17.02.28

南房総にデカくてウマいバーガー屋があると聞いたので、これはいかねばなるまいと思い、ツーリングを計画。
それからまた素掘りの素敵なトンネルがあるとインターネットで見て、計画に盛り込む。
きょうは南房総ツーリングとなりました。

朝9時頃出発して、京葉道から館山自動車道を走っていたはずが、道を間違えて圏央道を回ってしまった。
いそぐ旅でないし、オートバイなら遠回りも楽しい時間になるのでそのまま走った。
それでも、茂原あたりの山を抜ける道は退屈でもある。

月崎駅へ向かう途中めについた飯給駅で一休み。
小湊鉄道線の無人駅は、すこし蒸しっぽい印象をうけた。
そしてトイレがすごかった。
a0207595_2382373.jpg


月崎駅についてしばらく待っていたが、電車は来なかった。
ちょっとしたハイキングコースがあるようで、老後のたのしみにしてもいいなと思った。
そこでちょっとしたゲストが。
a0207595_238267.jpg


犬だ。
多分野生の犬。
それにしても人馴れしている。
a0207595_2382889.jpg

a0207595_2383043.jpg

a0207595_2383223.jpg

a0207595_2383480.jpg

a0207595_2383631.jpg

a0207595_2383879.jpg

a0207595_238408.jpg

a0207595_2384373.jpg


月崎駅から市原クオードの森へ向かう道から、舗装された林道をすこし走ると、そこに月崎トンネルがある。
月崎1号林道の奥、鬱蒼とした林にぽかんと空いた素掘りトンネルだ。
房総ライダーには人気のツーリングスポットらしく、私が出ていったあともそれを探しているようなオフローダーが近くを走っていった。林道ですれ違わなくてよかった。
a0207595_2384628.jpg

a0207595_2384895.jpg

a0207595_2385021.jpg


月崎からさらに南下して、道の駅「三芳村」へ走る。
1時間くらいで到着だったか。
とにかく腹を減らしていった。
a0207595_2385272.jpg


こういうときは全力で一番高いものとサイドメニューをセットするのが私の流儀なので、スーパービンゴにフライドポテトとホットコーヒーをつけていただく。
手のひら広げたみたいな大きさのバンズと、暴力的な肉の塊となったパテが2枚、そしてベーコン。
ファストでジャンクなダイナミックフードを頬張る多幸感はおそらく、オートバイによるツーリングならではのものではないだろうか。
a0207595_2385498.jpg


道の駅の喫茶コーナーに、昭和レトロおもちゃを展示したスペースがあるのだが、平成になって発売されたカプセルトイや復刻版超合金ライディーン、あとハセガワのプラモ等が展示してあった。
で、その中で間違いなく昭和と認識できるのはこのあたりだった。
固有名詞として認識されてなさそうなスーパーマン、グリッだ―ロボットになったライタン、別にウルトラマンと戦ったわけではなさそうなウルトラ怪獣、泳いだら食われたので飛ぶことにしたたいやきくん、もうメチャクチャだがおおらかな昭和の名残であろう。
a0207595_2310370.jpg


スーパービンゴバーガーでおなかいっぱいになったので、下道つかって帰ることにした。
途中、寒くてしょうがなくなったので富津の温泉で一休み。
冷えたか身体を温泉で温めてからトイレでおしっこしたら血圧が一気に下がって気絶した。

便所で全裸で気絶という、ほかにない体験をして身体が若くないことを実感し、また風呂に戻ってゆっくり身体をあたためて、風呂上がりに休憩所で少し横になったら1時間くらい寝てしまった。
やっぱり若さがないというか、基礎体力がなさすぎるのだろう。
デブではないからと、慢心してはいけない。旅には体力が必要だ。

それにしても、内房線と並走できる内房なぎさラインはいいですね。
走った時間帯がちょうど夕暮れ時だったので、まるでエンディングの峰不二子のような気分でした。
足元に絡みつく愛のテーマな感じです。



# by kenji_szmr | 2017-03-01 00:06 | diary

17.02.15 帯広市

a0207595_1675653.jpg

ぬかびら源泉郷から帯広市内へ、友人のマツダ車に乗せてもらい1時間ちょっと。
帯広はこれで3回目で、ずっと行きたかった豚丼屋があった。
帯広観光に来て豚丼を食べないのは、ディズニーランドでミッキーをシカトするくらいの愚行だ。

a0207595_1675814.jpg

創業昭和8年、元祖豚丼の「ぱんちょう」。
昨年5月、8月とともに休業日で縁がなく、まさか3度目の正直か二度ある事は三度あるとなるかハラハラしていたが、今回はやっとオープンしていた。
まして、待ち時間なく入れたのは平日旅行のラッキーである。

a0207595_168015.jpg

a0207595_168192.jpg

a0207595_168352.jpg

一番肉の量が多い「華」を選び、なめこ汁と一緒にいただく。
「うまい」の一言すら発する時間が無いほど「美味い」豚丼がそこにある。
ふわふわの豚肉が放つ炭火とタレの香り。そしてホカホカのメシ。最高のコンビネーションにグリーンピースの食感が俺の口を帯広に変える。

a0207595_16856.jpg

豚肉と六花亭を腹に詰め込んで、駅前のホテルの温泉で日帰り入浴をして夜の空港へ。
成田、羽田、新千歳、旭川からの帯広空港は「そうかこういう空港でいいのか」とサイズの差に驚いたがこれでいいのだ。
もしもオートバイが空輸できるのであれば、ここで降りて糠平まで走りに行きたいくらいだ。

次の北海道は、夏の予定。
アイシャルリターンてヤツだ。


# by kenji_szmr | 2017-02-21 16:20 | photo

17.02.15 ぬかびら源泉郷とタウシュベツ川橋梁

a0207595_1550770.jpg

早朝のぬかびら源泉郷、まわりを囲む山々が朝焼けに染まり気持ちのいい光景だったが、写真を撮るよりも朝風呂に入ることを優先したので撮影してません。
シカの団体様もいらっしゃいましたが撮れませんでした。
無念。

a0207595_1550991.jpg

タウシュベツ川橋梁見学ツアーは、夏場だと展望台の先から車で林道を抜けて少し歩く場所まで行くのだが、冬場は除雪されておらず通れないので、今回は五の沢からカンジキを履いてストックを持って隊列を組んで雪の林道を2キロ歩く。
士幌線の新線の線路があった場所を突っ切り、ザクザク雪を踏みながら15分ほど進めば、凍った糠平湖が見えてくる。

a0207595_15501138.jpg

a0207595_15501372.jpg

a0207595_15501544.jpg

a0207595_15501782.jpg

a0207595_15501947.jpg

a0207595_15502131.jpg

a0207595_15502384.jpg

a0207595_15502599.jpg

今年2月は比較的暖かく、雪もあまり積もっていないそうだ。
あと2週間はやければ、雪に埋もれたアーチ橋を見ることができたそうだが、むしろ雪景色に聳えるアーチ橋が見られたので大満足だ。

a0207595_15502720.jpg

糠平湖名物キノコ氷。

a0207595_15503010.jpg

糠平国道、北に向かう道。

a0207595_15503257.jpg

a0207595_15503421.jpg

ツアーのあと、荷物を預けた宿に戻る途中でシカを見た。
シカだ。


# by kenji_szmr | 2017-02-21 16:03 | photo


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

HGUC Zガンダム(新)
at 2017-04-21 22:48
17.04.12
at 2017-04-12 17:16
17.04.04
at 2017-04-04 23:32
17.04.02
at 2017-04-02 21:26
17.03.30
at 2017-03-30 22:36

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン