【完成】バンダイ 1/12 ボバ・フェット

日曜の夜に組み立てをはじめて、フラットクリアーを吹いて一晩寝かせる。
午前中に墨入れとウェザリングをやって完成。
これを日中にやれば、本当に一日あれば作れるキットだ。


1/12スケールということで、さほど細かいパーツもないので見たとおりの部品を組み合わせれば思った通りの形ができあがる。
『スターウォーズ』の映像作品は未見だが、市販のフィギュアなどではダメージを受けた状態のものがおおく、ゲームでは砂漠にいたのでそういうキャラクターなのだろう、
おおきなパーツをわかりやすく組みたて、手元の塗料でごそっと汚せばイメージどおりのボバが出来上がった。


バンダイのプラモデルといえば、多彩なアクションポーズが再現可能な可動をウリにしている。
しかしSWシリーズに限って言えば、ガンプラのようなそれよりも劇中イメージのディテールを優先しているようだ。
おそらく撮影用のスーツもこれくらい動ければいいだろうという程度のファイティングポーズができる。


また、恒例のスタンドも付属しているので躍動感あるシーンを切り取ることができる。
スタンドの足を固定しているパーツは裏返して平面にしてもよい。
ジェットパックはアクションベースに対応しているので、飛行状態で展示可能だそうだ。


塗装に時間はかけたくなかったので、成型色はそのまま使った。
エナメル塗料やウェザリングカラーで割れないように、組んだパーツにガイアノーツのフラットクリアーつや消しを吹き付けた。
プロテクターのダメージはラッカーの銀をボロくなった筆でゴシゴシ書き込んだ。


劇中プロップの写真を見ても、等身大にしたってやりすぎなくらい剥がしてあるので、1/12でもくどくならない程度に銀を載せた。
グレーの布の部分はクレオスのウェザリングカラー ステインブラウンを平筆でベタ塗りして、生乾きのタイミングで拭きとった。
砂埃が染みこんだように見えるだろうか。


とにかく手軽なキットだ。
それでいてモチーフが特徴的でかつポピュラーだから、いじりがいがある。
様々なひとがワイドな楽しみ方ができるだろう。



























by kenji_szmr | 2016-02-29 15:38 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

18.04.21 山梨編
at 2018-04-22 01:00
18.04.21 秩父編
at 2018-04-22 00:30
MSV No.02 1/14..
at 2018-04-14 23:47
MSV No.10 1/14..
at 2018-04-14 15:32
ウェーブ Dream Tec..
at 2018-04-01 20:24

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ファン