17.02.12 羽田〜旭川

a0207595_21252529.jpg

早朝の羽田空港、朝6時30分頃だっただろうか。
展望デッキからは富士山が見えた。
また、それが目当てなのか他にもカメラを抱えた客が居た。

a0207595_21254028.jpg

旭川空港に到着したのは9時30分頃だ。
北海道はこれで4度目だが、冬は初めて。
東京の寒さとは違う、空気がキンと張り詰めたような寒さ。むしろ心地良いくらいだ。

a0207595_21254474.jpg

当日が最終日だったが、旭川駅前は雪まつりが開催中だった。
どの氷像もファンタジックなモチーフで、例えばこの武士や、戦うカツオ、月に向かって弦楽器を弾く男性、ペガススなど。
撮影中、カオナシが俺の前を通っていったのはなんだったのか。

a0207595_21254930.jpg

夜はライトアップされ、スケスケの氷がまた一段と輝く。

a0207595_21261437.jpg

緑橋通りがずっと氷像まつりで、ベンチには雪だるまがが可愛く飾られていた。
場所によって違う表情で、観光客を楽しませている。

a0207595_21262137.jpg


a0207595_21262355.jpg

北海道の町並みで好きなのは、区画整理された道路から向こうを見ると山が見えるところ。
山道や農道からたどり着く町並み、まるでドラゴンクエストのようではないか。

a0207595_21262639.jpg

昨年夏のツーリングでも、今回の旅行でもお世話になったセコマ。
北海道、どこでもセコマがあるのでとっさの栄養補給や休息に役立ちます。
(ぬかびら源泉郷にはない。)

a0207595_21262944.jpg

旭川ラーメン 青葉のチャーシューメン。
あっさりめの醤油味がうまい。


# by kenji_szmr | 2017-02-16 22:02 | photo

17.02.15

2/15
6時半に起床。
たしか朝食は7時からだったかなと、ささっと風呂に入って食堂へ。
開いてない。7時半からだったようだ。

改めて7時半から朝食。
ミルクジャムをぬったパンが美味い。
もうホテルの子になりたい。

朝食終わって、部屋の窓から外を眺めていたらシカが歩道を歩いていた。
もう、なにごともなくシカがいる。
とっさにカメラを用意して追いかけようとしたが、浴衣では外に出られない。残念。

私のような観光客からすれば、シカにエンカウントするのはトラベルのイベントだが、シカは害獣である。農作物を食い尽くし、木の皮を嚙り腐る原因をつくり山を枯らすそうだ。
旭山動物園や東大雪ビジターセンターで知ったが、オオカミを駆除してしまったことにより、シカを食べる動物がいなくなり繁殖、結果的に害獣になるほど増えてしまったというのだ。
北海道旅行のあちこちで知ることができる生態系や自然の歴史。いま自分がどうこうできるものではないが、知っていることが大事としておこう。

8時半過ぎにチェックアウト。
ひがし大雪自然ガイドセンターへ。
カンジキとストックを借りて、タウシュベツ橋梁ツアーへ出発。
a0207595_00251533.jpg


記憶はマイナス10度だそうだ。

五の沢から雪の山林を抜けて糠平湖へ。
凍った湖をおおう雪。雪雪。
結晶が反射して眩しい銀世界をカンジキであるく。
a0207595_00254143.jpg


2kmちょっと歩いて橋に到着。
昨年5月よりも、やや崩れているように見えた。
が、雪景色にかかるアーチ橋はたまらない。
a0207595_00261253.jpg


40分ほど時間をもらって自由行動。
ロープがかかって入れない場所もあったが、近寄ったり遠目に見たり、朽ちるアーチ橋をくまなく撮影。
タウシュベツ川も雪の下だが、たまに見える流れは止まっていなかった。
a0207595_00262887.jpg


フリータイムあとはまた、湖の上を歩き林を抜けて国道へ戻る。
ノースライナーのバス停の五の沢でツアー参加者が数人、バスに乗るそうで離脱した。
乗車しかできない、いちにちに一回しかこないバス、まして温泉街から5キロ以上離れている場所に利用者がいるのかと不思議だったが、いるのだな。

ツアー終了後、札幌方面からHAGY合流。
自慢の車で帯広まで一直線だ。
本来なら上士幌からタクシーを呼ぶつもりだったが、助かった。

帯広についたら、まずは豚丼屋「ぱんちょう」へ。
昨年5月、8月に来てどちらも休みだったので3度目の正直となった。
丼からはみ出す豚肉、炭焼きの香り、口の中に広がる甘辛いタレと豚肉の味。タレの染み込んだメシと、甘みを増すグリンピース。黙々と二人で豚丼を食べた。
a0207595_00270061.jpg


豚丼あとは六花亭でアイスサンドを食べながらゆっくり過ごす。
それから近くのホテルの日帰り入浴でぬかびらでかいた汗を流す。
帯広もあちこちから温泉が湧いてるそうで、日曜から水曜まで、温泉ざんまいの旅行だった。
a0207595_00272277.jpg


HAGYのクルマでとかち帯広空港まで送ってもらい、20時35分のフライトで羽田へ向かう。
今回の四日間はいままでになく充実していた。また一段と北海道が好きになり、名残惜しくも千葉へ帰る。
さよならは言わない。また来るぞ。

