<   2016年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Intended

2016年6月9日、秋葉原にて。



by kenji_szmr | 2016-06-09 22:25 | photo

Jeden Tag ist trüb.

2016年6月3日、秋葉原にて。




by kenji_szmr | 2016-06-03 22:09 | photo

メカコレクション マジンガーZ をつまみに酒を飲む。

私は80年代中期にうまれて、ロボットが登場するアニメといえば『ガンダム』として育っていますが、小学校あがる頃に『CBキャラ 永井豪ワールド』を見たり、中学生の頃に『スーパーロボット大戦』をやった影響で『マジンガーZ』はだいたい知っています。
とはいえテレビシリーズを全部見るには東映の配信サービスにはいるかお高いDVD-BOXを買わないといけませんから、せめて活躍するオリジンが見たいと思って愛蔵版コミックスを買ったり、レンタルDVDで劇場版を見ました。
マジンガーZが話の主軸となって日本の平和を守る、そんなヒーロー像がしっかりあっていいですね。

日常的に、空気を吸うようにマジンガーZが好きでしょうがないわけではないですが、くびれたドラム缶にスルーッと手足がついたようなデザインに、小池一夫がバシっと決めたフレーズ「くろがねの城」が似合うような立体的な頭部デザインが好きです。
超合金シリーズも、なんどか手にとってみようと考えましたが価格の問題で買うに至らないことが多かったのですが、縁があって2001年(15年前)に発売されたプラモデルが手に入ったのでお酒のつまみにします。
お酒とプラモデルが好きなので。


アルコールのはいった適当な記憶で書きますが、ミレニアム・バンダイ・ホビープロダクツはプラスチックモデルキットに異素材をアッセンブルしてプラモデルとおもちゃの質感の両立を目指していた、そんな雰囲気がありましたね。
1/144ウイングガンダムゼロカスタムの柔らかい羽や、このマジンガーZのゴムみたいな素材の手首がそうですね。
MGゴッドガンダムの手首などもこの素材だったと思います。完成後のロボットの接地性や、パンチの一体成型などメリットがあるようですが再販しにくいデメリットもあるんじゃないでしょうか。よくわかりませんが。


「スライド金型」という言葉と技術を知ったのは、たしか超合金魂『忍者戦士飛影』黒獅子に付属の飛影の鎖帷子のディテールになっている四肢だったとおもいますが、そんなものよりだいぶはやい時期から4方向から抜く金型を使っていたのがこのキットです。
写真は肘のパーツですが、綺麗にバシーっと筒が抜けています。
ロケットパンチを組み込むためのバネを仕込む筒がしっかり造型されているので精度の高い筒が成型されています。


同様に足もすげえ精度の筒で抜かれています。
ここに膝関節仕込んでズボーっと組むようにできているので2001年のバンダイホビーすげえ。
パーツを減らして組み立て安くすることで未来が見えてます。


腿も一体成型なので、筒に関節を突っ込めば空にそびえる鉄の城スーパーロボットができあがるわけです。
けど膝やひじがつるつるなのに腿と腹にへんなディテールが入ってるのはバンダイ・ホビー・プロダクツって感じですね。いらないモールドです。
作るときは殺します。腹はミサイルパンチが飛び出す場所なのでいいかな。腿の変なモールドは消す。


はなしは少しもどりますが、メカコレクションシリーズはマジンガーZの他にゲッター1、グレートマジンガー、ライディーンでラインナップが終了したと記憶しています。
どれもこれもアニメ本編ではストレッチ素材を使用したパンツをはいており、メカニカルな描写よりも生態的な、筋肉に布をかぶせたような動きが印象的にダイナミックアクションをしていると思っています。
メカコレクションシリーズではそんなパーツを分割(MGジムなどに見られるむちゃくちゃな分割パンツ)をせずに、パンツやボディに軟質素材を使用して可動を再現しています。とてもエポックであとに続かない企画です。マジンガーZのブルマが本当にブルマみたいです。股間のパーティングラインがクロッチみたいに見えますねどうでもいいですね。


バンダイといえば多色成型(ドラグナーのシステムインジェクションはすごいですね色を塗りたくなくなりますね)ですが、成型色をどう活かすかまでしっかり考えてツルツルテカテカのブレストファイヤーです。
色を塗らなくてもいい具合にツヤとマットがフィージョンしたマジンガーZのオモチャがてにはいります。
ぜひお遊びください。



そういえばこのキット、発売当時に友人宅にあった完成品(たぶん素組)が猫のオモチャにされていてあちこちに噛み跡があったのは今おもえば『マジンガーZ対暗黒大将軍』みたいでカッコ良かったな。
リアルなダメージ表現だったといえる。
たぶん。


by kenji_szmr | 2016-06-01 23:00 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

AMAKUNI の島田愛里寿..
at 2017-07-25 21:11
17.07.19
at 2017-07-19 22:17
グッドスマイルカンパニー 艦..
at 2017-07-18 22:49
AMAKUNI 1/8 艦隊..
at 2017-07-18 22:32
古いプラモデル
at 2017-07-18 22:18

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン