<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

18.09.30 第58回全日本模型ホビーショー その3

これで最後。

▽タミヤMMシリーズ特別編、IV号J型SPLエディション
超定番キットにツェメリットコーティングシート、フィギュア、エッチングパーツがセットされて超お買い得価格。
価格はさておいても「ぜんぶ入ってる」は嬉しい内容だ。
a0207595_22321276.jpg

▽M3A1スカウトカー、これは車両もいいのだが、むしろ付属のフィギュアが本命だろう。
ソビエト系モンゴル人のような「いい顔した」ひとがいい位置にいる。
a0207595_22321485.jpg

▽棚でよく見かける気がしたけど、じつはそんなことがなくなっていたニューカタナも再販される。
リトラクタブルライトの開閉再現など、ディスプレイモデルとしてじゅうぶんなキットだ。
a0207595_22321830.jpg

▽TOMIXリトルアーモリー、ガンも好調だがフィギュアも続々展開予定だ。
a0207595_22322119.jpg

▽日本のプラモデル文化は60年、戦後に大きくなったシュミの世界。
a0207595_22322337.jpg

▽とうぜん、ノーチラス号の展示からはじまる。
a0207595_22322536.jpg

▽フジミ模型の武蔵、右上のロゴを見て、現行のフジミのロゴは「先祖返りした」のだと気づいた。
a0207595_22322902.jpg

▽カーモデルの時代、飛行機はどのように飛んだか、戦車はどう進んだか、そういう解説を交えて名キットたちが展示されていた。
a0207595_22323086.jpg

▽1960年代〜70年代、プラモデルは子供のおもちゃであり、だがしかし夢だった。
それを大人が提供していたとわかるのは、この劇画テイストなパッケージアートたちが伝えてくれる。
a0207595_22323284.jpg

▽前衛的なアニメモデルへの苦心もあっただろう。
a0207595_22323681.jpg

▽いま、プラモデル業界を牽引しているのはむしろ大手だけではない、と考えている。
ビーバーコーポレーションは輸入代理店だけでなく、国内インディーズメーカー(!)も取り扱っている。
a0207595_22323730.jpg

▽ひとつきほど前に電撃発表された試作型ポルシェティーガーもテストショットだろうか、とくに説明なく展示されていた。
a0207595_22325599.jpg

▽パッケージアートも「いい」。また、どんなフィギュアとは書いてないがフィギュアがついてくるようだ。
a0207595_22325730.jpg

▽ウェーブからはバーグラリードッグの発表など、シビれる展示があったが少し元気がない感じ。
そんななか、「あみあみ限定販売」の華と麻子の原型展示。
a0207595_22330481.jpg

▽頭が大きくて手足がスーッと長い、独特な色気のあるガルパンキャラデザをちょっとデフォルメ気味に再現している。
a0207595_22331493.jpg

▽ぜんぜんわからないけど、頬にはチークが。
a0207595_22330873.jpg

▽麻子は眉毛が隠れてしまっているからか、ややキビしい表情に見えるがまだ原型をツメている段階だろう。
a0207595_22331102.jpg

▽まくらも柔らかそうにできている。
a0207595_22331642.jpg

▽プレミアムバンダイのMG V2アサルトバスターガンダムは、本体と各パーツのセットと、パーツのみのバラ売りで展開。
説明員に訊くことができなかったのだが、展示品から察するに
「本体とセットだと黄色パーツは金色成形(あるいは加工)」、「パーツ単品はそのまま黄色」のようだが、さて。
a0207595_22332714.jpg

▽メガビームキャノンとスプレービームポッドの接続、背中がちゃんと見えていないが希望どおりの設計ではないだろうか。
ロボ魂やHGUCではミノフスキードライブはキャノンとポッドを介して接続するようになっていたが、
今回のMGではドライブが背中から生えた状態でバスターパーツを接続している。

設定画を見ても「よくわからない」状態だし、従来品ではよくわからないジョイントがどうしても必要だったバスターが、
ついにコアファイターの形を崩さずにバスターパーツが装着できる、という期待がある。
49話でオーバーハングパックが破壊されたシーンではドライブは本体についたままだったのでやはり
V2本体のドライブの上にハングパックがかぶさっているのが正解だろう。
a0207595_22332427.jpg

▽土曜日の展示ではバスターにメガ・ビーム・ライフルが装備されていたが、日曜日はちゃんとしていた。
a0207595_22332651.jpg
当日は台風ということもあってか、来場者はまばらに見えた。
また静岡と違い入場チケットが必要ということもそれに拍車をかけるのだろうか。
どうしても業者向けの展示会という部分が強く見えてしまう、感じてしまうのは気の所為であってほしい。

コトブキヤの勇者、バンダイのゴウザウラーなど、80年代うまれ現在アラフォー世代に向けた商品が
あの当時のむちゃくちゃなオモチャをどうにかしようと切磋琢磨しているのは嬉しい次第。
ガンダムだけでないロボットのプラモデル、今後共続いていってほしい。

by kenji_szmr | 2018-09-30 23:59 | toys

18.09.30 第58回全日本模型ホビーショー その2

続き。

MODEROID シンカリオンシリーズ。
新幹線ぽい細さとアニメチックな立体感、マッシブさが両立されたプラモデルだ。
a0207595_22071019.jpg

▽素組みイメージサンプルも展示されていた。
a0207595_22071206.jpg

▽帰ってきたグリッドマン、各アシストウェポンなどまだまだ「ネタバレ厳禁」のようだがアニメ放送が楽しみである。
a0207595_22071480.jpg

▽ハセガワからは『エリア88』、ミッキーのスターファイターとセラのスターファイターが登場。
a0207595_22072514.jpg

フィギュアつきストライカーユニットの元ネタ戦闘機シリーズ、サーニャともっさん。
a0207595_22072834.jpg

▽じっと堅実に飛行機模型をやってきたハセガワだからできること、コレクタブルさもある。
a0207595_22073096.jpg

▽たまごガールズフィギュアつきキットもぞくぞく登場。
「美少女つき」を拒絶することもあるだろうが、そうはいってもいまホビーのメインストリームはそこにあると言えるだろう。
a0207595_22073221.jpg

▽美少女関係ないがKawasaki KHの素組みサンプル。会場で「手にとってどうぞ」は嬉しい展示方法だ。
a0207595_22074298.jpg

▽塗装済み見本、文句なしの完璧なKHだ。
a0207595_22074625.jpg

▽Kawasakiの魂を体現したかのようなオートバイだ。
a0207595_22074838.jpg

▽フレーム状態での展示もニクい演出だ。
a0207595_22075120.jpg

▽アオシマからはVFガール カイロス。35周年記念版からさらに「デキるように」なったアオシマだ。
a0207595_22083070.jpg

▽第一弾のジークフリー子も35周年記念版にあわせてリニューアル。はやいよ。
a0207595_22083338.jpg

▽最高のバランスで送り出されたアスラーダG.S.Xはラリーモードが登場。
a0207595_22083745.jpg

もうちょっと続く。


by kenji_szmr | 2018-09-30 23:53 | toys

18.09.30 第58回全日本模型ホビーショー その1

毎年恒例、秋の東京ホビーショー。
去年はいくだけ行ってブログ記事にはしてないはず。
キャラクターもの大好きなので、そういうのが多いです。

▽コトブキヤ、メガミデバイスのとシタラ。シタラちゃんはおっぱいのバランスがいいですね。ゆみさんもほしいです。
a0207595_21251580.jpg

フィギュアJAPANの付録の桜鬼、破れたオーバーニーソはシールで再現なのかしらね。
a0207595_21254926.jpg

▽眠そうな表情が魅力のSOLラプター。ボリューム満点のキットなので作りがいがありそう。
a0207595_21255351.jpg

▽メガミデバイス×武装神姫のエーデルワイス、平成メカ美少女の火付け役といえる武装神姫復活の希望だ。
a0207595_21255799.jpg

FAガール初音ミク。FAガールの素体がやや「ふるくさく」感じてしまうほどにメガミもFA:Gも進化しているのだ。
a0207595_21260460.jpg

フミカネ顔の初音ミク、ちょっと新鮮。
a0207595_21260870.jpg

▽『装甲娘』からはミカヅキ・カリナ LBX:アキレス
a0207595_21261306.jpg

▽FAガールだった気がするガオガイガーガールは『クロスフレーム・ガール』という新カテゴリに。
a0207595_21261801.jpg

▽オレンジ色の髪の毛が「わかってる」感じあっていいですね。ツインテールじゃなくてよくないすか。ロングでぶわーでよくないすか。
a0207595_21262248.jpg

▽ヘキサギアサイズの新カテゴリ『ハンドスケールガール』登場。
a0207595_21262967.jpg

▽最小限のボールジョイントや引き出しギミックでアクションする。
a0207595_21263250.jpg

▽デザイナーの同人誌に掲載されたイラストから商品化が決まったという、フレズヴェルクビキニスタイル。
a0207595_21264910.jpg

▽プラモデルがこんなエッチでいいんでしょうかね。
a0207595_21265144.jpg

▽PVC完成品、SESSION GO!!は轟雷に続いてスティ子がパネル展示。
a0207595_21265680.jpg

▽『アリスギア・アイギス』でも大活躍のバーゼも商品化。
a0207595_21265843.jpg

▽こちらは原型展示もあり。こういう躍動感あるヴィネットはいまどき珍しい。
a0207595_21270169.jpg

▽さて、コトブキヤの勇者。検討中ラインナップダイノガイスト、ドライアスはぜひ商品化してほしい。
a0207595_21270611.jpg

▽S・M・Lサイズという勇者ロボのことを「よくわかった」展開をしてくれているが、
そのLサイズのGエクスカイザーはややボリューム不足に感じる。
へんにバリバリしたアレンジもなく素直なGエクスカイザーという点は非常に期待できる。
a0207595_21270934.jpg

続く。

by kenji_szmr | 2018-09-30 23:50 | toys

18.09.24

以前タイヤ交換してから14000キロくらい走ったので、新しいタイヤにした。
バイク屋で「100キロくらい慣らしてくださいね」と言われたので、千葉県内をちょっとツーリング。

▽すこし雨が降っているが、ウェット路面の具合をみつつ高滝ダムへ。
a0207595_20300874.jpg

▽昨年4月以来、2度めの高滝ダム。こどもたちのイラストもそのままった。
a0207595_20301149.jpg

▽『ふしぎの国のアリス』。
a0207595_20301413.jpg

▽そういえば、『〜アリス』を見たことがないのだけどなぜ泣いているの?
a0207595_20301947.jpg

▽ロックな絵。
a0207595_20302240.jpg

▽十王ダムなどにもある、植木アート。春には桃色に染まるようだ。
a0207595_20302464.jpg

高滝ダムからすこし先、自宅からちょうど70キロ先の養老渓谷。
25年ぶりくらいの観光地、はじめて訪れるのと変わらない。
県道81号沿いの駐車場にオートバイを停めて、散策開始。

▽向山トンネル。「素掘り二段トンネル」としてちょっとしたレジャー・スポットになっている。
a0207595_20302646.jpg

月崎トンネルもそうだが、南房総には素掘りトンネルがけっこうあるみたい。

▽養老川を渡る・・・橋?石。
a0207595_20303288.jpg

▽ちょっとしたスーパーマリオ気分だ。
a0207595_20303520.jpg

▽中瀬キャンプ場、8月下旬で今シーズンは終了している。これは旧管理塔か?
a0207595_20303859.jpg

▽おおざっぱな自販機。
a0207595_20304080.jpg

▽養老館、2011年までは営業していたそうだ。
a0207595_20304334.jpg

▽もう一軒ある廃墟。
a0207595_20304644.jpg

▽養老渓谷ライン沿いの温泉郷、シーズンオフに入ろうという時期でもあるが
賑わっている様子もなく、電源の入ってない自販機や、整備されていない駐車場があり、
ややマニアックな観光地としての道をたどっているように思う。
a0207595_20304977.jpg

養老渓谷を散策しているあいだはどんより曇っていて、どうしたもんかとおもったが、晴れてきたのでツーリングを続ける。
チバニアンをちょっと見たけど、地層のことはよくわからなかった。

▽昼飯は八平の食堂
a0207595_20305420.jpg

▽アリランラーメン(アリランチャーシュー)。
ニンニクの効いた濃いめのスープがふわふわのチャーシューに染み込む。
炒めたニラと玉ねぎが立体的な食感を作り、コシのある麺のダブルパンチがやってくる。
a0207595_20305230.jpg

ラーメンでおなかいっぱいになったので、そういえばカードだけもらって訪れていなかったダムへ向かう。

▽矢那川ダム。公園で戯れる若者がいたり、立ちションする若者がいたり、とても木更津であった。
a0207595_20305720.jpg

タイヤのインプレはネットに書いてあるとおりよ。

by kenji_szmr | 2018-09-24 21:36 | diary

18.09.16

▽三連休のなか日、自宅から100キロくらい先、下道走って2時間くらいの場所へ向かう。
a0207595_08180341.jpg

途中、国道51号のセイコーマートで「山わさび塩焼きそば」を買う。
千葉から比較的近い場所にあるセコマはここなので、グランディアが飲みたくなったら行くのだ。

▽100円だかで占いができるMACHINEがおいてあるラーメン屋で昼飯。
a0207595_08180776.jpg

▽ガッツリめに食べた。
a0207595_08180933.jpg

▽ラーメン食べた後は、商店街をちょっとお散歩。お酒買った。
a0207595_08181383.jpg

日曜日の大洗は初めてか、あるいは久しぶりなのだが国道51号はさまざまなオートバイがツルんで走っていたり、
また港周辺にもさまざまなオートバイがブンブンやっていたり、ああ、ここは茨城県だなと思うオートバイもたくさんいる。

商店街でちょっと買い物を済ませた後は潮騒の湯で身体をほぐす。
あのしょっぱい露天風呂はいつ入っても最高だ。
そういえば、風呂の上をパラグライダーが飛んでたけどあれ女湯覗いてたのでは?いやあの高さじゃ見えんよハハハ。

▽さて大洗から国道50号、水戸を抜けて下館へ。「ザ・ヒロサワ・シティ」に向かった。
a0207595_08181716.jpg

▽『クラシック・バイク・ミュージアム」ってのがあるそうで、それが目当て。
a0207595_08182032.jpg

到着したら入り口には「不在なので向かいの事務所で声かけて」という張り紙がしてあったのだが、
向かいの事務所にも誰もいないが、ミュージアムも事務所も施錠されていない。
不用心だが、誰にも声をかけずに中に入るのは気が引けるので帰ろうと思ったところに、職員らしきおじさん登場。

「中を見るならどうぞ、帰るときもそのままお帰りください」

って大丈夫かこの博物館。

▽体育館みたいな小屋の中には、1930年代から1970年台くらいまでのオートバイがずらり。
a0207595_08183157.jpg

▽ブリヂストン製オートバイ、100TMX。この古めかしいオフローダー好き。
a0207595_08195763.jpg

▽パリラ ルッソ・ベローチェ。この軽さも好き。
a0207595_08200870.jpg

▽ドゥカティもいっぱい。
a0207595_08201121.jpg

こうしてオートバイがほどほどに好きなんだけど、やっぱ国道50号っつーか地域的なものあるんだろうか。
大洗から下館に向かう途中、ノーヘル二人乗りのパラリラ系の坊やたちが3台並んで逆走してきたり、
帽子だけかぶって原付き乗ってる若い人がガソリンスタンドから出てきたり、ああ茨城なのかな、って。

▽それはそうと大洗で買った『れおぽんしゅ』、自動車部のお酒って相性いいんだか悪いんだかだが、月の井のお酒なのでとっても飲みやすいです。
a0207595_08202163.jpg

もうすこし涼しくなったら、また遊びに行こうか。


by kenji_szmr | 2018-09-16 23:59 | diary

PLAMAX MF-24 minimum factory みゆき


PLAMAX みゆき。セクシーファッションのチャンネーのプラモデルある。
a0207595_21544679.jpg

▽的確なパーツ分割なので、組み立てやすさが伝わる内容だ。
a0207595_21563143.jpg

▽パンツです。
a0207595_21563744.jpg

▽朝から作業をはじめて、1時間ちょっとで仮組。PLAMAXシリーズの仮組にはピットマルチが良い。
この腹筋と腰の造形がとても良いのです。張った胸もきれい。
a0207595_21564948.jpg

▽サフレスでババっと塗装。肌色はFAガールズカラーでブラウンフレッシュの下地にプラスチックフレッシュを重ねてややわかりづらい陰影を。
グローブ、ブーツはブラウンにレッドを一滴垂らしたものの上からクリアブラウンを吹き付けて革っぽく。
ジャケットはアルティメットブラック、ビキニはブルーFS15044(ブルマ色)。ちょっと地味に。
a0207595_21565767.jpg

▽髪はブラウンでシュッと。
a0207595_21565921.jpg

▽ケツ。
a0207595_21570200.jpg

▽腹筋。
a0207595_21570572.jpg

▽ビキニ、白いラインはいらなかったかな。
a0207595_21570763.jpg

by kenji_szmr | 2018-09-15 22:09 | toys


カメラとニッパー


by Libra Kneji

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

その他のKneji

検索

カテゴリ

全体
diary
photo
toys
防人玩具研究所
ニコル死亡カウンター

記事ランキング

最新の記事

メガハウス エクセレントモデ..
at 2018-12-09 20:26
アルター シノン
at 2018-12-09 20:17
18.12.08 北千葉を駆ける
at 2018-12-08 21:55
18.11.24 夜の八ッ場ダム
at 2018-11-24 23:59
18.11.04
at 2018-11-04 23:04

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

ファン