22時羽田着。15分発の錦糸町駅行きのバスに乗れた。
そして自宅に23時半に到着。
とかち帯広空港から3時間で帰宅。まったく北海道は近いもんだと、おかしな錯覚を感じる。

道中撮影したものは、あとからブログにまとめるつもり。

# by kenji_szmr | 2017-02-16 00:24 | diary

17.02.14

2/14
朝6時に、部屋のテレビが勝手について目がさめる。
ちくしょう、いらんモーニングコールだ。
二度寝。

8時半ごろに起きて風呂にはいる。
昨日のようなだるさはなく、きょうは健康だ。
9時半にチェックアウト。
a0207595_21231698.jpg


ホテルは素泊まりにしていたので、近くのレストランで朝食と思ったが営業は11時半から。
ロープウェイのラウンジも臨時休業で食事をしくじる。休憩所で、昨日買ったチョコをかじる。
仕方がないのでセコマで朝飯、と思ったらきのうは入れなかったラーメン屋があいてた。

塩ラーメンにチャーシューとメンマをつけ、ガッツリ。
a0207595_21243004.jpg


それからは腹ごなしに温泉街を散歩し、撮影。
シカを発見。二匹。
こんどはバッチリ撮れた。
a0207595_21254140.jpg


正午出発のノースライナーに乗り、糠平へ向かう。
今回の最大の目的地だ。
電話は圏外になるが、バスにWi-Fiもあるし、快適。
a0207595_21262770.jpg


R39を走り大雪湖を左手に見る。
いまは雪に覆われているが、夏なら水がはっているのだろうか。
深緑橋、松見大橋を見て、さあ今年の夏こそは三国峠を走るぞ、とまた気持ちがたかぶった。

峠を通過する間は晴れていたが、旧幌加駅を通過したあたりから吹雪いてきた。
さて、明日のタウシュベツ橋梁ツアーはどうなるか。
13時過ぎにぬがびら源泉郷着。
a0207595_21312155.jpg

昨年夏にお世話になった宿に、今回も泊まる。他にお客さんがいないそうで、貸切になり、いちばんいい部屋を借りてしまった。素晴らしい贅沢。
もう、誰の目も気にしないで風呂場でミラーマンごっこできます。
混浴露天風呂のラッキースケベはなくなりましたが!
a0207595_21321712.jpg


荷物をホテルに預け、雪の糠平探索。
朝飯が半端な時間のラーメンだったので、軽くランチと思ったら、目に付いたレストランは休み。
リュックの中にチョコを入れ忘れたりしたが、まあいいやと探索開始。

まずは糠平神社へお参りして、小鳥の村遊歩道を歩き、糠平川橋梁を渡る。
だいぶ足をとられて苦労したが、1時間程度の雪遊びを楽しんだ。
休憩がてらビジターセンターで東大雪の勉強をする。
a0207595_21353466.jpg

日が暮れて、雪は止まずスキー場のリフトも止まったので宿へ戻り風呂。
露天風呂は混浴だがそんな期待はできない男子シングル。
シカに遭遇することもなく、慎ましく温泉で身体を癒す。

夕飯は宿でいただいたのだが、ひとり。広いレストランにひとり。正確には俺と、おかみさんのマンツーマン。
やや緊張したが、出てくるメニューが何もかも美味いのですぐにそれは忘れた。
昨年夏の台風による石北峠の被害とか、最近はあちこちいっても外国人観光客ばかりとか、そんな話をして美味い食事は終わった。

糠平にはいま小学生は6人しかおらず、若い人の移転もないそうだ。道内でもめずらしくセイコーマートがない場所である。
「ぬかびら源泉郷」としての観光施設をまとめているが、国道に面した数百メートルの温泉街とスキー場。さらに国立公園の敷地内ということもあり、家を建てるのもむずかしく、仕事にしても片道30分以上かけて上士幌まで・・となれば、やはり厳しいのだろう。

層雲峡は外国人観光客向けのツアーを積極的に引き、氷瀑まつりもそれで賑わっていた。
善し悪しの話ではないが、ぬかびらにそういう花がないのも事実。
タウシュベツ橋梁は観光ポスターにも採用されているが、以前きいたように保護、復旧というわけにいかないのであまり大々的にPRできないこともあるのだろう。

それはそれで、静かな場所で好きである。
初めてのタウシュベツ橋梁ツアーから数えて3回目、自分以外の客が本当にいないのではないかという気にさせるほど、静かな夜を過ごしている。
夕飯の後に、ダムに向かって歩いて少し歩いて、トンネルの途中で引き返してきたが、R85から上士幌に向かう車が数台、地元の方が片手で数えるほど、といった具合。雪も積もってるし夜とゆーこともあろう。

ナトリウム灯に照らされた雪道を撮影して満足し、ふと空を見上げたらオリオン座が見えた。
意識して空を見ることも少ないが、きょうの締めくくりにいいものをもらった気がした。

明日はタウシュベツ橋梁ツアーから、帯広に行って帰る。

# by kenji_szmr | 2017-02-14 21:21 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

その他のKenji_szmr

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

17.02.15 帯広市
at 2017-02-21 16:20
17.02.15 ぬかびら源..
at 2017-02-21 16:03
17.02.14 ぬかびら源..
at 2017-02-21 15:40
17.02.14 層雲峡から..
at 2017-02-21 15:02
17.02.14 層雲峡 その4
at 2017-02-21 14:35

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

ファン