HGUC Zガンダム(新)

HGUC Zガンダムが発売されたのは2003年10月だそうだ。
バンダイホビーサイトが古い情報にたどり着けないような改装をしたので、正しい情報が見つからない。
高校生だったか大学生だったかの頃、まだ元気だった市内の模型屋に発売日に買いに行ったのを覚えている。

さて、2017年4月発売のHGUC ゼータガンダムは約15年のガンプラの移り変わりを感じさせるキットである。
平面にハメ合わせる構造が主流だったプラモデルではなく、立体的なパズルのようにパーツを組み合わせていく。「バンダイの技術すごい」のは言うまでもないことだが、設計のセンスとパーツをいかに一体にまとめられるかはバンダイならではと言えるだろう。
「パーツのあわせめ」は極力目立たない。色ごとのパーツもきれいに分けられている。
a0207595_22154765.jpg


アウトラインは旧Zガンダムとさほど変わらないように見える。
むしろ、設定画や劇中のおとなしめのシルエットに近いといえるだろう。
約15年の大きな進化はやはり、肩の可動箇所だろうか。振り上げたり張り出すような動きができる。
a0207595_22154380.jpg


ウェーブライダー時の足の変形は見たまんまであるが、粘りのあるグレーのパーツがいい強度を持っているので、足首を引っ込めるとふくらはぎのカバーも移動する。
無茶に遊ぶと破損するような危うさもあるが、小学生のようなパワフルな遊び方はしないので私は壊すことはない。
くるぶしのバーニアが別パーツで色分けされているのも嬉しい。
a0207595_22154579.jpg


ウェーブライダーへの“組み換え”も旧Zガンダムのように、ウェーブライダー用ボディを使うことになる。
だが、今回の本体の余剰パーツは胸の内部、頭部、フロントスカートとなっていて腕まで収納して利用することになっている。
『機動戦士ガンダムZZ』のオープニングでも印象的な、後方から見えるパンチが再現できているということだ。指を上に向けられないので、完全再現とはいかないのだが。
a0207595_22154947.jpg


フライングアーマーの淵の赤ラインはすべてシールで再現することになっている。
塗る人にとってはどうでもいいことだろう。淵を赤く塗ってから組み立てて最後に黒を塗ってしまえば後ハメとか考える手間もなさそうだ。
ウェーブライダーの駐機状態はメガビームランチャーにランディングギアを取り付けなければできないのは変わらず。むしろメガビームランチャーが付属しなかったRGがシールドやフライングアーマーに着陸脚を取り付けたことが珍しいのか。MGはそれぞれどうだっただろうか。
a0207595_22155150.jpg


ガンプラはメーカーサイトでは土曜日発売になっているが、秋葉原のお店なら木曜日の午後には入荷・販売しているので我慢できないサラリーマンはこうして「ガンプラに限っては」早めに買って組み立てることができる。
ゼータガンダムはカレーとかラーメンのように好きなガンダムなので、新製品はとりあえず手にしたいものだ。
今回のキットも完成度が高く、可変機という制約を妥協してパーツの組み換えでキャラクターを再現し、同時にアクションフィギュアとしても両立させている。
小難しいことを考えずに作って遊べるゼータガンダムとしては傑作といえるだろう。


# by kenji_szmr | 2017-04-21 22:48 | toys

17.04.12

プラマックスのジプシー、続き。
真っ黒にした外装に、適当に見繕ったガンダムカラー ブルー(13)に少し黒を混ぜて、下地を残す感じで吹付け。
これがなかなかおもしろい。写真はだいぶ明るくなったけど、実物はもうすこし暗い。
a0207595_1791665.jpg


ジプシーを塗る片手間、積んでたパワードジムカーディガンを適当に塗った。
白をガルグレー、黄色いパーツは緑。
あとはファントムグレーの缶スプレーでやったのだが、新しい缶スプレーをあけたのに緑は全部塗り切ることができずにけっきょくエアブラシを出した。

仕上がりも雑なので写真は撮らず。
エアブラシの洗浄の手間を惜しんで700円もするスプレーを買ってしくじった気持ちだ。


# by kenji_szmr | 2017-04-12 17:16 | diary

17.04.04

走る理由を見つけるためにイグニッションするわけではない。
たまたま、楽しそうな目的地をみつけたから走り出したのだ。
見たい、食べたい、走りたいのツーリング三原則があるが、その目的は様々ある。いまはダムがブームだ。

ダム、なにがいってまず山の中にあるので目的地にすればワインディングが楽しめることが多い。
そして山の中にあるので静か。ほとんどクルマ走ってない場所走れる。
さらに山の中なのでちかくに温泉がある場合が多い。最高。

4月ともなればウィンターグローブも、ボアつきのジャケットもいらないと思ったが一応、インナーグローブをシートバッグに入れたり、ジーンズの下はタイツ、春用ジャケットの上にパーカーを着て出発した。
a0207595_2264951.jpg


先週のキャンプツーリングで感じた「ダム」の面白さ。
ダムは日本中にある。そして自然の中にあり静かだ。
汚い◯◯◯も聞こえない場所で、静かな時間を過ごせる場所だ。
a0207595_2265337.jpg


トランスミッションから油がモレているしび子ちゃんを連れて、南房総ダム巡りをスタートさせたのは午後。
あさのうちにバイク屋に行って入院の予約をいれ、ひさしぶりに履いたAVIREXのブーツがシフトチェンジのたびに左足に激痛を走らせるのでホンダ(RSタイチ)のシューズに履き替えるため帰宅。
それから千葉街道の渋滞を抜け、トラックにプレッシャーを与えないように気をつけながら産業道路を走って君津へ。
a0207595_226544.jpg


きょうはやけにトイレが近く、片倉ダムにいるあいだ、常に尿ファイトツーダッシュだった。
そう、このダムにはトイレがない。
トイレを借りようにも管理事務所は無人。パトロール中だとかで人がおらんかった。
a0207595_2265613.jpg


また、ダムカードは亀山ダム管理事務所で配布である。
リサーチ不足ということもあったが、決して、私はカードだけが目当てでダム巡りをはじめたわけではないのでこれでいいのだ。
すぐ近くの道の駅で尿は倒した。
a0207595_2265968.jpg


ダム管理事務所で働くには、どういう大学を出たりすればいいのだろうか。
面接で、ダム管理事務所を志望した動機や売上計画を妄想する必要はないのだろうか。
すこし気になる。
a0207595_227012.jpg


オートバイを走らせて静かな場所に向かうプレシャスタイム。
わたしが日常的に、無意識にストレスをためているのは都会の喧騒だということを実感した。
秋葉原なんて場所、毎日いたらアタマがオカしくなるよ。
a0207595_227234.jpg


まだ風はつめたく感じるが、花は咲き始めている。
a0207595_227416.jpg


片倉ダムから亀山ダムまでは、たいした距離はない。
程よいワインディングとのどかな里の景色を見つつ、房総スカイライン入り口をパスしてあっという間だ。
片倉ダムに比べると、ちょっと人里感ある場所にあるのが亀山ダム。
a0207595_227718.jpg


湖畔亭のダムカレー。
カレー皿にカレー、米、唐揚げ、サラダの乗ったご当地感あふれるダムカレーだ。
唐揚げはホクホクした肉感にカリっとした表面が味覚の放流をさせる。上流の辛さも程よく、大盛りにしなかったことを後悔したメニューだ。
a0207595_2271142.jpg


亀山ダム管理事務所では、片倉ダム、亀山ダム、矢那川ダムのカードがもらえた。
きょうは矢那川ダムには立ち寄る時間がなかったので、後日訪問することにしよう。
カードだけもらってその場を経験していないなど、旅ではない。インチキはできん。

市原市消防局 加茂分署を守る仮面ライダーV3。
a0207595_2271515.jpg


高滝ダムも静かな場所で、けっこう落ち着いていられた。
撮影時間ふくめ、きょう一番長居した場所だろう。
野鳥も平穏に暮らしていた。
a0207595_2271959.jpg

a0207595_2272346.jpg


管理事務所から反対側の広場、野外ステージがあったり灰皿があったりと、大人のレジャー感ある場所だった。
a0207595_2272846.jpg


その隣の公園では、ブランコが封印されていた。
人間は、なんて傲慢なのだろうか。
ブランコはその姿を晒したまま、役目を果たせずにいるのだ。
a0207595_2282237.jpg


日が暮れるとさすがに寒いですね。
凍えるほどじゃないけど、パーカーがなければ走るにはツラかった。
すれ違うライダーたちも、まだウィンタージャケットだったんじゃないだろうか。
a0207595_22725100.jpg



ダムカードを保管するバインダーを用意しようと思っているが、これカードダスとかMTG用で入るのだろうか。
とりあえずマスキングテープでゲットした日を補完するようにはしたが。
コンプリートできる日はくるのだろうか。
a0207595_229339.jpg


本日の走行距離 190.7km
CB250F総走行距離 10213km


# by kenji_szmr | 2017-04-04 23:32 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

【完成】1/100コンバット..
at 2017-05-17 21:20
第56回静岡ホビーショー その5
at 2017-05-16 23:54
第56回静岡ホビーショー その4
at 2017-05-16 23:41
第56回静岡ホビーショー その3
at 2017-05-16 23:23
第56回静岡ホビーショー その2
at 2017-05-16 22:57

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン