機動戦士ガンダム THE ORIGIN HG 1/144 ザクII C型/C-5型

HGザク(オリジン)は、以前から気になっていたのだが「シャア専用はいらない」ので、ずっと緑色が出るのを待っていた。
ガンダム(オリジン)も、MGが発売されているが、持て余すのでHGを待っている。今度でるシブめの色のやつをトリコロールにしてもいいだろう。
さて、このザク(オリジン)は見てわかるとおり以前発売されたシャア専用ザク(オリジン)などと続くキットである。

C型とC-5型が組み立てられるようになっていて、また武装も充実している。
HG量産型ザクのプロダクトとしては、実に14年ぶりの製品化となり、これが“最新のザクのプラモデル”である。
1/144スケールのザクとしては、間にRGがあるのでそんな驚くことではない。

パッケージイラストと塗装済み完成見本や、私のイメージのザクよりは、だいぶ緑が暗い成型色である。
a0207595_21304436.jpg


今回、初めてオリジン版ガンプラを手にしてみたのだが、現行のHGUCシリーズなどと比べても、どこか懐かしさがある。
対象年齢が広いとかそういう話ではなくて、もともとのデザインがそうさせているディテールのせいか、少し前のHGシリーズを組んでいるような感触だ。
それでいて、ゲートが楔形だったりパーツのあいまに入るようになっていて、完成後に目立たないなど、近年のガンプラらしい「気遣い」もある。不思議なキットだ。

胸は緑の襷が内側に入るようになっていて、さらにガンダム00シリーズから使われている引き出し式のボールジョイントで、MS用マシンガンやばMS用バズーカA2型をしっかり構えることができる。
完成後、全く見えなくなるがフレームのようなグレーのパーツを使ってポリキャップを固定する。
2015年発売のシャア専用ザクIIからの設計となるが、立体的な構造で、非常にガンダム的に感じる。
a0207595_21304637.jpg


ほとんどザク系のプラモデルを作ったことがないので恐縮だが、この左肩の構造はシンプルでいて、画期的だ。スコープドッグ等にも使われている接続方法だったか、肩を包み込むスパイクアーマーに余裕を持たせてポーズの幅を広げることに成功しているのだ。
さらに、スパイクアーマーはどうしてもパーツのつなぎ目が出てしまう分割だが、さきにD1(25)にこれを組み合わせてつなぎ目を消して、塗装してからE1(17)と(16)を組めばどうだろう、おおよそ目立つ分割を消して、アーマーの中に隠れるパーツは面倒な処理や後ハメ加工をしないでいい。
あくまでも、提案の一つだが。
a0207595_21304939.jpg


撮影しながら、2時間ほどでザクになる。今回は、見慣れたカタチのC型として完成させた。
上半身、首や腰は二重関節、肩も引き出し機構やアクションを妨げないように逃げるアーマー、4P構成の肘関節によってしっかり曲がる腕、股関節の前後スイングや、ハーフパンツを履いたような黒いパーツを挟んで腿にロールを入れたり、ガンプラがガンダムの構造をもってして組み立て式アクション玩具として進化してきたかが、よくわかるキットだ。
天国なんてあるのか考えたくなるような懐かしさのある、少しうるさいモールドは好みが分かれそうだが、15センチ程度のプラモデルの情報量を増やすには、いいのではないかと思う。
a0207595_21305663.jpg


HGガンダムがREVIVEされたが、ザクはREVIVEしないものか、と考えてみたがどうもこのキットがその答えではないだろうか。
TV版ザクのパッケージではない、REVIVEガンダムと比べるとディテールが浮いてる、などの違和感がなければ、本ザクは非常に優れた最新版ザクとなっている。
また、組み立ては非常に簡単でストレス無く完成させられるので、塗装の練習のために組むキットとしても最適だろう。スミ入れ、ヨゴシなどもザクなので、気が楽にできるのではないか?
a0207595_2130523.jpg



# by kenji_szmr | 2017-09-05 22:16 | toys

17.08.31

30日夜、「ゆうかり」は予定通り19時半に出航した。
なにはともあれ、まずは風呂だ。
立ちゴケしたときの右手が痛む。ヒゲ剃ったあとの顔もヒリヒリする。

船室は圏外なので、スマホにあらかじめダウンロードしておいた『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』を見る。Amazonプライムビデオ様々である。
そして見れば泣くし、スターバーニングガンダム作りたくなる。ンもッ。最高。
ガンダムのあとは、テレビを見てもツマラナイ番組しかやってないので、スマホ版のドラクエをはじめる。ガライの墓で死霊の騎士に殺されたので就寝。

ファミリー向けゲームコーナーに紛れる深夜アニメのキャラクター。
a0207595_17172979.jpg


新潟港付近にて。
a0207595_17173163.jpg


フェリー内のオートバイ固定。
足元のチェーンがいいトコにあって、サイドスタンドに引っかかって上がらないトラブルがあった。
a0207595_1717324.jpg


フェリー内、こういう景色は好き。
a0207595_17173548.jpg


31日朝、いつも通り5時過ぎに目がさめる。
ドラクエを再開して、ローラ姫を助けて、おたのしみ。
秋田港には7時半頃着。引き続き右手が痛むので、シートバッグに入れておいた湿布薬を持ってくる。

朝飯を軽く済ませて風呂入ってまた、寝る。
フェリー旅はとにかくヒマだ。寝床があるなら極力そこにいて、体力を温存する。
腕に湿布を貼る。

昼過ぎにまた目が覚めて、腹が減ったので昼食。
メシ食って竜王をやっつけて、ドラクエはおしまい。
また少し寝る。

新潟港には、予定通り15時30分に着港。
昨年同様、北陸道から乗って関越道につないで、外環の三郷南インターで千葉へ戻るルート。
関越道を数分走ったら、ヘルメットとジャケットが羽虫だらけになる。新潟ヤバい。

出発した時点でガソリンが半分だったので、黒崎PAで給油。
約150キロ先の谷川岳で休憩。山に霧がかかっているので、ここで雨装備。赤城高原SAでもう一度給油と、軽食。
草津あたりで小雨に降られたが、三郷南ICを降りて帰宅するまで、濡れることはなかった。

21時に帰宅。
10日間の日程で走ったが、天候の都合や、目的地が散漫でやや忙しない旅になってしまったが、それでも昨年からの念願を果たすことはできた。また、昨年の道央、道北エリアにつづいて道東を走ることができたので、次の機会には道南を攻略したい。
キャンプ用品を揃えた割には結局、糠平で一泊だけだったのももったいない。晴れた日に限って宿を予約していたり、予約していない日は土砂降りだったりとか、そういうのだ。慣れていないキャンプを続けて体力を減らして、事故を起こしたくはなかったのだ。

それじゃまた来年、休みがとれたらまた走ろう。

363.2km
3,425.8km
17,041km


# by kenji_szmr | 2017-08-31 21:42 | diary

17.08.30

寒い。朝の気温は9度だ。
本州には台風15号が来ているそうで、帰りのフェリー(31日の夜便)が欠航になったから、予約変更して今夜の深夜便を使ってやはめに帰ることにする。
ヤリキレナイこんな思いがきょうの雨を降らせても。
a0207595_1703651.jpg


それはさておき、苫小牧から1時間ちょっと走って由仁町まで行って、ヤリキレナイ川を見る。
看板を探すなか、立ちゴケ。右のレバーガードが折れ、ミラーに少し傷が。最終日にコケたくないと思っていた矢先だった。
川の看板は結局、町役場で聞いた。
a0207595_1705833.jpg

a0207595_1705992.jpg

a0207595_171378.jpg

a0207595_171427.jpg

a0207595_171762.jpg


サイロ。
a0207595_1723938.jpg


折り返して、洞爺湖へ。千歳から道々16号、初日に雨の中走ったルートをまた戻る。道の駅フォーレスト276で、小休止していると、フェリー会社から電話。予約変更したフェリーは0時10分出航予定だが、海保から避難勧告が出たら港に戻るよ、と。昨年は台風で行きの出航が早くなり、今回は帰りが欠航、一日はやく帰ることになる。まったく、これだから旅はやめられない。非日常へダイブするスリルだ。今夜、そんな先のことはわからない。
230ルスツでお土産の肉を買い込んだり、豚丼食べたかったか売り切れだったので、うどんとブルスト食べて休む。
a0207595_1744942.jpg

a0207595_1745332.jpg


その先の道の駅で、土産のとうきび買ってたらまた、欠航のメール。どうやら、あと3日先まで大洗行きかダメになったようだ。笑うしかない。
洞爺湖から大急ぎで苫小牧までリターン。16時半に港に着くと、さんふらわあキャンセルから別の船に乗り換える人たちで混雑していた。大洗に避難勧告が出て、数日先の便がすべて欠航であれば仕方がないだろう。
太平洋フェリーは、並ぶだけならんで窓口で「オートバイはキャンセル待ち32人」と言われたので、超攻速でお断りし、東港の新日本海フェリーに電話。今夜初の新潟便がまだ乗れたので、電話予約し移動。
本来は明日夕方、苫小牧を出発して明後日大洗の予定だったが、台風がどう進むかわからないから、早めに本州へ向かうのだ。

a0207595_176109.jpg

a0207595_1761457.jpg

a0207595_1761673.jpg

a0207595_1761672.jpg


333.7km
3,062.4km
16,677km
# by kenji_szmr | 2017-08-30 18:18 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

HG 1/144 局地型ガン..
at 2017-10-13 00:02
17.10.04
at 2017-10-04 22:33
17.10.03
at 2017-10-04 20:11
MG 1/100 ダブルゼー..
at 2017-09-27 19:48
17.09.26
at 2017-09-26 19:55

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ファン