カテゴリ:diary( 527 )

18.04.21 山梨編

ツーリングでは、Yahoo!カーナビとかGoogle Mapを使います。
たんに道を考えながら走ってしまうロスや、余計なことを減らしたいというのもありますが、目的地前のおおよその移動時間を把握するのがおもな目的です。
で、滝沢ダムから上日川ダムってどんなもんかと調べたら、だいたい1時間半くらい。カード配布場所はダムから離れた道の駅や温泉など。

▽滝沢ダムを出たのが14時頃だったか、まだ日が高いうちに上日川ダムに到着。
a0207595_03256100.jpg


▽大菩薩嶺に聳える、既設ダムとしては標高が2番目に高いダムだそうだ。
a0207595_033259.jpg


▽富士山も見える、居心地のいいダムだ。
a0207595_033430.jpg


▽基本的に無人のようだ。周辺の散策にも向いていないが、県道218号には温泉宿やペンションがあり、ちょっとした秘境気分で宿泊に来てもいいかもしれない。
a0207595_033549.jpg


▽山梨県のダムカードは、昨年11月に2日かけてコンプリートしたつもりだったが、この上日川ダムだけ「知らなかった」のである。まして、なんども来ている甲州のすぐ近く。けどこれで、多分本当にコンプだ。
a0207595_033646.jpg


▽上日川ダムのカードは、「道の駅 甲斐大和」で貰った。そのあとは、甲斐大和にあるそば屋で、すこし早い晩飯食って帰ろうかな・・と思ったが、数日前に山梨のそば屋が話題になってたのを思い出して、そう、甲斐大和から1時間くらいの距離なのでいってきた。
a0207595_033889.jpg


▽住宅街の中心にひっそり店を構えていて、飲み屋としてもイケるメニューも豊富。馬もつ煮。
a0207595_033952.jpg


▽十割そば。これがもう、そばそばしい味でたまらない。
a0207595_0331145.jpg


▽揚げなす、馬もつ煮、もりそばを食べたあと、シメに信玄アイスも食べてしまうくらいに「美味い」店であった。
a0207595_0331313.jpg


▽そして、偶然だろうが大洗の鳥居の絵が飾られていて、シンパシーを感じる黄昏時。
a0207595_0331473.jpg


▽店員さんもどうやら「わかっている」ようで、私のように写真を撮る客や、やたらと「大海老特選天せいろ」を注文する客が多いのも、「わかった対応」をしてくれていた。レジに『ゆるキャン△』6巻置いてあるしね、もう。
a0207595_0331598.jpg



by kenji_szmr | 2018-04-22 01:00 | diary

18.04.21 秩父編

▽天気がいいので秩父へ。
a0207595_0181141.jpg


▽滝沢ダム10周年記念カードを貰いにいったのだ。
a0207595_0181415.jpg


▽私のダムカード集めは合角ダムからはじまり、翌日の滝沢ダムが起点となったと言っても過言ではない。
a0207595_0181515.jpg


▽真正面から撮影できるはずの吊橋は通れなかった。
a0207595_0181716.jpg


▽滝沢ダムと同時期に建設された雷電廿六木橋。
a0207595_0181742.jpg


▽雷電廿六木橋から見た滝沢ダム。
a0207595_0182071.jpg


▽滝沢ダムは、堤体からエレベーターを使って中を見学できる珍しいダムだ。
a0207595_0182292.jpg


▽秩父の山奥とはいえ、気温は30度近くある日だったが、ダム内は13度、非常に過ごしやすい。
a0207595_0182455.jpg


秩父にきたので、帰りは奥多摩か雁坂峠、ということで続く。


by kenji_szmr | 2018-04-22 00:30 | diary

18.03.30 その2

▽コンプリートしたつもりでいた埼玉県のダムカードは、「利根大堰」と「武蔵水路」が残っていた。配布場所は「利根導水総合事業所」で、「道の駅きたかわべ」からほど遠くない行田市にある。
a0207595_2114442.jpg


▽利根大堰は、その名の通り利根川をせき止め、埼玉県内や東京都へ流す役割がある。簡単な説明は、上の写真のパネルで聞くことができる。
a0207595_2114721.jpg


▽子供も多いのだろう。怖い。
a0207595_211491.jpg


▽群馬の山もそうだったが、桜が咲いている。もう春だ。
a0207595_21141113.jpg


今回の5日間の旅で獲得したダムカードは合計30枚、内群馬県のダムカードは28枚。
夏季にしか到達できない4ダムもそうだが、八ッ場ダム完成(2020年予定)にはもう一度訪れたい。
ダムカード道は果てしないのだ。


by kenji_szmr | 2018-03-30 23:59 | diary

18.03.30 その1

▽上野村から神流町を抜け、藤岡市にある下久保ダムまでは「ヴィラせせらぎ」からおよそ1時間かかるのだが、昨日はそれを行ってもどってきているのだ。ロケーションが嬉しくて群馬ツーリング最終日朝もここに寄った。
a0207595_20534957.jpg


▽奥の小屋は、『仮面ライダーJ』巨大化シーンでも再現されている。
a0207595_20552497.jpg


▽この道、また走りたい。
a0207595_2056518.jpg


▽おたくのロケ地巡りはほどほどにして、神水ダム。さて、ここから後は渡良瀬貯水池へいけば今回の群馬ダムカードめぐりは終了である。
a0207595_2056316.jpg


関越道から北関東道に入り、佐野藤岡ICで降りる。

▽カード配布場所にいく途中の「セルフサービスレストランNICO2」に「ダムカレー」の旗があったので寄った。渡良瀬貯水池をイメージした、ハート型のダムカレーだ。味も3種類あったが、今回はチキンカレーにした。
a0207595_20594018.jpg


▽渡良瀬貯水池のダムカードは4箇所あるが、いちばん通りやすい「道の駅 きたかわべ」で獲得した。
a0207595_21141100.jpg


▽「きたかわべ」付近は埼玉県、群馬県、栃木県の県境であって、土手を歩くと三県を通ることができる。
a0207595_2123137.jpg


▽埼玉と栃木に挟まれた群馬。
a0207595_2123491.jpg


▽埼玉から数分歩くともう、群馬を抜けて栃木だ。
a0207595_2123665.jpg


▽道の駅に案内もあるのだが、すぐ裏の畑のなかの「3県境」を観光地化している。道の駅を降りた階段。
a0207595_2145886.jpg


▽階段からすぐ正面。左手に渡良瀬貯水池と土手。
a0207595_215254.jpg


▽もうすこし。
a0207595_215562.jpg


▽当日は工事中で栃木は倒れていたが、本当になんでもない場所、むしろ入っていいのか心配になる花畑の中にある。
a0207595_215138.jpg


▽すてきな手書きの説明もあり。
a0207595_2151574.jpg


▽また、“自撮り”できるようにカメラ台も用意してあるのだった。
a0207595_215864.jpg


続く。


by kenji_szmr | 2018-03-30 23:50 | diary

18.03.29 その2

▽道平川ダムから南に約30キロ、大仁田ダムも山奥にある。管理事務所の方いわく、先週までダム湖は凍っていたそうだ。
a0207595_20302760.jpg


▽そして大仁田ダムからまた20キロ南下した場所にある、上野ダム。
a0207595_20325492.jpg


▽展望パーキングは冬期立入禁止となっていたり、また虎王神社手前から細い道を通り、山道を抜ければダムを正面から見られるようだが、今回はパスした。
a0207595_20333733.jpg


▽ダムカードは、上野村方面へ山を下ったところにある「しおじの湯」で配布している。また「しおじの湯」ではダムカレーも販売している。
a0207595_20411772.jpg


▽「しおじの湯」から宿泊地を過ぎてしまうが、行けない時間と距離ではなかったので、塩沢ダムへ。管理事務所は閉まっていたが、そこから5分の「藤岡土木事務所 万場事業所」でカードを配布していた。
a0207595_20415614.jpg


▽和風。
a0207595_20431435.jpg


▽そしてまだ時間があったのと、いい夕暮れだったので下久保ダムへ向かった。
a0207595_20433270.jpg


▽仮面ライダーシリーズのロケ地として有名で、印象的なのは『仮面ライダーJ』が巨大化したシーンや、『仮面ライダー(スカイライダー)』のオープニングだろうか。
a0207595_20435927.jpg


▽『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』のクライマックスも印象的なダムだ。
a0207595_20474186.jpg


この日の宿は「ヴィラせせらぎ」。
すでに「しおじの湯」でダムカレー食べたあとすぐに猪豚鍋を食べて、満腹ライダーであった。
露天風呂からの月もきれい。ここも、気が合う人と静かに過ごしたい宿だ。


by kenji_szmr | 2018-03-29 23:59 | diary

18.03.29 その1

▽この日はいちばん多くダムをまわった。カード配布はないが、安中市から下仁田町へ向かう途中に見つけた大桁ダム。ダム湖周辺は公園となっていて、景観がいいからか、数組の老夫婦がいた。
a0207595_2025736.jpg


▽駐車場に佇む「湖城の館」。ひとけはなかったが、ポンプが動いていたので誰か住み込みで商売をしているようだった。いった時は営業していなかった。
a0207595_2044032.jpg


▽入り口正面のカウンターに、なぜか美少女フィギュアが。
a0207595_2064430.jpg


▽公園からダムのほうへ向かうと、恐竜がいた。
a0207595_2095359.jpg


▽恐竜。
a0207595_2010983.jpg


▽背中に乗ったり、腹のなかにはいれたりする。遊具になっているのだ。
a0207595_2010245.jpg


▽大桁ダムは、公園から山道を降りて、ちょっと歩きづらい砂利道の先にある。
a0207595_2010526.jpg


途中、「下仁田こんにゃく観光センター」で朝食がてら休憩。
下仁田ネギ入りのコロッケは美味しかった。
また食べにいきたい味だ。

▽下仁田町のダムカードは4枚あり、まずは市野萱川取水ダム。数百メートル手前で通行止め。
a0207595_20115163.jpg


▽次の屋敷川取水ダムも、入り口でちょうど立入禁止の作業をしていた。
a0207595_2014343.jpg


▽そこから少し離れた場所にある沢川取水ダムも工事中だったが、ダムを見ることはできた。
a0207595_20143813.jpg


▽そして、4枚のダムカードをまとめて配布している道平川ダム。ダム湖(荒船湖)周辺は整備されていて、山並みがよく見えるいい道だ。
a0207595_2015216.jpg


▽ダムを見上げるには、少し細い道を通る必要があるので、この撮影地までは近くに車をとめて徒歩でいくのが良いだろう。道も荒れているし、車はUターンできる広場はない。
a0207595_20162926.jpg


▽そういえば、この馬は何・・・と撮影するときに気になたので調べてみたら「初代ぐんまちゃん」だそうだ。現行のぐんまちゃんは2代目。
a0207595_20175835.jpg


続く。


by kenji_szmr | 2018-03-29 23:50 | diary

18.03.28 その2

▽昨年もここで休憩した、碓氷湖の坂本ダム。
a0207595_19475142.jpg


▽そこからすぐ近くの霧積ダム。ここの管理所で坂本ダムのカードももらえる。
a0207595_19481827.jpg


▽ちょっと「くの字」になっているのが良い。
a0207595_19484631.jpg


▽中木ダム。安中市のはずれにある。カードは市街地にある「安中市 谷津庁舎」で配布。
a0207595_19492984.jpg


▽妙義湖ではスワンボートや釣りなど、レジャーを楽しめるようになっている。
a0207595_19513958.jpg


▽この日の宿泊地は、磯部温泉。せんべいが美味い。また、舌切雀伝説のある宿もあるが、そこの向かいの「雀の鳴き声が心地いいからその名がついた」宿に泊まった。
a0207595_19523460.jpg


▽磯部温泉は、「温泉マーク発祥の地」ともされ、温泉街の中心の公園には日本最古の温泉マークの石碑がある。写真はその公園の桜。
a0207595_19563078.jpg


▽磯部駅の前にはタクシーがずらり並んでいるが、日か時間がわるかったのか利用客はあまりいなかった。
a0207595_19572374.jpg


▽宿の近くの飲み屋で「ふつうの飲み屋メニュー」で楽しみ、賑やかな子どもたちを避けて温泉に入った。
a0207595_1958269.jpg



by kenji_szmr | 2018-03-28 23:59 | diary

18.03.28 その1

▽四万温泉でゆっくりした翌朝、また中之条ダムに寄ってから吾妻発電事務所へ。とくに照明は必要なく、カードは配布された。
a0207595_19221564.jpg


▽吾妻発電事務所からまた国道353号をもどり、四万川ダムへ。今度こそカードゲット。
a0207595_19221875.jpg


ところで、ダムの近くには滝もあるので、時間があれば滝巡りも面白そうだ。
野反ダムはやはり、冬期休業しているビジターセンターでのカード配布ということで今回はパス。
夏に時間がとれたらキャンプにきてもいいだろう。

▽品木ダム。草津温泉にほど近く、カード配布場所は本当に温泉街と目と鼻の先にある。草津温泉なんぞ、嫁ができてからいつでも来りゃいい。
a0207595_19265679.jpg


▽緑色の水はびっくりしたのだが、品木ダムは酸性の水を中和させるためのダムだそうだ。その色だろうか。
a0207595_19275843.jpg


▽さて八ッ場ダム。ここのカードは、工事現場見学が必要と聞いていて、面白そうだが時間がキビしいかな・・・と思ったのだが、月曜に宿泊した宿の人から、近くの展望台や道の駅でスタンプラリーをやっていて、それをこなせばカードがもらえると聞いたのだ。
a0207595_19293734.jpg


▽写真を撮った「八ッ場見放台」。いろいろ問題があったり、変なことで有名になった八ッ場ダムだが、それはさておき観光名所として利用されているのだ。スタンプ台と用紙は展望台頂上に設置。
a0207595_19304285.jpg


▽見放台からすこし西へ、「なるほど!やんば資料館」に2つめのスタンプ。ここでは八ッ場ダム建設に至るまでの歴史や、やや具体的なことは避けているが、建設中止のことなどが書かれた資料が展示してある。
a0207595_1932360.jpg


▽バイパスをまた西へ、「道の駅 八ッ場ふるさと館」。どこもそうだが、平日だというのに親子連れや老人たちで賑わっていた。春だからだろうか。ここで3つめのスタンプを押し、カードゲット。
a0207595_19344917.jpg


八ッ場ダムから安中市の坂本ダム、霧積ダムまでは、一度軽井沢を抜けていくことになる。
そういえば、ちょうど一年前に鉄道村のちかくの温泉で雪見風呂を楽しんでから中山道を登ったのを思い出した。
今回はその逆のルートだ。

▽めがね橋も健在。いつかちゃんとこのあたりを散策したいとおもいつつ、また通り過ぎるだけになってしまった。
a0207595_19394396.jpg


続く。


by kenji_szmr | 2018-03-28 23:50 | diary

18.03.27

▽丸沼ダムには季節的な都合でたどり着けなかったので、せめて通行止めの看板を見せて「近くまで行った」という照明をしてカードが貰えないものかとおもったが、観光協会の人は断った。
a0207595_1820987.jpg


また、片品村宿泊を照明できるものでもらえるキラカードも目当てにあったので村内の宿に泊まったが、それも無駄になった。
「到達できない条件」というのは致し方がないのだが、観光協会のカウンターにダムカードの説明を置いてあるのであれば、せめて季節の問題の救済措置はできないものかと、すこし不満ではあった。
だが、片品村の宿「子宝の湯 しおじり」では八ッ場ダムのダムカードについて情報をもらえたので、決して無駄ではなかったのだ。

▽吹割の滝をそこそこにして、黒坂石ダム。ここはとくに到達しておかなくても、あとでカードはもらえる。
a0207595_1825996.jpg


▽草木ダム。ここを通る国道122号は日光へ向かうルートなので、ライダーも多い。また、いこうと思えば小一時間で中禅寺湖まで行けるので、あいだの庚申ダムや、中禅寺ダムまでのルートにも使える。
a0207595_1826240.jpg


▽草木ダムにはカレーもあるが、時間があわないのでパス。
a0207595_1829927.jpg


▽また、ダムを臨む公園もあるので休日のレジャーにも良い。
a0207595_183072.jpg


▽高津戸ダムは、渡良瀬川を遮るダム。近隣におおきな公園や、はねたき橋もあり、近隣住民の憩いの場となっているようだ。
a0207595_18304870.jpg


▽桐生川ダム。ちかくのうどん屋が気になったが、開いてなかった。
a0207595_18322634.jpg


桐生川ダムから先は、また西に向かって走る。
この日はほぼ走りっぱなしだった。

▽日が暮れた頃に四万川ダムに着いたが、カード配布時間は16時まででタイムオーバー。
a0207595_18335559.jpg


▽しかたがないので、すぐ近くの中之条ダムへ。ここのカード配布も、6月まではさらに離れた吾妻発電事務所での配布で、時間までに間に合わないので四万川温泉へ戻り、一泊。
a0207595_18342768.jpg


▽四万川温泉では、なにか映画のロケをやっていたが疲れていたので夕食以外に宿から外に出ず、風呂入って寝た。
a0207595_1836051.jpg



by kenji_szmr | 2018-03-27 23:50 | diary

18.03.26 その2

▽玉原ダムへむかう道にある、強清水(こわしみず)の滝。
a0207595_1853396.jpg


▽玉原ダム。ここも冬期閉鎖中のため、写真を撮って沼田市観光案内所へ行く必要がある。沼田市観光案内所、つまり真田幸村のアレのナニなので、戦国BASARAのパネルが置いてあったりする。
a0207595_187315.jpg


▽平出ダム。日が沈み始めた頃、オートバイならぎりぎり通れるトンネルを通っていくのだ。
a0207595_189105.jpg


▽日本ロマンチック街道から少し外れた山の中にある薗原ダム。
a0207595_18111496.jpg


▽沼田市から国道120号をずっと北に向かい、日光へ抜ける道の途中に丸沼ダムがあるのだが、あと数百メートルという場所で通行止め。時間があれば中禅寺ダムまで行って戻って、とも考えたがそれも叶わず。
a0207595_18123513.jpg


▽月。
a0207595_18144552.jpg



by kenji_szmr | 2018-03-26 23:57 | diary


カメラとニッパー


by kenji_szmr

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

18.04.21 山梨編
at 2018-04-22 01:00
18.04.21 秩父編
at 2018-04-22 00:30
MSV No.02 1/14..
at 2018-04-14 23:47
MSV No.10 1/14..
at 2018-04-14 15:32
ウェーブ Dream Tec..
at 2018-04-01 20:24

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

ファン