HGUC 1/144 バーザム[クリアカラー]

▽ガンプラEXPOやガンダムベース東京で購入できる限定品、スケスケバーザム。
a0207595_21403876.jpg


▽HGUCバーザムは発表時の話題性もさることながら、そのランナー配置や組み味も、ガンプラでありつつガンプラらしからぬ得意性は、モデルグラフィックスが特集を組むほどであった。
a0207595_21403914.jpg


▽オプションはバルカンポッド、ビームライフル、ビームサーベル✕2本。差し替え手首は「うれしい平手」。
a0207595_21404125.jpg


REVIVE以降のHGUCシリーズの「色分け」と「組みやすさ」は、塗装するにしてもそうでないにしても「つくりやすい」を重点にしているのだろうか。
あるいは、イベント限定品を見越した「クリアカラーありき」の色分けパーツ分割とも考えられる。
いずれにせよそのまま組めば十分なキャラクター再現がされていて、塗装するにしてもパーツごとに塗装すればよいのでマスキングなどの手間がない。

ガンプラの色分け、いまさら言うことでもないのだがカラフルなアニメキャラクターを作り続けてきたからこその独自進化を遂げているので、個人的にはこの路線でもっと進んで欲しい。
また、バーザムに関してはAランナーのパーツ配置は芸術的なので、これはぜひ、購入して感じてみよう。
流用きかないキャラクターに、どうしてここまで力を入れたのか。あるいはコレがガンプラの本質なのか。


by kenji_szmr | 2018-03-16 21:56 | toys


カメラとニッパー


by Libra Kneji

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

19.03.24
at 2019-03-24 17:16
19.03.23
at 2019-03-23 15:27
1/100 ハイレゾリューシ..
at 2019-03-17 15:42
19.03.10
at 2019-03-10 16:06
19.02.24
at 2019-02-24 18:05

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

ファン