<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

17.01.31

昨日暖かかったので、今日もそのつもりになってカメラバッグ抱えて浅草に写真撮りにいく。
浅草寺などはうまく撮れなかったので、うまい昼飯を撮った。
ヨシカミ」をはじめて知ったのはたしか、『サクラ大戦』の聖地巡礼などを紹介した書籍だったと思う。実在する店とは思わなかったし、むしろあの本はちゃんとそういうタイアップとってるのはすげえなあと思った次第。99年頃の本だったかな。
a0207595_20141685.jpg


ポークソテー。
豚肉をフライパンでカカカーッと焼いてアブラをチャチャっと捨てて酒的な何かでジュワっと味付けをしているように見えた。
豚肉のうま味とボトルから吹き付けられた味が作る完璧な調律(マキシマムチューン)に、わたしの口の中に知らない味が広がる。知らない豚肉の味が広がるプラズマ。
a0207595_20141948.jpg


ハヤシライス。
店の入口に「ハヤシライスまだあります」なんてパネルを出されたら食べずにいられない。ポークソテーだけにするつもりがもう、我慢できなかった。ご飯とハヤシの量が的確で、豚肉と一緒に食べてもうちょうど腹八分目くらい(子デブ)。
シュっとしたご飯にアツいハヤシが絡まって濃厚な味わいが舌を刺激し、喉に余韻が残る。
a0207595_2014215.jpg


値段は平均的な昼飯の倍以上かかったが、『旨すぎて申し訳ないス!』のキャッチコピーの通り、味がしっかり旨い。
浅草の裏通りにひっそりと佇む店構えだが、贅沢な昼飯を食べたくなったまた行こうと思う。
いやもう、本当に、久しぶりに「うまい」を感じた。
a0207595_20142250.jpg


腹と心を満たしたあとは浅草六区をぶらぶら。
a0207595_20142387.jpg


厩橋です。
a0207595_20142483.jpg


蔵前橋通りの車屋さん。
a0207595_20142666.jpg


首都高速6号向島線です。
a0207595_201428100.jpg


スーパーカブです。
a0207595_2014302.jpg


空き瓶です。
a0207595_20143419.jpg


ガテン系です。
a0207595_20143626.jpg


ニャーン。
a0207595_20143721.jpg

a0207595_20143898.jpg

a0207595_20144093.jpg

a0207595_20151287.jpg


浅草から新小岩まで歩いて「ミコンフィンランドショップ」に寄る。
きょうはカフェは打ち合わせのようで、貸切の札が出ていたが店内の雑貨は見ることができた。
それと、ポテサラを乗せたお菓子と、お茶をいただいた。しまった、お茶を買いそびれた。また行こう。
a0207595_20151941.jpg


せっかく新小岩のフィンランドに来たので、サルミアッキとフィンランディア(ウォッカ)とチョコバーを買った。
ムーミン雑貨メインの店内に、やや見える石川県の戦車道。
a0207595_20152679.jpg


moi
a0207595_20153390.jpg


蔵前橋通りの夕陽。
首都高速道路中央環状線東側区間、ガードレールが低いので風がビュンビュンくるのでCB250Fで走ってると飛びそうになる。
それでもけっこう通ることがおおいので、どうしたもんかね。重いオートバイに変えれば違うのかね。
a0207595_20154094.jpg



by kenji_szmr | 2017-01-31 20:59 | diary

17.01.28

【超合金魂】シリーズが始まって20年という、その時間の経過に驚いているのだが、では20年前に「少年の心をもった大人」だったひとたちはいま、なにがどうなっているのだろうか。
わたしは『機動戦士Zガンダム』と同い年なので『マジンガーZ』はレンタルビデオなどで見た程度なのだが、キャラクターとして“欲しい”と思えたことは少なかった。
99年ごろに発売されたプラモデル依頼のもので、今回の『超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.』のコンセプトが東映アニメ版のマジンガーZを再現しているというので、ずっと「こういうマジンガーが発売されない限り買わない」と思っていたくらいのものが、まさか発売してしまった。
a0207595_22434584.jpg


パッケージを開けると、ジェットスクランダーや台座、その他差し替えパーツはブリスターに入っているが、マジンガーZ本体は発泡スチロールにしまってある。
色移り防止のためのビニールからは見えないが、顔のパーツは「パイルダーオンしていない目が黒いもの」が取り付けられている。
箱を開けて台座の中に収納されている「パイルダーオンして目が黄色くなった顔」とジェットパイルダーをドッキングして、遊びの時間の始まりだ。
a0207595_22434691.jpg


はじめて『マジンガーZ』を知ったのは『CBキャラ 永井豪ワールド』という、SDガンダム全盛期にリリースされたOVAシリーズだったと記憶している。
手足が短くデフォルメされ、ブレストファイヤーを撃てば胸板のペンキが剥がれ、ジェットでは宇宙が翔べないのでスクランダーを自爆させてグールに取り付いたり、活躍のさまはお笑いでしかなかったが、なめらかな円柱をつなぎ合わせたボディに立体的な頭部は、ミスマッチさの中の美しさと力強さを印象づけた。
本編を見るには機会がなく、25歳を過ぎてからオリジンに触れたわけだが、それはもう緊張感とエンタテインメントがぶつかるエキサイティングな30分だった。
a0207595_22435073.jpg


今回のマジンガーZは念願かなった立体物ということもあり、動かしても飾っても大満足の超合金だ。
そう、こういうカタチの、東映アニメが描いた「手足がひょろっとしたシルエットでいて寸胴、顔もどちらかといえばのっぺりしているが目に優しさのあるマジンガーZ」が本当にほしかったのだ。
面倒な武器がない。ロボットという機械そのものがすべて武器になっている。目からビーム、胸板から灼熱の炎、腹からミサイル、腕は飛ぶし、肘にもミサイルがついてる。
a0207595_22435334.jpg


すぐに手に武器をもって戦う後輩がやってくるわけだが、やはり、機械の機能とすればオプションではなく内蔵火器があってこそだろう。
このマジンガーZは腕を飛ばすこともできなければ、ブレストファイヤーの裏にミサイルが入ってるわけでもない。
けど、アニメのイメージ通りのカタチが手元にある、それが一番うれしい、楽しいものだ。


by kenji_szmr | 2017-01-28 23:00 | diary

17.01.24

iPhone6sがバッテリー交換プログラム対象だったので、秋葉原のお店に持ち込んで交換してもらった。
稀に、勝手に再起動したりしていたのでおかしいとはおもっていたのだが。
ただ、室温5度以下の部屋の中とか、オートバイのシートバッグに入れて寒いなか走ってたときだったりしたのでたんに耐えられる温度の問題では?と考えていた。
何にせよちゃんと治ってよかった。

秋葉原に行ったついでに、新製品の食玩やらぬいぐるみをつまむ。
ガンダムコンバージのガンダムキュリオス。
アソ1でプレ値つけてる店もあった。
a0207595_22786.jpg


ヴァーチェとナドレはEXで売ったりするのだろうか。どうかな。
a0207595_2271015.jpg


ガルパンもちもちマスコット、ダブったりするのもアレなのでバラ売りの武部と優花里を買った。
定価の倍付けだったがダブっていらない娘が増えるよりいいでしょう。
可愛い。
a0207595_2265094.jpg


ゆかさお。
a0207595_226523.jpg


おぱんつ。
a0207595_2265490.jpg


秋葉原から歩いて御徒町の方へ。去年の12月にオープンしたばかりで、美味いと評判のハンバーガー屋『CRANE』に行ってみた。
ダブルバーガー、美味い。お店でこねて焼いてくれる肉はピリっと胡椒が効いていて口の中にたまらないうま味が広がってくる。もうガブガブ頬張るうまさ。
本当に美味いハンバーガーが食べられたので、また行こう。
a0207595_22132865.jpg


美味いハンバーガーのあとはmont-bellで帽子買ったり手袋見たりして、それから月島の銀一で背景用紙を買い足す。
きょうのおもちゃたちの写真は、あたらしいバックペーパーで撮影したもの。
暗い色ばかり持っていたので、きょう買った3枚は明るい色でまとめてみた。

a0207595_227380.jpg

a0207595_227664.jpg

a0207595_2271246.jpg

a0207595_2271419.jpg

a0207595_2271595.jpg

a0207595_223047.jpg

a0207595_2264611.jpg


そういえば、エキサイトブログが横幅1600pixelまでの画像に対応してくれたので、更新が楽になりました。


by kenji_szmr | 2017-01-24 22:32 | diary

17.01.23 辰巳PA



仕事帰りに横浜のほうまで走りにいくつもりで、首都高迷って尿ファイトに勝つために辰巳PAで休憩。
箸の中にある駐車場、ゆっくり揺れている。
建築とは凄い。これが崩れないのである。


by kenji_szmr | 2017-01-24 00:38 | photo

17.01.20

仕事帰りにフィギュア屋に行ったら、『ガールズ&パンツァー 劇場版 もちもちマスコット』が売っていたので、MGジムスナイパーIIと一緒に買ってみた。
ボコだけほしかったのでためしに3つ買って、いっこめでボコが出たので残り2つは適当にしまっておこう。
中身がみっちりつまっていて、ボコがチャーシューのような状態になっている。手足はイモムシで可愛い。島田さんちの娘も手足がいもむしでぱんつ丸出しでアレ。

と、ヤフオクとか中古玩具店を見ていまさら『ウルトラマンガイア』のコンテナビークルシリーズをつまんでみる。
きょうはシグファイターEX、シーガルフローター、シグファイターSG。
なんだかこじんまりとしたオモチャを並べてしまった。


ピースキャリーに搭載できる六角形のコンテナから、各マシンに変形する。
ヒンジがグイっと動いて気持ちがいい。タイヤがついてるので転がして遊べるのもいい。
EXはストレートにヒロイックなデザインだがグレーのシブい主役メカだ。


バンダイコレクターズのSSとSGも、もうちょっと頑張ればEXまで発売されたんだろうか。
スティンガーとかセイレーン7500とか。
無理か。


by kenji_szmr | 2017-01-20 23:19 | diary

【完成】PLAMAX JG-01 1/350 チェルノ・アルファ

“ロボットのオモチャ”といえば、やはり硬いプラスチック製のものが好まれるだろう。
それでいて、“組み立てる工程”はロボットを知ることができるとびきりの時間を得られる。
つまり“ロボットのプラモデル”は自分だけのマスターピースを作り上げることができる、最高の趣味といえるだろう。

ロボットに限った話ではないのだが。

『プラマックス 1/350 チェルノ・アルファ』はそんな“とびきりの時間”を与えてくれる傑作キットだと、わたしは評価する。
プラスチックならではの硬いディテール、気の利いたLEDユニットの遊び、無理をしない差し替えパーツによるギミック再現。
そして何より、絶妙なパーツ構成による組み立てやすさと塗りやすさ。

キットがモデラーに与えるストレスを排除し、手を動かす時間が楽しくなるキットだ。

今回はパーツのつなぎ目消しや、後ハメ加工という手間すら省き、とにかく組んで塗って完成させること目標とし、メーカーが提供する「組みやすさ」をモデラーとして「組みやすい」ことを感じ、そして伝えられるように完成させた。
基本的に使用した色は2色、Mr.カラーのロシアングリーン(2)とエンジングレー。それにMr.ウェザリングカラーで汚し、影を書き込み、ポピュラーなエナメルでハゲチョロを描き込む。
キャラクタープラモデルを相手にして、戦車模型のテクニックを利用して仕上げてみた。

深みのあるフィルタリングや、主張すぎないサビ、以下の写真で見て欲しい。

























































秋葉原などの割引店での実売価格は6000円程度で、すこしハードルの高いキットではあるが、こと“組み立てる楽しさ”という天でいえばこれほど「楽しい」といえる設計はそう、ないだろう。
それでいてプラモデルとして絶妙な「作りやすい、色分けがちょうどいい、デカールによる情報量の付加、程度のいいアクション性」があり、『パシフィック・リム』でシビれたボンクラは少し無理をしてでも購入し、組んで、塗って、自分だけのイェーガーを手にして欲しい。
できることならストライカー・エウレカ、コヨーテ・タンゴ、クリムゾン・タイフーンまで発売してほしいものだが、まずはジプシー・デンジャーを楽しむことから始めよう。


by kenji_szmr | 2017-01-17 21:09 | toys

17.01.13

話題のモンモデルのキングタイガーがついに発売された。
割引してるお店で買ったのだが、インテリア再現無しのキットとはいえ本体が3000円代、別売りのツェメリットコーティングデカールとあわせても5000円しないで1/35AFVキットが買えるというのは、もう何年まえの話だろうかというほどに、驚きの価格である。
安いからといってデタラメか、そういうわけではない。インストとランナーを交互に見てもわかる適度な組み立てやすさ。これは、いいキットだろう。


--------------------------キリトリ--------------------------

近所のラーメン屋が『君の名は。』の高山ラーメンを再現しているというので、仕事帰りに寄ってみた。
看板を見る限り、どこにもマルシーなどないので勝手に再現して勝手に店にポスターを貼っているだけのようだ。
おおらかな商売である。ここは飛騨高山ではない。千葉県鎌ケ谷市だ。


どんぶりいっぱいに入った太麺とあっさりめの野菜、シャキっとした味のスープが美味い。かつおぶし的な。
一口目の感想は「三田製麺の味だ!」だった、すいません。
これで税抜き550円はいい。他のラーメンとくらべても安いからか、他の客も注文していた。


気が向いたらまた食べに行こう。


by kenji_szmr | 2017-01-13 21:18 | diary

17.01.11

チェルノ・アルファの続き。まずは墨入れの上にトップコート。
新製品の「プレミアム トップコート」を使ってみましたが、つや消しだけど全体的にサラサラな感じの膜ができました。
ガンプラの墨入れする前のコーティングなんかにいいかもしれませんね。墨入れ塗料がにじまなさそうです。


トップコートがかわいたら、フィルタリキッドのフェイスグリーン、レイヤーバイオレット、スポットイエローを適当にチェルノ表面に塗ったくります。
梅皿は便利ですが、順番に塗るので写真みたいにぜんぶ出す必要はないです。
写真が撮りたかっただけです。


まずはフェイスグリーンを雑にべたべた塗ります。
あとで拭き取るので本当に表面に載せるように、適当です。
グレーのパーツにはあまりぬらないようにしてメリハリつけます。


レイヤーバイオレットはシャバシャバすぎて見えなくなりました。
スポットイエローはもっとシャバシャバで塗るというより流し込むようになってしまいました。
が、全体的にべしゃべしゃの膜ができたので正解です。これでいいのだ。


それぞれ適当にかわいたところで、うすめ液を染み込ませたキムワイプをポンポンとあてて軽く拭き取ります。
全部拭ってしまうのではなく、まだらに混ざった3色をパーツの上で混ぜる感じでぐいぐいやります。
今回は黄色と緑が主役です。


こんな感じになれば成功。
グレーのパーツにはラストオレンジを塗って拭いてしてます。
錆色です。


墨入れとはちがう、ちょっと別の色の層を表面に作ることでランダムな立体感が出せる戦い方です。
アクリル塗料を使ってもっと七色トゥランファムを作る感じのやりかたもあるそうですが、今回は新しいツールでやってみた次第です。
試合に勝って勝負に負けたような結果がでています。

あとはハゲチョロ書き込んだりすれば完成です。

--------------------------キリトリ--------------------------

ところで、もう2週間くらいお酒飲んでないのでそろそろ飲みたいきもちが出てきたのでAmazonパントリー使ってみました。
限られた商品を1個から、1箱ごとの手数料で嬉しい価格で箱につめて送ってもらうサービスです。
ふつうのAmazon在庫がなかったり、通常はケース単位でしか買えないようなものが1個から買えます。


とくにビールが充実してるのがうれしいですね。
うれしい。



by kenji_szmr | 2017-01-11 18:34 | diary

17.01.10

あけましておめでとうございます。
正月はそうそう、インフルエンザにかかったついでに喉に炎症が起きて動けませんでした。
寝付けない間はどうしようもないのでAmazonビデオで『ウルトラマンガイア』見てました。

復調して仕事にも出られるようになったが、まだすこし喉はいたい。
それでもプラモデルくらいできるのでチェルノ・アルファの続きをやる。
まずは下地。緑のパーツにはグレーサフ、フレームっぽいグレーのパーツにはオキサイドレッド。


基本塗装はとにかく面倒を省くために緑は「ロシアングリーン(2)」、グレーは「エンジングレーFS16081」を適当に希釈して吹付け。
ロシアングリーンはもうイメージどおりのソビエト感あふれる単色迷彩グリーンがエアブラシから飛び出してくる。
エンジングレーは思ったほど暗い色ではなかったのだがまあいい。


まるいちにちかけて基本塗装完了。
待望のLEDも点灯させて遊ぶ。
うれしい。


ところでグレーのパーツは下地の錆色を少し残しています。
これから全体的に汚すのですが、作中の余裕のなさをイメージして塗装は最低限ぽくしたいので。
うまくできればいいけどナ。


------追記------
スミ入れはいつもの黒ではおもしろくないので、新発売の「Mr.ウェザリングカラー フィルタリキッド シェードブルー」を使ってみた。
フィルタリングは戦車模型ではポピュラーなテクニックだ。全体にリキッドをバシャーっと塗ってすこし乾かして拭き取る。墨入れもついでにこなせる。
ラッカーのうえにフィルタリキッドが重なり、緑に青が乗って深い色に変わった。これは勝利である。


墨入れもいいあんばいで溝に入ってくれる。
エナメルカラーを瓶から出して希釈する面倒さもなく、リキッドの瓶を振って拡販して筆のせてババっとできる手軽さもあって、相当楽しい。
プラに直接やったら割れるけどナ。



by kenji_szmr | 2017-01-10 17:43 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.28
at 2017-06-28 22:44
17.06.27
at 2017-06-28 21:44
17.06.25
at 2017-06-26 21:01
17.06.24
at 2017-06-24 22:48
17.06.23
at 2017-06-23 22:25

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン