18.08.25

藤原ダム60週年記念カードをもらいに、ふたたび群馬へ。
日帰り予定なのでシートバッグも持たず、ウエストポーチに財布とカメラだけ入れて、
リアシートにカッパをくくりつけて出発。

▽管理所前、堤防が見える位置にカードのパネルが設置されるので、そこで自撮り。さすがにネットでは顔は晒せない。
a0207595_23154756.jpg

ここで問題発生、藤和ダム60周年記念カードは、4枚収納されたカードフォルダに入って渡されたのだ。
そう、オートバイで持ち帰るにはB5くらいのサイズのバッグが必要だった。
ネットはあるけどカードが飛ぶ可能性がある、どうしたもんかと考えて、シート下の小物入れに入れてタオルで抑えてなんとか持ち帰れた。

今後はカードを貰いにいくときは、必ずシートバッグを容易するようにしよう。
行く先々でパンフレット配ってたり、するしね。

▽藤原ダムは「カードここです!」と案内があるので良い。
a0207595_23155063.jpg

▽堤防からの眺めもよいのです。
a0207595_23155255.jpg

藤原ダムから県道63号(奥利根湯けむり街道)を北へ、藤原湖を左手に見て山を登る。
水上高原スキーリゾートを通過してすぐ、正面にドカーンと奈良俣ダムが現れる。
近隣にはカヌーで遊べる施設や、温泉旅館の廃墟などがある。

▽見上げる迫力。ロックフィルダムとしては日本最大級の高さだ。
a0207595_23155500.jpg
▽洪水吐正面に橋があるので、ダイナミックな景色が見られる。
a0207595_23160698.jpg
▽これだけの岩の山、なかなか見られるものではない。
a0207595_23160944.jpg

▽発電所。夏の空。
a0207595_23155837.jpg

▽天端には資料施設、土産物屋とレストランがあり、また対面にはオートキャンプ場もあるというレジャー施設としても活用できるダムだ。
a0207595_23161237.jpg
▽建設時に使われたダンプカーのタイヤ。でかい。
a0207595_23161486.jpg
奈良俣ダムだから水上高原スキーリゾートへ戻り、すこし分かりづらい道にはいると、須田貝発電所に到着する。
またそこを先にすすむと、春は通行止めだった矢木沢ダムへ向かう道になる。
GoogleMapでもヤフーカーナビでも、なぜか矢木沢ダムへのルートは検索できない。一般道扱いではないらしい。

▽ここから先は本当に一本道。
a0207595_23162348.jpg
▽洞元湖のいちぐち、須田貝ダム。春はまだ雪化粧だった。
a0207595_23171104.jpg
矢木沢ダム専用道路、いちおう舗装はされているが路面は荒れていたり、自動車1台しか通れないトンネルがあったり、道幅が安定しない。
大型トラックなどとても通れないような道だが、ダム建設時は違うルートがあったのだろうか。

▽発電所手前の橋から見る矢木沢ダム。
a0207595_23171519.jpg
▽矢木沢ダムにせき止められる奥利根湖、流木がえらいことになっているが、水量の少ない季節ならではの風景だ。
a0207595_23171932.jpg
▽管理所のレーダー。
a0207595_23172485.jpg
▽矢木沢ダム天端から見る発電所、川に空が写る。
a0207595_23172953.jpg
▽高所恐怖症なので、天端から下を覗き込むのは怖い。
a0207595_23173459.jpg
▽矢木沢ダム付近は携帯電話が圏外だが、おれは水の大切さを忘れない。
a0207595_23174863.jpg

▽そういえば、夏休み最終日は片品村から出発だったので県道63号を通って奈良俣、矢木沢へ寄れたな、と思ったがまあそれはそれで。
a0207595_08583313.jpg
みなかみ近辺のダムカードだけ手に入れる予定だったが、おもった以上にはやく終わったので、
矢木沢ダムから西へ100キロ、野反ダムへ向かうことにした。
四万川温泉に寄りたい気持ちもあったが、それはそれで時間がなくなるので県道55号から国道405を走る。

