PG 1/60 ガンダムエクシア(LIGHTNING MODEL)

2017年末のフラッグシップアイテムとしてリリースされたパーフェクトグレード ガンダムエクシア。
ライトニングモデルと通常版のバリエーションで発売され、ユニコーンガンダムのようにLEDユニットだけ手に入らないという事故を未然に防いでいる。
いや、ユニコーンはバンシィやフェネクス、サイコフレーム色のバリエーションの都合でLED別売りにしたのだろうか。

『ガンダム00』10周年ということは、エクシアに一目惚れして当時発売されたエクシアを順番に作ったり、最終回までに発売されたヴァーチェを全部買ってみたりした、そんな記憶がフラッシュバックする。
10年目のパーフェクトなエクシアは、なにより欲しかったエクシアである。
本当にもう、これ以上のエクシアはないだろう。

▽スミ入れとかそういうこともしない。ガガガガガガンと組み立てる。光る。
a0207595_20515749.jpg


▽1/60ビッグスケールに詰め込まれたLEDは同時にさまざまな色で光る。
a0207595_20515945.jpg


▽AmazonVideoで『ガンダム00』見ながら、だらだらと組み立てる。1話から見始めて、ちょうど最終回を見終わったら完成した。
a0207595_20514420.jpg


▽LEDユニットは全身に伸びている。電源はユニコーン同様、台座に仕込まれる。
a0207595_20515422.jpg


▽スイッチを一回押すと、GNドライヴがくるくるまわって光る。写真では撮影に失敗している。
a0207595_20514734.jpg


▽すこし明るめにするとこんなぴかぴか光る。嬉しい。
a0207595_20514997.jpg


▽水色のパーツが発光するのが楽しい。
a0207595_2052277.jpg


▽さらに、紫を経てトランザムな赤色に変化するのが最高。
a0207595_2052566.jpg


▽動画にしました。見てください。


作業しつつ改めて『ガンダム00』を見直すと、ガンダムマイスターたちは少女漫画的な影を持ち、その他キャラクターもそれぞれの行動でシナリオが進み、また序盤は無敵のガンダムも物量作戦に負けたり擬似太陽炉の登場で全滅する最終回など、好き嫌いはありそうだが、実に味わい深く、噛みごたえのあるガンダムだと改めてわかった。
すべて劇場版までの伏線として見れば、はっきり「好き」と言えるガンダムになる。
ゲームでの戦闘BGMで使われている『FIGHT』は川井憲次独特のヒロイックさが強く、パトレイバーの 『朝陽の中へ』や『SCRAMBLE』以上に気分が高揚する一曲だ。

そしてこのパーフェクトグレードガンダムエクシアだが、パーツが全体的に大きいのでバリバリ組み立てられる。
デタラメに細かいパーツを組み合わせていくストレスがないので、それこそ一日がかりで作れるので、年末年始、こたつにはいってゆっくり作るのもいいだろう。
バンダイのガンプラの「いいとこ」って、モノにもよるがストレスが比較的少なく組めることではないだろうか。


by kenji_szmr | 2017-12-06 21:03 | toys


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

MSV No.02 1/14..
at 2018-04-14 23:47
MSV No.10 1/14..
at 2018-04-14 15:32
ウェーブ Dream Tec..
at 2018-04-01 20:24
18.03.30 その2
at 2018-03-30 23:59
18.03.30 その1
at 2018-03-30 23:50

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ファン