<   2015年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

カメラとニッパー(仮)

気が変わったので、ブログのタイトルを変えました。
by kenji_szmr | 2015-10-31 00:00 | diary

SDガンダム EX-スタンダード RX-78-2 ガンダム その3

HGリバイブを作った時と同じように、パンツのリボンの塗装をしくじる。
股間にペイントリムーバーを塗って塗装を一度剥がしたので、来週の休みにリトライ予定。
a0207595_17291391.jpg


ラッカーで下地作って、その上からアクリル吹き付けて溶剤で落とせば良くない?
とか思ったけどアクリルは溶剤じゃ落ちないです。
なのでパンツとシールドの黄色はやっぱりマスキングして塗ることにします。


by kenji_szmr | 2015-10-26 17:30 | toys

グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん-艦これ- 1/8 武蔵 軽兵装Ver.

たまには萌えフィギュアを買う。
a0207595_18565276.jpg


バンダイのAGPも気になっていたが、発売直前にネットで見た写真に惹かれて衝動買い。
a0207595_18593016.jpg


ゲームはやっていないけれど、どの艦娘も魅力的ですね。
a0207595_190684.jpg


腰の艤装は取り外し可能。
a0207595_1905574.jpg


武蔵のスタイルの良さがわかります。
a0207595_1913985.jpg


艤装の造形も抜かりなし。砲塔は回転、砲身は上下に可動。
a0207595_1941457.jpg


腰から伸びるジョイントに乗せるだけだが、保持はがっちり。
a0207595_1942698.jpg


1/8スケールフィギュアならではの密度。顔も美人に造形されいる。
a0207595_1975669.jpg


九一式徹甲弾を葉巻のように構える勇ましさ。
a0207595_19155721.jpg


眼鏡にレンズは入っていない。予備がついている。
a0207595_19163778.jpg


ところでスカート外すとすごいことになってます。
a0207595_1918659.jpg


おねがいします、履いて下さい。
a0207595_19183425.jpg


このサラシを見て、一目惚れしてフィギュアを買ったので。
a0207595_19184920.jpg


こいつゥ、エッチな戦艦だなぁ。
a0207595_19191966.jpg


おしり。
a0207595_19195293.jpg


立体的なボディ。
a0207595_1921270.jpg


ヘソが凄いなぁ。
a0207595_19212789.jpg


おっぱう。
a0207595_1921451.jpg


グッドスマイルカンパニーの大型フィギュア、いいですねえ。大和も買えばよかった。
a0207595_1922374.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-25 19:26 | toys

ロボット魂 G-セルフ

『ガンダム Gのレコンギスタ』は、わたしの中で『機動戦士Vガンダム』の次に好きなガンダムシリーズである。
プラモデルはどれもピンとこなくて買わずにいたが、Gセルフは魅力的な立体物が欲しいと思っていたところでマスターグレードがあれば・・・という希望も叶いそうにないのでロボット魂を買ってみた。
PVCがほとんど使われておらず、全体的にカリっとした造形で更にアクションポーズの自由度が高く、満足度の高いフィギュアだ。
a0207595_16275518.jpg


四肢の太さがバランスよく、力強いタフな印象の背中。
a0207595_16311678.jpg


関節やスラスターに使われているクリアパーツが綺麗なので、全身くまなく満足できる。
胸のダクトもクリアパーツで覆われているので、アニメの再現度もじゅうぶんだ。
a0207595_16534513.jpg



オプションの手首は両手ともに握りこぶし、平手、ライフル用、ビームサーベル用が付属している。
両平手を使えば第一挙動も再現できる。
プラモデルではパーフェクトパックまで平手が付いていないので、Gセルフ単体で遊ぶにしてもこれは嬉しい。
a0207595_16332826.jpg


さらに「Gの閃光」で印象的なポーズも。
a0207595_16345622.jpg


ビームサーベルは2本付属しており、グリップからビーム刃が取り外しできる。
さすがに肩のサーベルラックに収納はできない。
a0207595_16353967.jpg


HGのようにコアファイターは付属していないが、大気圏用パックは単独でディスプレイもできるようなジョイント(穴)がある。
本体と接続するときに「カチッ」とハマるので、それだけでもう嬉しくなる。
a0207595_16362321.jpg


両サイドのブースターが連動して上下して、翼はそれぞれたたむことができる。
a0207595_16381656.jpg


大気圏用パックにジョイントがあるので、魂STAGE等でディスプレイするときはGセルフの股間の可動を妨げることがない。
シールド、ライフルともにトワサンガ製のものが付属しているので、オープニングで装備している武装が再現されている。
a0207595_16393076.jpg


可動ポイントがよく詰められているので、頭部からつま先まで派手でも静かでもアクションさせても、そうそうシルエットが崩れることがない。
a0207595_16423497.jpg


股関節は二重にスイングして、太ももはボールジョイントのスイングで膝の可動に合わせてスライドするので、35周年記念イラストが再現できる。
a0207595_1645370.jpg


静かに立たせても動かしても落ち着くロボット魂Gセルフだが、なによりも嬉しいのは、たぶん、手に取らないとわからない「カリっとした可動にシュっとしたディテールが両立したタフな印象のアクションフィギュア感」だろう。
Vダッシュガンダムやガンダムマーク2も満足度は戦ったが、Gセルフのキャラクターを差し引いてもアクションフィギュアとして遊んでいて楽しい逸品と言える。
a0207595_16461655.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-25 16:52 | toys

SDガンダム EX-スタンダード RX-78-2 ガンダム その2

とりあえず黒サフ。
a0207595_10414810.jpg




by kenji_szmr | 2015-10-25 10:42 | toys

SDガンダム EX-スタンダード RX-78-2 ガンダム その1

2015年春のホビーショーで発表されて以来音沙汰のなかったガンプラが、まさかアジア圏で発売されているとは思わなかった。
パッケージもインストも日本語、JANコードも振ってあるが品名等は中国語のシール貼り、パッケージ側面に「0202641-600」の記載もあるのでもし日本で売るなら600円が定価になるのだろう。
今回、台北に行っていた友人にストライクガンダムと一緒に買ってきてもらえた。わたしは運がいい。
a0207595_2318245.jpg


ポリキャップ含め5枚のランナーで構成されている。
「パーツのあわせめ」ができるのは頭と体くらいで、ほかはバンダイ脅威のインジェクション技術で一発整形されている。
シールを使えば色再現はほぼ完璧になる。
a0207595_2320048.jpg


タッチゲート式なので工具いらずで簡単につくれる。
これなら、お店で買ってすぐに組み立てて遊べるだろう。
ゲート処理をしながら組んでも、1時間程度で仮組完了。
a0207595_23223169.jpg


パーツ構成はシンプルながら、『SDガンダム三国伝』シリーズあとのウイングガンダムEWから使われているポリキャップと可動機構で、SDガンダムならではの寸詰まりなアクションができる。
a0207595_23243556.jpg


手足をすーっと伸ばせば、メモリアルアクションがバッチリ。
a0207595_2327268.jpg


また、ビームライフルにマルチブレードアンテナとシールドとビームサーベルを取り付けて、よくわからない武器が完成。
HGリバイブと一緒に遊ぼうとパッケージにある。
a0207595_23273396.jpg


150元の値札が貼られているので、台北でもだいたい600円くらいの価格で売っていたようだ。
餃子一皿30元くらいなので、日本円換算すれば変わらないけど、向こうの物価からしたら少し高級なのだろうか。
いや、ビッグマックセットが119元だからそんな変わんねえな。

気が向いたら塗装しよう。


by kenji_szmr | 2015-10-24 23:39 | toys

モンモデル 1/35 ルノー FT-17(リベット接合式砲塔) その2

ちょちょっとタミヤアクリルで運転席を塗る。
あとで見えなくなるしブバっと汚すので下地の白が透けてても気にしない。
a0207595_233477.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-21 23:07 | toys

Rom und Nacht

2015年10月19日、千代田区神田駿河台にて。
a0207595_23151695.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-20 07:14 | photo

Silence Strain

2015年10月19日、東京駅 丸の内にて。
a0207595_2364778.jpg


a0207595_2313989.jpg



by kenji_szmr | 2015-10-19 23:13 | photo

新宿高島屋 帰ってきたウルトラマンの世界 後編

展示の後半は、プロップや資料の展示。
こちらはマットアロー1号。
他にもアロー2号とジャイロの展示があった。
a0207595_22463376.jpg


撮影で使われたウルトラブレスレットは、きくち英一さんから借りているのだろうか。
しかしパネルに「ジャックブレスレット」と、知らない名前で紹介されていた。
a0207595_22465865.jpg


撮影で使われた飛び人形。
a0207595_22473739.jpg


と、真新しい飛び人形。
こちらは何かで使ったのだろうか。
a0207595_22485754.jpg


トランポリン用マスク。
覗き穴が大きくて、発光ギミックがないようだ。
a0207595_22491777.jpg


今回の収穫、オープニングのシルエットアニメはイラストではなく、実際に俳優が動いていたということ。
a0207595_22512616.jpg


土台の上で芝居をしていることと、人の輪郭がわかる。
a0207595_22521297.jpg


どう考えてもカッコイイ二人のポーズ。
a0207595_225339.jpg


最終話だろうか、男性陣が勢揃いしている。
a0207595_22552233.jpg


当時の資料の合間に、キングザウルス三世や、ウルトラの星光りそうなジオラマ展示。
a0207595_22571858.jpg


暗殺宇宙人ナックルも、遠慮なく光っています。
a0207595_2258486.jpg


きぐるみ以外にも、ミニチュアやレプリカの展示も。
a0207595_22583566.jpg


嬉しくなってアップで撮ったスチル。
a0207595_2259098.jpg


そして撮影用マスク。耳の電飾スイッチが見てわかる。
赤はすっかり黒ずんでしまっている。
a0207595_22592445.jpg


と、腕のパーツだろうか。
きくち英一さんのサインが入っているが、23年前のものなので何かのイベントで書かれたのだろう。
a0207595_22595155.jpg


他にも企画書や台本などの展示もあり、マニアも楽しめる内容だった。
また機会があれば、まとめて帰ってきて欲しい。


by kenji_szmr | 2015-10-19 23:05 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.09.19 後編
at 2017-09-19 23:03
17.09.19 前編
at 2017-09-19 23:00
メカコレクション ウルトラホ..
at 2017-09-13 15:36
メカコレクション ウルトラホ..
at 2017-09-12 23:13
機動戦士ガンダム THE O..
at 2017-09-05 22:16

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン