2018年 08月 14日 ( 1 )

18.08.14

新白河のホテルでは、とくになにがあるわけでもなく、そう、1000円で見放題のビデオシアターを使うこともなかった。

▽国道289号の途中にある展望台から朝ははじまる。
a0207595_22464178.jpg
▽去年も立ち寄った堀川ダム。近くに西郷ダムや赤坂ダムがある。
a0207595_22464335.jpg

甲子道路はゆったり登ったり下ったりできるいい道。
また、いちどまっすぐ開通したけど崩落したらしくてカーブに彫り直したトンネルなど、みどころ満載。
a0207595_20505950.jpg

甲子道路を西へ走りきると、旭ダムのある交差点へ突き当り、また国道121号へ合流する。
きのう走った道をまた走り、つぎの目的地へ向かうのだ。

▽13日の昼食をとったレストラン「まほろば」。大盛り鴨そばの味は、なぜか思い出せない。
a0207595_22464529.jpg
▽国道121号を南へ、きょうの目的地は栃木。
a0207595_22464725.jpg

▽国道400号との合流地点、会津鬼怒川線のいい高架橋が見えるのだ。
a0207595_22465951.jpg
▽3つの国道が合流する県境、トンネルを抜ければそこは、って感じの場所にある。
a0207595_22470591.jpg
▽会津西街道も気持ちいい道だ。
a0207595_22470895.jpg
▽湯西川ダムに着く頃には快晴。
a0207595_22471004.jpg
▽これでもかというほどダムで、鬼怒川4ダムの象徴といえるだろう。
a0207595_22471789.jpg
この日はほかのダムにはよらず、まっすぐ中禅寺ダムに向かうつもりだったのだが、道すがら何箇所かダムがあることに気づいたので
せっかくなので立ち寄ることにした。
また、鬼怒川4ダムでスタンプラリーを開催しており、4箇所集めるとカードホルダーがもらえるということだが・・・湯西川ダムで推し忘れたので諦めた。

▽五十里ダム。隣接するダム資料館は、いつか子供ができたら一緒に来たい場所だ。
a0207595_22471997.jpg
▽川治温泉駅からすぐ近くにある小網ダム。
a0207595_22472187.jpg

▽川治温泉から県道23号に入り、山を登ったところにある川治ダム。五十里ダムからもすぐ近くだ。
a0207595_22472311.jpg
▽川治ダムから県道23号を西へ向かうと、川俣ダムへ到着。工事中だ。
a0207595_22473932.jpg

▽ダム管理所から降りて登ってすると、ダム正面の吊橋にたどり着き、そこからの1枚。もう俺は汗でビショビショ。
a0207595_22474240.jpg

さて、川俣ダムでいい汗かいたのできょうの目的地である中禅寺ダムに向かうことにするが、時間は13時過ぎ。
GoogleMapのナビは中禅寺ダムまで約90分かかると予測しているが、中禅寺ダムのカード配布時間は15時。
これがけっこうギリギリ、まして峠を走るのだから予測時間はアテにならない。

しかしそこは、慌てずいそいで川治ダム方面に戻り、県道169号をダッシュ。
霧降高原の濃霧にも、道を譲らずちんたら走る「わ」ナンバーの日産ノートにも負けず走る。
その道には負けなかったが、東照宮付近の大渋滞にぶつかった時点で時刻は14時過ぎ。

絶対に間に合わないと判断したので、中禅寺ダム管理書に電話してみると、
その日は運良く職員の方が17時ごろまでいる予定ということだったので、
すこし急ぐ気持ちを落ち着けて向かうことにした。

東照宮から清滝あたりまでの渋滞はすさまじく、なぜこんなに人が、これがお盆休みなのか、
おまえら盆休みなんて決まったタイミングで一斉に休むからこうなるんだ、
なぜもっとみんなずらして休まないだ、おれもそのなかの一人だがこれでは経済がどうこうとか考えながら走る。

第二いろは坂はなるたけ低速ギアでガンガン回してヘアピンコーナーを攻めて登った。
そんなとき、まわりのサンデードライバーたちにプレッシャーを与えずにオートバイを主張させ
事故られないように走るかが大事だ。

ロマンチック街道をちっともロマンチックに走らずに、やっと中禅寺湖についた時間は15時30分過ぎ。
それでも二荒橋前交差点も大渋滞で、近くの駐車場の警備員もカメラで渋滞の様子を撮影していた。

▽そして中禅寺ダムだ。
a0207595_22474362.jpg

中禅寺湖からまた、日本ロマンチック街道を西へ向かう。
3月の群馬ツーリングでは金精峠が通行止めだったのでたどり着けなかった丸沼ダム。

▽ねんんがんの丸沼ダムだ。
a0207595_22474549.jpg

ネットでみかけた、ダムを正面から見る写真はどうやって撮ったのかと考えていたら、駐車場近くの脇道から息を切らして出てくる若者に遭遇。
柵を回避した先に遊歩道があり、そこからダムを正面から見られるというのだ。

▽遊歩道というか、獣道である。
a0207595_22475223.jpg

▽獣道をおりると、ダムのふもとに。しかし正面からはどうやって見れば・・・
a0207595_22475417.jpg
▽と、そこで見つけたドラム缶艇。その名も「トム・ソーヤー号」。
a0207595_22475645.jpg
▽対岸まで張ってあるロープを類って丸沼を渡る。
a0207595_22475883.jpg
国内でも珍しいバットレスダムで、比較的到達は容易ではないだろうか。
季節柄、通行止めということはあるが。
北海道の笹流ダムも、いちど見てみたい。

丸沼ダムを堪能したあとは、ロマンチック街道をまた西へ向かい、片品村のペンションへ。
雨上がりの空模様、泣き出したくなるような空と雲のコントラストで、
また片品村の穂高方面はすこし寂しい道も続くのだ

▽どうだろうか。
a0207595_22481088.jpg

ペンションの到着時間はわからなかったので、素泊まりで予約しておいた。

▽道の駅「花咲の湯」で夕飯を食べて、そこから10分程度の距離のペンション「銀河」で一泊。
a0207595_22481209.jpg

by kenji_szmr | 2018-08-14 23:59 | diary


カメラとニッパー


by Libra Kneji

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

19.08.11 超攻速新潟..
at 2019-08-12 21:25
19.08.11 超攻速新潟..
at 2019-08-12 20:36
19.08.10 超攻速新潟..
at 2019-08-12 18:32
19.08.10 超攻速新潟..
at 2019-08-12 18:03
19.08.03〜04
at 2019-08-04 20:29

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

ファン