▽途中で見つけた白砂ダム。
a0207595_23175504.jpg
▽静かな国道沿いにひっそりと。
a0207595_23180161.jpg
▽国道405号をずーっと登っていくと、野反湖に到着。ダムはこの対岸だ。
a0207595_23180735.jpg
▽野反峠休憩舎で「六合(くに)サンド」をいただく。プリプリのヴルストがホクホクのパンに挟んである。付け合せの漬物も美味い。
a0207595_23181223.jpg
▽野反湖をぐるっとまわって、野反ダム。きゅうに道幅が狭くなって、ダムの上を通って渡る。
a0207595_23181941.jpg
▽カードはダムの先にあるビジターセンターで配布。
a0207595_23182518.jpg

この日はビジターセンター付近のキャンプ場でロックフェスが開催されていたようで、なかなか賑やかだった。
野反ダムのカードをもって、群馬県全32枚のダムカードをコンプリート。
建設中の八ッ場ダムは、おそらくこれからもアップデートされるだろうから、またいつかそのときに群馬へ行こう。

▽千葉に帰る前に腹ごしらえ。
a0207595_23183173.jpg
▽「静岡にさわやかあり、北関東にフライングガーデンあり」という感じのハンバーグ屋。250gのハンバーグをダブルでいただく。
a0207595_23183659.jpg
ハンバーグにライス3皿食べて腹いっぱいになったので、前橋I.Cから高速道路に乗って、
渋滞回避のために北関東道から東北道をまわって千葉に向かう途中、
足利から佐野あたりで夕立にぶつかる。

肌にあたると痛い雨粒、遠くに見える雷、高速道路近辺しか降ってない雨、
行く先々のSAもPAも混雑していてカッパを着るために入ることもできない、など楽しいツーリングの最後はずぶ濡れで締める結果に。
さいたまに入ったあたりで雨を抜けて、外環道のドライヤーで服を乾かして帰宅。

CB250F 総走行距離 25,746km
本日の走行距離 597.9km

群馬ダムカード、ほとんど平日のみの配布かとおもいきや今回の藤原ダム、奈良俣ダム、矢木沢ダム、そして野反ダムは週末でも配布している。
しかしおおよそ夏期しかい到達できないこともあり、いちどにすべて集めるのであれば夏休みにガッツリ回るのもいいだろう。
各ダムはおおよそ3〜4箇所に固まっているので、そこを重点的に回るのもいいだろう。

県北のみなかみ町の矢木沢、奈良俣、藤原、須田回、小森、相俣はとくにまわりやすい。
西側は観光地としては温泉街に近い(温泉も隣接している)四万川ダムや、みんな知ってる八ッ場ダムはデートスポットとしてもいいだろう。
南部の国道462号は特撮ロケ地で有名な下久保ダムがあり、秩父から299号を通って神流村など、ツーリングにもってこいのルートだ。

また、渡良瀬貯水池のカードは群馬、栃木、埼玉を同時にゲットできるお得なカードだ。
群馬ダムカードは県境に散っていることもあり、新潟、栃木などのカードあつめと一緒にしても楽しいだろう。

夏もおわりに近づき、ダムは雪に閉ざされる。
今年はあと、何ダム回れるだろうか。
新潟には二輪通行禁止の道の先にあるダムがあるし、さて。

by kenji_szmr | 2018-08-25 23:18 | diary


カメラとニッパー


by Libra Kneji

更新通知を受け取る

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

メガハウス エクセレントモデ..
at 2018-12-09 20:26
アルター シノン
at 2018-12-09 20:17
18.12.08 北千葉を駆ける
at 2018-12-08 21:55
18.11.24 夜の八ッ場ダム
at 2018-11-24 23:59
18.11.04
at 2018-11-04 23:04

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ファン