<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

17.06.25

秋葉原にて。
a0207595_20561436.jpg


a0207595_20561637.jpg



by kenji_szmr | 2017-06-26 21:01 | photo

17.06.24

都内のターミナル駅がある街、それに基本的に脂ぎったひとたちが集まりやすい場所、そういう地域で働いているので、昼飯はできるだけ自分で弁当を作って野菜と肉と米をバランスよく食べていたが、雨季の湿度による食品の劣化が怖いので怖い。
となれば、そんなカロリータウンで外食をすると当然、デブが待っているのでる。きょうは竜軒のつけ麺(特盛りチャーシュートッピング)。
酸味の強いスープと、こだわりなく啜れる麺、そしてカワサキのオートバイ乗ってそうなオニーチャンがあまり熱心そうにしていない調理場。こういう雰囲気、肩肘張ることなく食べられて好き。
a0207595_2210574.jpg


今週もまた、新しいプラモデルが発売された。毎週木曜はバンダイホビーの発売日(本来は土曜らしい)なので、カロリータウンの住人たちは木曜の午後、模型取扱店に足を向ける。
私もその一人で、今週の「MGジャスティスガンダム」とか「きゃらっがい フミナ/ギャン子」も気にはなったがナニはともあれ今週はタミヤの「1/6オートバイシリーズ Honda CRF1000 アフリカツイン」一択だ。
できればあらゆるプラモデルを買って開けてランナー眺めて組み立てたり色を塗ったりしたいが、そうはいかん。そういう仕事があれば、たぶん、飽きるかもしれないが飽きずにやれそうな気がする。
a0207595_22105960.jpg


先月の静岡ホビーショーでランナー、未塗装完成品、塗装済み完成品、そして実写を見てホンダ贔屓の私としては「うわー!絶対買う!!」という、恋に近い感情でもってして本キットを受け入れることとなった。
実写と同じように一体成型されたアッパーカウル、もう、こういうのが「縮尺模型」としての楽しみを作ってくれる。
ランナー状態でももう、嬉しいこと。プラモデルが教材でありホビーであるところで、手に取る、立体を感じる、モチーフを知る。この1パーツだけで得られる情報はプラズマのように広がる。
a0207595_221115.jpg


実車は150万だが、これは量販店で買えば1万6000円程度だ。
「どこへでも行ける」実車があるのならば、「どこへでも行ったつもりになれるくらい楽しい時間が作れる(セルフ)」がプラモデルだ。組めば楽しいだろう、ただ、組まなくても楽しいのがプラモデルだ。
知ろうとすること、わかろうとすること、そのための時間、工具、技術、プラモデルって、そういう楽しみがあるんじゃないだろうか。むしろ、俺はそうやって楽しみたい。
a0207595_2211160.jpg


忘れないでおきたいよな、いつだって。


by kenji_szmr | 2017-06-24 22:48 | diary

17.06.23

秋葉原にて。
a0207595_22175574.jpg


a0207595_2217595.jpg


三脚使わずに、あまりノイズを気にせず夜景をバシっと撮ってくれるRX100 M3、チビだけど頼りになる。


by kenji_szmr | 2017-06-23 22:25 | photo

17.06.22

秋葉原にて。
a0207595_2141731.jpg


万世橋のほう。
a0207595_2141929.jpg


「Cafe MOCO」のカルボナーラ2倍盛り。
a0207595_2142762.jpg


同店のオブジェ。
a0207595_214251.jpg


邪魔にならない手頃なサイズと、じゅうぶんな描写力、遊びすぎない機能、RX100IIIはスマホじゃ我慢ならないカメラマンに必要なパワーを与えてくれる。
望遠はまあ、こんなもんでしょう。あまり使うつもりはない。
スナップを撮るには直感でやれるようで、少しマニュアルな部分が嬉しい。

ついでにLightroomであれこれやると、嘘っぽい写真が作れるのでインターネットです。


by kenji_szmr | 2017-06-22 21:24 | photo

17.06.21

Canon PowerShot S120、OLYMPUS SH-3をそれぞれしばらく使っては、どうもしっくり来なくて手放して、コンデジはもういいのかな、なんて思っていたのだが、「そこそこのコンデジ」ならスマートフォンで十分になっているからだろうとわかった。
S120は決して「そこそこ」ではなかったので、いま考えればもうすこし使っても良かったかもしれない。
ポケットに入るサイズで、RAW撮影ができて、ファインダーが付いている、そういう欲しい機能がコンプリートされたカメラがSONY RX100 M3だ。
a0207595_17562146.jpg


ツーリングに一眼レフを持っていくのがおっくうになってきた、とか、通勤やちょっとした外出時に気負いせず撮りたい、というのが購入の動機。
実機を触れずにいきなり買って大丈夫かなと思わなくもないが、ちょっと手にした感じは問題なし。
きょうは雨がひどいので、室内で適当に試す。
a0207595_17562312.jpg


10cmほどのフィギュア。
a0207595_17562519.jpg


寄って等倍切り抜き。
a0207595_17562713.jpg


ちっこいフィギュア。あまりマクロは得意じゃなさそう。
a0207595_17562951.jpg


これからマニュアルを読んで、使い方を考えよう。
a0207595_18203362.jpg



by kenji_szmr | 2017-06-21 18:18 | diary

17.06.13

『聖剣伝説3』は、レベル50くらいで闇の貴公子をやっつけて終了。
マナの聖域でシャドウゼロが変身したデュランに何度か全滅させられたが、ラスボスは回復とダウン系魔法を効率よく使って天使の聖杯を使うことなく攻略。
ガキの頃はそれこそ、もう大変なおもいでクリアした気がしたがやはり、魔法とアイテムの活用を覚えればカンタンなのだ。
a0207595_22111645.jpg


しかし、エンディングがいつまで経っても終わらない仕様なのはいかがなものか。
セーブポイントからラスボスまでの経験値は保存されないのだろう。
余韻がない。本当にクリアしたらおしまい。『クロノ・トリガー』の強くてニューゲームは画期的だった。
a0207595_22112068.jpg


そのまま『聖剣伝説2』をはじめる。
a0207595_22114314.jpg


水の神殿で兵士たちをスルーしたので、さきにポポイが仲間になったので、画面下のステータスと実際の隊列に差異ができる。
こういうの、ちゃんと整理してくれないのもそのまま移植のようだ。
ボス戦後に部屋から出られなくなるバグはないようだが。
a0207595_22114795.jpg


ほかにも、大砲屋で目が回ったり。
a0207595_22114996.jpg


操作していないキャラクターが障害物にひっかかって先に進めないなど、スーパーファミコン時代の不親切な部分もそのままだ。
a0207595_22115059.jpg


スマートフォン版ではどうだったかもう、記憶は曖昧なのだが、リングコマンドや決定/キャンセルのボタンの「気の利かなさ」は聖剣伝説2ならではの味、と受け入れれば遊べないことはない。
しかし変わらずアイテムや魔法を選択後「からぶり」をするのも変わらず、二度目になるが「これが味だ」と思えばいいのだがプレイ中の小さなストレスはある。
ゲーム性や育成部分は退屈でない分、玉に瑕といったところか。

ところで久しぶりにヤフオクやりました。
ファイナルボトムズ版、ストライクドッグが手に入った。八王子の模型屋の値札が貼ってあったが、出品は名古屋からだった。
そしてインスト欠品だった畜生。作るつもりないからいいんだけど。
a0207595_2211539.jpg


--------------------------キリトリ--------------------------

きょうはあいにくの天気だったが、昨日、6月12日はCB250Fを受領してちょうど1年でした。
12ヶ月点検のついでにタイヤもいいやつに変えて、バイク屋から自宅までの道も、ちょっと違う感じです。
来週あたり、天気がよければまた伊豆スカイラインあたり走りに行こうかしら。


by kenji_szmr | 2017-06-13 22:52 | diary

17.06.07

なんでだか20年以上もリメイクや移植がなかった『聖剣伝説3』が、ようやく移植されたのでニンテンドースイッチを買って、『聖剣伝説コレクション』を買った。
きのうから遊び始めて、あらためて過去に遊んだゲームのリプレイはいいもんだと思った。
小学生のころは、さんざん時間をかけてクリアした気がしたが、きょうの夕方まででクラス3までのクラスチェンジが完了した。
a0207595_209421.jpg


主人公はリース、お供にデュランとシャルロットの、被害国パーティ。
a0207595_2092698.jpg


シャルロットだけ光にして、風の回廊でクラスチェンジ。
a0207595_2092880.jpg


ツェンカーもしゅんころだぜ!
a0207595_2093063.jpg


ドリアード救出したのは、水曜深夜2時頃。
マナの剣を抜いて一休みして。
a0207595_2093298.jpg


きょうの日中、日が暮れるまで遊んで最強クラスへ。
武器防具の種あつめがはじまる。
a0207595_2093423.jpg


光の神殿のボスにモーグリ化されたときにコントローラーが受付なくなって全滅したり、通常攻撃を空振りしたあとに必殺ボタン押しっぱなしで連続攻撃できたりとか、スーファミの仕様そのまんまなのかな。
『〜2』がスマホアプリとして配信されたときはグラフィックも一新され、まったく別のゲームのようになっていたがその変わり悪質なバグはなくなっていた。
が、さて今回はどうなんだろうね。


by kenji_szmr | 2017-06-07 20:21 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.06.25
at 2017-06-26 21:01
17.06.24
at 2017-06-24 22:48
17.06.23
at 2017-06-23 22:25
17.06.22
at 2017-06-22 21:24
17.06.21
at 2017-06-21 18:18

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン