17.05.24

手軽な飛行機もできたので、じゃあ次はガッツリめに1/100スケールのロボットでもやるかと思い、フレームアームズ。
とくに難しいことはしないで、アーキテクトをフレームメタリックで塗って装甲はミッドナイトブルー等で仕上げてしまおうと計画して、塗るからには洗浄が必要。
ご機嫌クリーナーを吹き付けてから一緒にお風呂にはいって、黒く濁った水を排水口に流した。
a0207595_19535831.jpg


パーツ乾かす間に、処分と言うなの整理を逃れたHGUCバンシィを仮組(こいつもあとでミッドナイトブルーで仕上げるつもり)したのだが。
a0207595_19535928.jpg


組み立て中に右足の装甲を破損させてしまった。
ぐっとプラモデルをやる気持ちがなくなってしまったので、きょうの作業はここでおしまい。
近所の大きな戦闘でディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」をBGMに露天風呂でくつろいでました。
a0207595_1954035.jpg



# by kenji_szmr | 2017-05-24 20:05 | diary

【完成】1/100コンバットプレーンシリーズNO.3 ダッソー ミラージュ IIIC

おそらく、このブログを熱心に読んでくれているひとたちは少なくとも、一度はニッパーを持ってプラモデルを組み立てたことがあると思います。
私は5歳くらいの頃にはもうプラモデルをはじめていて、そのあとミニ四駆ブームがあって、ニッパーは常に身近にありました。
それでも22歳頃、いちど模型趣味を縮小したことがあります。トランスフォーマーを集めるのが楽しかったのもありますが、江戸川区のアパートに引っ越したのでエアブラシなどが使えなかったのです。

いまおもえば、エアブラシなどなくても、アクリル塗料は臭いがほぼしないのであまり近所迷惑になることはなかったんじゃないかと思いますが、それは過ぎたはなし。
千葉の片田舎の実家に戻ってからは、近所迷惑になるような距離にお隣さんがいないので、けっこうのびのびとプラモデルを貼ったり塗ったりできています。
さて、そんな生活をしていたら夕飯後の就寝までの時間をどう過ごすか、たいていは録画したTVアニメを見ながらインターネットをして遊んだり、本を読んだりするわけです。

5月16日の夜は、たまにくる「夜、突然プラモデルが作りたくなる」タイミングでして、14日に買ってきた「1/100 コンバットプレーンシリーズNO.3 ダッソー ミラージュ IIIC」を作り始めました。
キットはもうシンプルでもって、ヒラキにされたボディと、主翼は一体成型でベターっと下から貼り付けるだけ。
本キットの発売は1968年に遡り、発売当時は「ミニジェットシリーズ」とされていたそうだ。(Wikipediaより)
a0207595_21155786.jpg


68年当時の100円で、04年に「コンバットプレーンシリーズ」として再発売されたときは500円となっている。
現代の500円で初められるホビーとすれば、これは手軽。
精度や再現度は、二の次として組み始められるのだ。
a0207595_21155919.jpg


箱をあけてインストを確認し、ニッパーでパーツを切り離してゲート跡をナイフで整えて、「タミヤセメント《流し込みタイプ》速乾」で貼り合わせれば、ちょっとの時間でミラージュのカタチがそこに現れる。
飛行機モデルをろくすぽ作ったことがない私としては、この快感は新鮮で、とりあえず本体をバッと塗ってちゃっちゃとデカール貼って完成させたい欲求が強くなったので、Amazonお急ぎ便でタミヤカラー・エアーモデルスプレー AS-12 シルバーメタルを注文して17日には届くようにした。
近所に模型屋がないので、こういう時インターネット通販のそれは強い。
a0207595_2116038.jpg


小一時間遊べばほら、この通りおおまかなつなぎ目消しも終わってシートしか再現されていないコックピットは気にしないで欲しい飛行機が手に入る。
16日の夜は一旦、これで作業終了。
他の細かいパーツを大まかに塗って、次の朝を待つ。
a0207595_2116369.jpg


缶スプレーが届いてから作業再開。
本体をバシっと塗って、パッケージのように赤いラインを塗る。ウルトラマンに出てきそうなデザインになったがそういうもんだ。
ところでタミヤアクリルの希釈がどうもうまくいかないです。
a0207595_211643.jpg


デカールはフランス空軍を選択。
ミサイルは、いちばんでかいのを主翼につけるだけ。
着陸脚カバーを真っ直ぐ取り付けてしまったので、腹のミサイルは取り付けなかった。
a0207595_2116656.jpg


そんなんでぱぱっと完成。
手のひらサイズのかわいい飛行機ができあがりました。
子供の頃のようなペースではないけれど、箱をあけて丸一日かかりきりで出来上がるモデルは、もう最高で、組み立てている間は自分ひとりのとびきりの時間。
a0207595_2116810.jpg


私なりの模型の楽しみ方は、以前も書いたがどんなキットであろうと気軽に作ること。
これに尽きる。


# by kenji_szmr | 2017-05-17 21:20 | toys

第56回静岡ホビーショー その5

アニメにもちょっと出てきたりするくらいになったニパ子、ついにfigmaに。
なぜエアブラシをもった展示なのか。
a0207595_23432826.jpg


figma用銃火器シリーズとしてはじまったリトルアーモリーより、朝戸未世がfigmaにつづいてねんどろいどになる。
発売済みのリトルアーモリーを持たせることはできるのだろうか。
a0207595_23433042.jpg


プラッツの会場発表新製品、考える人のキット。
模型とは考えること、知ること、知ろうとすること。
a0207595_23433567.jpg


1/35ガルパンフィギュア、サンダースが来た。
a0207595_23433688.jpg


1/72ではカバさんチームのIII号突撃砲が。
a0207595_23433768.jpg


そして1/35塗装済み完成品フィギュアシリーズを発表。
a0207595_23433991.jpg


試作段階だがモールドもしっかりしているしキャラクターのデフォルメ具合もい。
a0207595_23434214.jpg


なぜ、みなヒゲダンスなのかは少し、わからない。
a0207595_23434341.jpg


ああ、そういえばバンダイホビーからもガルパンのプラモデルが出るんですよ。
大洗のお祭りなどで発表されていましたね。
a0207595_23434548.jpg


みほ、武部、華のセットは、同時に一緒に並べられるそうなので、つまり『ラブライブ!サンシャイン!!』のように1つのキットに3人分のパーツは入ってるけどボディが一個しかないので一人分しか作れないという惨事をやらなくてすむようだ。
a0207595_23434622.jpg


優花里、麻子のセット。なぜこの二人で組むのかギモンは残るが、この2商品を買えばあんこうチームが同時に一緒に飾れるのは嬉しいことだ。
a0207595_23434878.jpg


ツインメッセで各メーカーの新作を見たあとは、タミヤ本社の見学。
会場内でもプラモデルをいっぱい買ったが、こちらでもアウトレットふくめいっぱい買いました。
楽しいホビーショーでしたヨ。
a0207595_23435056.jpg



# by kenji_szmr | 2017-05-16 23:54 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.05.24
at 2017-05-24 20:05
【完成】1/100コンバット..
at 2017-05-17 21:20
第56回静岡ホビーショー その5
at 2017-05-16 23:54
第56回静岡ホビーショー その4
at 2017-05-16 23:41
第56回静岡ホビーショー その3
at 2017-05-16 23:23

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン