処理などしなければ、早いモデラーなら1時間程度で組み立てられるだろう。
当然、ガンプラをはじめて手にとるモデラーにも「こんなに作りやすいのか」と感じられるキットだ。

7月発売予定のガンダムREVIVEや、今後予定されているガンダムマーク2にも期待したい。
しかし、CEのフリーダムガンダムなんかを早々にラインナップするのであればRGのように新カテゴリーで「HG REVIVE」にすることはできなかったんだろうか。
俺の知ったこっちゃないけど、これ流通の発注書で「HGガンキャノン」だけ書かれてたら混乱するんでないの。今後のガンダムにしてもさ。


by kenji_szmr | 2015-06-29 22:02 | toys

GRIEF

2015年6月22日、聖橋より。
a0207595_8585339.jpg



by kenji_szmr | 2015-06-29 09:01 | photo

フレームアームズガール 轟雷 その3

轟雷ちゃん、仮組完了。
このままでいいような気がしてきたが、色を塗って完成させたい気持ちが強くなったのでそのままサフってバシっとキメる。
バンダイチャンネルで『サーバント×サービス』見ながら。
a0207595_19141596.jpg


布っぽいパーツはあとで青くするつもりなので、下地を黒く塗る。
メカ部分はメカサフライトで調整。
肌色はトップコートだけで成型色を利用。
a0207595_19141767.jpg


茶髪っぽい色を模索していたが、どちらかというとオレンジ色になってしまった。
まるで501小隊のシャーリーのような・・・
バイザーの色次第でまた印象変わるだろうか。
a0207595_19142035.jpg


パンツも黒に。
黒塗った状態で足を動かしたら、色移りしよった。
青を塗ったあとはちゃんとトップコート吹こう。
a0207595_19142299.jpg



by kenji_szmr | 2015-06-28 19:23 | toys

TWILIGHT ZONE

2015年6月27日の夕暮れは、とても美しかった。

春日通りにて。
a0207595_2164970.jpg


茗荷谷駅付近にて。
a0207595_217319.jpg


同上。
a0207595_217501.jpg


茗荷谷駅ホームより。
a0207595_218170.jpg


御茶ノ水橋から文京区方面へ。
a0207595_218188.jpg



by kenji_szmr | 2015-06-28 00:06 | photo

Unbalance ZONE

2015年6月27日、御茶ノ水橋にて。
a0207595_20585146.jpg


朝からじめじめしていると、カメラの設定をモノクロにしたくなる。


by kenji_szmr | 2015-06-27 21:05 | photo

ACROSS THE UNIVERSE

2015年6月26日、後楽園にて。
a0207595_22331153.jpg


いい曇り空だったので、モノクロでふわっと。


by kenji_szmr | 2015-06-26 22:38 | photo

Krieger des Lichts

レンタルCDは最高なんですが、iTunesの配信も最高なんです。
きょうは『魔動王グランゾート マジカル音楽大全集』を借りてきて20年ぶりにカセットテープじゃなくてCDで聴く「君とBang! Bang!」をつまみに酒を飲んでます。
サウンドトラックにははいってなかったあの曲この曲、しっかり聴けます。
a0207595_23204928.jpg


それと、iTunesStoreで『Mad Max:Fury Road』のサウンドトラックを買いました。
Deluxe版は1900円で26曲入りで、通常版は17曲入りで1600円なので、躊躇わずDeluxe版を買いましょう。
あの曲は「Chapter Doof」です。


by kenji_szmr | 2015-06-23 23:31 | diary

FURY ROAD

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を見てきた。
あらかじめ、テレビ東京で『マッドマックス』『マッドマックス2』『マッドマックス サンダードーム』が見られたので、『怒りのデス・ロード』の世界もすんなり受け入れることができ、恥ずかしがらずに世紀末をリメイクすることに拍手を送りたい。
何も考えなくていい、スピードと暴力とギターが世界を牛耳っていた。

BGMかと思ったら、先端から火が出るダブルネックギターとクルマに搭載されたドラムが実際に鳴らしている音が荒野に響いている。
そんな演出をされたら、嫌でも映画にのめり込むというもの。
2時間ずっとハイテンション。

2時間ずっと走りっぱなし。
難しく考える伏線も無い。
ただただ、大迫力のクラッシュシーンの連発。

MADな世界は何も火を噴くギターだけではない。
もしおれが中学生だったら、明日からV8の祈りを学校ではやらせると思う。
画面を縦横無尽に走り抜けるトゲつきの「お馬カー」の数々はなぜ、グリーンライトかホットウィールから発売されていないのか疑問を抱く。

『パシフィック・リム』で血沸き肉踊る体験をしたボンクラたちに捧げる、2015年最高のデートムービーと言える。
何も考える必要がない。
そして男女の愛とはなにか考えることもなく身体を求めるだろう。

思考する必要がない。
一言「ヤバい」で片付けていいような映画だ。
こうやって頭をつかって感想をつらつら考えることすら馬鹿らしい。

みんなで見にいってそのまま飲み屋で語り明かすのが良さそうだ。
最高に「ヤバい」一本だ。
レンタルDVDだとか、地上波初登場なんて待っていないで、今すぐ映画館に見に行って欲しい。


by kenji_szmr | 2015-06-22 21:53 | diary

BEAUTIFUL SKY

2015年6月20日、JR船橋駅にて。
a0207595_12502511.jpg



by kenji_szmr | 2015-06-22 00:50 | photo

WILDERNESS

2015年6月20日、いつもの猫。
このやろう、俺が餌やらねえのわかってるからそっぽ向きやがる。
a0207595_12423260.jpg



by kenji_szmr | 2015-06-21 12:47 | photo


カメラとニッパー


by kenji_szmr

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.05.24
at 2017-05-24 20:05
【完成】1/100コンバット..
at 2017-05-17 21:20
第56回静岡ホビーショー その5
at 2017-05-16 23:54
第56回静岡ホビーショー その4
at 2017-05-16 23:41
第56回静岡ホビーショー その3
at 2017-05-16 23:23

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン